AppsFlyer SDKの実装テスト

  • 開発者

SDK実装テストとデバッグ

AppsFlyerのSDKの実装はとても簡単です。 アプリをアプリストアに送信する前に実装テストをすることを強くお勧めします。

 重要!

AppsFlyer SDKは、AndroidベースのスマートテレビやApple TV (tvOS)と互換性があります。

このガイドの手順を使用して、AndroidおよびApple TV向けに開発されたアプリのSDK実装をテストすることができます。

未公開のtvOSアプリについては、公開前のtvOSの実装テストを参照してください。

AmazonのFire TV向けに開発されたアプリについては、ストア外のトラッキングをテストするを参照してください。

なぜデバッグとテストをすべきですか?

注意深くテストされた実装は、正確で包括的なデータ収集を確実にします。

SDKの実装をテストすることで、インストールとアプリ内イベントがトラッキングされ、正しいキャンペーンに割り当てられます。

SDK実装をテストしてデバッグする方法は?

SDKの実装をテストしてデバッグするには、2つの方法があります。 

基本的なテスト - トラッキングリンクを使用した実装テスト

AppsFlyerのアトリビューションモデルはトラッキングリンクを使用します。 トラッキングリンクを使用してテストを行うことを強くお勧めします。

トラッキングリンクを使用してSDKの実装をテストすると、AppsFlyerの帰属モデルを詳細に把握できます。 それに代えて、AppsFlyerの帰属モデルと帰属表示機能について知ることで、マーケティングの運用と分析を最適化する機会が与えられます。

アドバンステスト - 開発環境からの直接デバッグ

SDK実装テストセクションでは、限られた一連機能のテストのみが行われます。 購入確認、変換データ、SDK設定のエラーについては扱いません。 デバッグログの助けを借りて開発環境でこれらをテストすることができます。

 ヒント

もし自分が広告ネットワークで、AppsFlyerまたは広告主との実装テストをする場合は、広告ネットワーク実装テストに関するガイドをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています