SDK実装のテスト方法

概要: Android / iOSアプリへのSDK実装のテスト方法について記載しています。

SDK実装テストとデバッグ

アプリストアへアプリを申請する前に、SDKの実装テストを必ず実施してください。
(このページ内では、SDKという単語はAndroid / iOS、両OSのSDKを指します。)

テストとデバッグの特殊なケース

  • Smart TV:AppsFlyer SDKは、AndroidベースのスマートテレビやApple TV(tvOS)とも互換性があります。 Smart TV向けアプリのテストについても、このガイドの指示に従ってください。
  • 未リリースのtvOSアプリリリース前のtvOS実装テストを参照してください。
  • Amazon Fire TV向けアプリその他Androidストアのテストを参照してください。

なぜデバッグとテストが必要ですか?

慎重に検証された実装は、正確で包括的なデータ収集が保証されます。SDK実装をテストすることで、インストールとアプリ内イベントが正しいキャンペーンの成果として記録されるかを確認できます。 

SDK実装テストとデバッグ

次のいずれかのメソッドを使用して、SDK実装のテストとデバッグを実施してください:

  • 基本的なテスト:
    • 計測リンクを使用した実装テストです。
    • AppsFlyerのアトリビューションモデルでは計測リンクを使用しているので、計測リンクを使用してテストを行うことを推奨しています。
    • 計測リンクを利用してSDK実装テストを行うことで、AppsFlyerアトリビューションモデルを詳しく理解でき、日々のマーケティング業務とその分析を最適化するのにも役立つでしょう。
  • 発展的なテスト:
    • 開発環境下での直接的なデバッグテストです。
    • SDK実装テスト のセクションでは、限られた一部の機能のテストのみが行われるため、デバッグログを使用して開発環境下で以下の内容についてテストを実施してください。
      • アプリ内購入の検証
      • コンバージョンデータ
      • SDKセットアップ内でのエラー検証:
        デバッグログを使用することで、開発環境下でこれらをテストすることができます。

アドネットワーク向けの関連記事アドネットワークの連携テスト

この記事は役に立ちましたか?