パートナーの有効化

  • 広告主
  • 代理店
  • 広告ネットワーク

 重要:

この機能は2019年3月4日から徐々にリリースされる予定で、現在AppsFlyerの管理画面では利用できません。

はじめに 

AppsFlyer管理画面上のすべての連携パートナーは、アトリビューションおよびポストバックのために パートナー有効化ボタンを切り替えることによって、有効化する必要があります。

この記事では、パートナーが有効であるかどうか、およびいくつかの関連するケースについてご説明します。

activate_twitter.png

ステータス

activate_partner_on.png

ステータスがオンの場合

activate_partner_off.png

ステータスがオフの場合

新たなインストール  パートナーへの紐づけあり+ポストバックあり パートナーへの紐づけなし、ポストバックなし
新しいコンバージョンからのイベント* パートナーへの紐づけあり+ポストバックあり パートナーへの紐づけなし、ポストバックなし(以前に契約したことのある非SRNを除く - こちらを参照
無効化前のコンバージョンからのイベント   パートナーへの紐づけあり、ポストバックなし
Adクリック アトリビューションに使用される、集計データに表示される、アプリストアにリダイレクトされる アプリストアにリダイレクトされる、集計データに表示される、アトリビューションには使用されない

*コンバージョンには、インストール、 リエンゲージメント、およびリアトリビューションが含まれます。

パートナーの有効化

パートナーの有効化切り替えボタンは、 アプリと連携していないパートナーへのデフォルトは無効です。新しいパートナーの追跡を開始するには、アカウントアドミン、またはチームメンバーは、手動でパートナーの有効化ボタンを切り替える必要があります。

過去3か月間(2018年11月から2019年2月まで)にアプリにインストール、クリック、インプレッションをもたらした、またはそこからポストバックを受け取ったパートナーも自動的に有効になります。 

 重要:

キャンペーンを一時停止または無効にするために、 パートナーの有効化 ボタンを使用しないでください。
ボタンをオフにするとパートナーの連携が無効になり、 有効なキャンペーンに修復不能なダメージが生じる可能性があります

無効パートナーからのトラフィックの取得

パートナー無効化後に発生したクリックによるインストールは、パートナーに紐づけられません。これらのインストールは、まだそのルックバックウィンドウ範囲内であれば、オーガニック、または以前のエンゲージメントにとして計測されます。

有効なパートナーにエンゲージし、パートナーが無効になった後に初めてアプリを起動したユーザーはどうなりますか?これには2つの種類があります。:

1. SRNパートナー  (例:FacebookやGoogleの広告など)- 無効化されたパートナーには紐づけられません。

2. SRN以外のパートナー - インストールおよびインストール後すべてのイベントはAppsFlyer上のパートナーに紐づけられますが、ポストバックはパートナーに送信されません。従って、非SRNパートナーを無効化した後の数日は、パートナーに紐づくインストール数は急激に減少しますが、パートナーのルックバックウィンドウ(通常7日間)が完全に終了するまでは停止しない場合があります。

マーケティングと分析パートナーの設定

FMPなどのSRNのマーケティングパートナーや、Mixpanelなどの分析パートナーも、ポストバックを受け取るためには有効化が必要です。 

無効化すると、ポストバックは送信されなくなります。 

コストデータ 

数社のパートナーが、APIを介してAppsFlyerとのコストデータの共有をサポートしています。このようなパートナーが無効になっても、AppsFlyerは引き続きコストデータ(通常はインプレッション数とクリック数のデータ)を取得します。 

コストデータの停止の詳細については、ここをクリックしてください。

パートナー管理画面

パートナーは有効なパートナーの設定を読み取り専用モードで確認できます。パートナーが連携設定を許可されているかどうかにかかわらず、広告主のみそれを変更できます。

ad_network_permitted.png 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

ページ内容: