AppsFlyer HTTPS/SSL 暗号化ポリシーのサポート

概要:AppsFlyerでサポートされている送受信のSSL暗号化について詳細を説明しています。

はじめに

AppsFlyerのAPIは安全なプロトコルを使用しています。

これらのプロトコルは、以下をサポートしています:

  • AppsFlyerがサーバーとして機能する受信リクエスト
  • AppsFlyerがクライアントとして機能する送信メッセージ

AppsFlyer SSLセキュリティプロフィールは、次のSSLプロトコルをサポートしています:

  • TLS V1.2

以下に示すとおり、AppsFlyerは受信と送信メッセージで、異なる暗号をサポートしています。

受信メッセージ:AppsFlyerがサーバーの場合

受信API

次のAPIは、受信メッセージ用のAppsFlyerの安全な外部APIです。

APIの一覧
API名
クリック
インプレッション
OneLink
GCD (コンバージョンデータ取得)
S2Sアプリ内イベントAPI
OneLink API
OneLink (中国)

受信メッセージ用のSSL暗号

次の表に、TLS 1.2 がサポートする暗号を、サーバー優先順位で(最も優先されるのもを最初に)リストしています。

TLS 1.2 でサポートされている暗号の一覧
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA384
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
TLS_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA256
TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA

送信メッセージ:AppsFlyerがクライアントの場合

アプリ所有者の場合、AppsFlyerはプッシュ通知を送信する際にクライアントとして機能します。

Push APIでサポートされているSSL暗号
TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_ECDH_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_ECDH_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_ECDH_ECDSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_ECDH_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA
TLS_ECDHE_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA
SSL_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA
TLS_ECDH_ECDSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA
TLS_ECDH_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA
TLS_EMPTY_RENEGOTIATION_INFO_SCSV

 

この記事は役に立ちましたか?

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。