サブスクリプション(定額課金)計測ガイド

  • 広告主
  • 開発者

Subscription_Tracking_Guide.png

はじめに

アプリでサブスクリプション(定額課金など)を提供しているのであれば、AppsFlyer上でその申込(課金)と更新を計測することが可能です。

サブスクリプションのイベントを計測することで収益とROIの計算が可能になり、キャンペーン成果の判断が容易になります。また、サブスクリプションに関連するデータを収集することで、どのサブスクリプションメニューがより有益なのか、どのメディアソースがより多くのサブスクリプションユーザーをもたらしているのかを判断することが可能になります。

サブスクリプションイベントの計測方法

AppsFlyerでは、サーバー間(S2S)イベント、アプリ内イベント)(アプリから直接送信、と2種類のサブスクリプションイベント計測方法を用意しています。次の表にあるよう、それぞれの方法に長所と短所がありますので、より適している方法を選択してください。

項目 サーバー間 アプリ内イベント
アプリへの依存度

イベントはお客様のサーバーから送信されるため、アプリが起動されているかどうかには左右されません。

イベントはアプリから送信されるため、アプリが起動されている必要があります。

イベントをバルクで送信 はい No
実装について

 

  • サブスクリプションイベントを処理するため、バックエンドにてロジックの設計が必要。
  • APIを使用してAppsFlyerへイベントを送信するため、バックエンドにてロジックの設計が必要。
  • SDKを使用して実装。
  • 全ユーザー向けに1度のアプリ内実装で完結。
データ精度

 

  • イベントはサブスクリプション申込(課金)時、更新時にリアルタイムで送信可能。
  • イベントをまとめて送信する場合でも、各イベントのタイムスタンプを管理可能。
  • 正確なサブスクリプション申込(課金)と更新のタイムスタンプ
  • 正確な収益データ

 

  • イベントはアプリが起動された時にのみ送信可能。
  • 実際のサブスクリプション発生時間と記録するイベントタイムがずれる可能性あり。
  • イベントの管理が困難。
  • 一部イベントが欠落する可能性あり。
  • 収益データが正確ではない可能性あり。
サブスクリプションユーザーの識別
  • サブスクリプションが更新された実際のユーザーを識別するために、データを相互参照する必要あり。

 

  • SDKを経由してサブスクリプションを申し込んだ/更新した
  • ユーザーを簡単に識別可能。

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています