収益の計測についての概要

概要:収益データにより、ROI(投資利益率)とROAS(広告費用対効果)の全体像を把握することができます。広告主様がご利用可能な収益データを集計して表示するさまざまなプロダクトや機能について説明します。 

roi_revenue.png

オーバービュー

収益は、ROIの全体像のうち半分を担います(もう半分はコストです)。獲得メディアに紐づく正確な収益データを取得することで、以下のことが可能になります。

  • ROIとROASの全体像を確認できます。つまり、インストール数やエンゲージメントだけではなく、どのアドネットワーク、キャンペーン、広告が最も価値のあるユーザーをもたらしているかを確認できます。
  • それに応じて広告費とマーケティングキャンペーンを調整できます。

収益を生み出すための主な流入元は3つあります。

アプリ内購入:これにはアプリ内で発生した製品やサービスの販売に起因する収益が含まれています。AppsFlyerはアプリ内購入からの収益を自動的に検証し計測します(保留中の購入、購入、返金、キャンセル等を含む)。アプリ内購入の収益の設定とレポートに関する詳細はこちら

サブスクリプションの収益:これにはアプリまたはサービスのサブスクリプションから発生した収益が含まれます。また、アップグレード、キャンセル、払い戻しなど、サブスクリプションの変更も含まれます。サブスクリプションの収益の設定とレポートについての詳細はこちら

広告収益:これには、広告を掲載しアプリユーザーにこれを表示することで発生する収益が含まれます。例えば、アプリが他のアプリの広告を表示することができます。ユーザーがこれらの広告をクリックすると、クリック毎に収益が生まれます。広告収益の設定とレポートに関する詳細はこちら

注記: AppsFlyer収益の計測ツールはこの他にも存在しますが、これらのツールはディベロッパーによるかなりの開発工数が必要になります。

この記事は役に立ちましたか?