AppsFlyer SDKの実装テスト

SDK実装テストとデバッグ

AppsFlyer SDKを実装後は、アプリストアでアプリを公開する前にSDKの実装テストを行ってください。

テストとデバッグの特殊なケース

  • AppsFlyerはAndroidベースのスマートテレビやApple TV(tvOS)と互換性があります。 このガイドの手順に従って、Android TVやApple TV用アプリのSDK実装テストを行ってください。
  • 未公開のtvOSアプリについては、 公開前に行うtvOS実装テストを参照してください。
  • Amazon Fire TV向けアプリについては、そのほかのAndroidストアのテストを参照してください。

なぜデバッグとテストが必要ですか?

  • 慎重にテストされた実装は、正確で包括的なデータ収集が保証されます。
  • SDK実装をテストすることで、インストールとアプリ内イベントが正しいキャンペーンの成果として記録されるかを確認できます。

SDK実装テストとデバッグ

次のいづれかのメソッドを使用して、SDK実装のテストとデバッグを実施ください。

基本的なテスト - 計測リンクを使用した実装テスト

AppsFlyerのアトリビューションモデルでは、計測リンクを使用します。計測リンクを使用してテストを行うことをお勧めします。

計測リンクを利用してSDK実装テストを行うと、AppsFlyerアトリビューションモデルを詳しく理解できるようなります。AppsFlyerアトリビューションモデルや機能に関する知見は、マーケティングの運用と分析を最適化する機会を提供します。

高度なテスト - 開発環境からの直接デバッグ

SDK実装テストセクションでは、限られた一連機能のテストのみが行われます。購入検証、コンバージョンデータ、SDK設定時のエラーについては扱いません。デバッグログを使用して、開発環境下でこれらをテストすることができます。

アドネットワークの方で、AppsFlyerまたは広告主と連携テストを行いたい場合は、アドネットワーク連携テストガイドを参照ください。

この記事は役に立ちましたか?