PBAメディアソースのアトリビューションルール

概要:効果的なWebサイトトラフィックの促進を目的としたマーケティング施策の成果を測定しましょう。訪問やコンバージョンイベントをもたらしたメディアソース、タイプ、チャネルはどれかを分析します。広告レベルの粒度で細かく指標を確認できます。

Touchpoints_us-en.png

Webサイト訪問とWebイベント

  • Web訪問の認識:PBAは、訪問の認識ルールに従って訪問を記録します。
  • Web訪問の計測
    • Webサイトにユーザーをもたらしたメディアソースを判断するために、PBAはWeb SDKによって収集されたURL上のクエリパラメーターとHTTPドキュメントリファラを分析します
    • この記事で詳しく説明されているとおり、ルールに基づいたメディアソースの判断には、収集されたデータが使用されます。同様に、メディアタイプとメディアチャネルが決定されます。
    • 訪問データは、PBAローデータに記録されます。
  • キャンペーン情報は次から抽出されます:
    • メディアソースを使用したクエリパラメーター
    • Google Ads 連携を使用したGCLID(利用可能な場合)
  • Webイベント
    • Webイベントは、訪問者がWebサイト上でアクションを実行する際に発生します。例えば、商品検索、商品選択、または購入などです。
    • イベントは、30日間のルックバック期間に発生した最新のダイレクト以外のWeb訪問に紐づきます。
    • イベントは、以下のように細分されています:
      • コンバージョンイベント:マーケティング担当者が指定した重要なイベント(例:購入や登録など)。
      • 標準イベント:その他のイベント。

PBA管理画面とローデータレポートは、成果が紐づくメディアソース、タイプ、チャネル、キャンペーンを利用します。

MediaSource_us-en.png

分かりやすいように、次の表には決定されたメディアソースとそのタイプおよびチャネルの例を示しています。

メディアソース メディアタイプ メディアチャネル
ダイレクト Earned ダイレクト
  • Social Facebook
  • Social Twitter
オウンド Social media
  • Facebook広告
  • Twitter
支払済 Social media

Google search

Earned Organic search
Eメール オウンド Eメール
googleadwords_int 支払済 広告

usatoday.com

Earned Referral
メディアソース、タイプ、チャネルのサンプル

メディアソースの決定

PBAはメディアソース、メディアタイプ、メディアチャネルを階層的に決定します。つまり、関連するメディアソースルールとメディアソースを決定することを意味します。その後、メディアタイプとメディアチャネルが決定されます。

メディアソースルール

メディアソースルール メディアソースの判別
セルフアトリビューションの防止

イベント成果をWebサイト自体と他の関連ドメインに紐づける(セルフアトリビューション)のを防ぐために、ドメインの除外リストを使用します。リストには、次の内容で構成されます。

  • プライマリドメイン:ブランドバンドルを作成する際に設定
  • 内部ドメイン:ブランドの一部を形成するドメイン
  • 外部ドメイン:自身で設定した決済ゲートウェイと決済処理サイトおよび、AppsFlyerにより設定されたPayPalやStripeなどの一部のドメインは自動的に除外されます。
pid

URLに含まれる pid 値で判断されます。一部のSRNでは、一貫性を保つため、および分かりやすいように、pid を 商用名にします。例えば、pid=facebook_int は Facebook Ads として、twitter_int は Twitter として表示されます。

クリックID

Googleなどの主要なアドネットワークは、クリックIDを使用してキャンペーンに自動タグをつけます。クリックIDは次のように判別されます:

  • gclid:GoogleのクリックID で、googleadwords_intと判別されます。 注!GCLIDの判別は、Googleにて正式にサポートされているわけではなく、将来廃止される可能性があります。
  • dclid:DoubleClickのクリックIDで、doubleclick_intと判別されます。
  • msclkid:BingのクリックID bingsearch_int と判別されます。
UTMパラメーター
utm_source utm_medium メディアソース
*
  • email、mail、e-mail
  • 注!utm_medium にこれらの値が含まれる場合、utm_source は無視されます。
Eメール
google cpc/ppc/paidsearch/search googleadwords_int
google cpm/display/banner/video/listing doubleclick_int
dfa / dbm cpm doubleclick_int

facebook

cpc/ppc/cpm/cpa/paidsocial/paid-social Facebook広告
bing cpc bingsearch_int
yahoo / gemini cpc / display / listing yahoogemini_int
twitter cpc Twitter
snapchat swipe snapchat_int
pinterest cpc pinterest_int
UTMカスタムルール

一致するカスタムルールがない場合、メディアソースは、utm_source パラメーターの値で判別されます。

UTMパラメーターに関する情報

リファラ リファラは、ユーザーをWebサイトに誘導したHTTPソースです。メディアソースは、リファラのドメイン名です。
メディアソースのルールは、優先度が高いものから低い順にランク付けされています

メディアソースタイプ

マーケティング担当者は、通常Webメディアソースを以下の3つのタイプに分類します。

  • 有料広告:ディスプレイバナー、動画、広告キャンペーンなどの広告キャンペーン。
  • オウンド:メールマーケティング、ソーシャル投稿、ブログなどの自社メディアからのマーケティングキャンペーン。
  • 獲得:直接、または検索エンジン、紹介、実際のダイレクトトラフィックなどのオーガニックトラフィック。

メディアタイプは、メディアソースやその他のパラメーターと組み合わせて使用されるメディアソースルールを参照することで判別されます。

適用されるメディアソースルール メディアソース メディアタイプ
pid

pid ルールは、メディアソースが次の場合に判別されます:

  • Social Facebook
  • Social Twitter
  • SMS
  • ブログ
  • Eメール
オウンド
その他のメディアソース 支払済
クリックID

クリックIDを使用して判別:

  • gclid
  • dclid
  • msclkid
支払済
UTM
UTMカスタムルールはメディアソースを決定します 支払済
その他のメディアソース オウンド
リファラ

リファラのドメインが次のいずれかの場合:

  • googleads.g.doubleclick.net 
  • tpc.googlesyndication.com

支払済

その他のメディアソース

Earned

メディアソースを使用してメディアタイプを判別

メディアソースチャネル

メディアチャネルは、ここに記載されているルールにより判別されます。

優先度 メディアチャネルのルール メディアチャネル
最優先されます メディアソースが次のいずれかの場合 ダイレクト ダイレクト
  • Google Search
  • Yahoo Search
  • Bing Search
Organic search
  • facebook
  • twitter
  • snapchat
  • pinterest
  • LinkedIn
  • WhatsApp
Social media
Eメール Eメール
  メディアタイプは有料広告です  
広告
  リファラによって判別されるメディアソース   Referral
最も低い優先度です。 前述のいずれの条件も一致しない場合   その他
メディアチャネルのルールを使用してメディアチャネルを決定します

キャンペーンの判別

  • キャンペーンは、以下を使用して判別されます:
    • メディアソースURLパラメーターごとのキャンペーンURLパラメーター。
    • GclidクリックIDと Google Ads 連携。
  • 関連するキャンペーンパラメーターがURL上に見つからない場合、キャンペーンは取得されません。
使用されるメディアソースパラメーター 使用されるキャンペーンパラメーター
pid URL上で利用可能なAppsFlyerのメディアソースパラメータは、ローデータとWebサイトアトリビューションダッシュボードのデータに使用されます。使用可能なパラメーター:c_id / af_adset / af_adset_id / af_ad_id
クリックID—gclid Google AdsからAPI経由で取得
utm_source utm_campaign

追加のアトリビューションルール

訪問の認識ルール

Webサイトへの訪問は、以下のルールを使用し、現在のセッションの状態を考慮して記録されます。アクティブセッションは、30分以下の休眠期間を持つセッションです。

  • ユーザーが外部の除外ドメインから来た場合、この訪問は記録されません。
  • アクティブセッション中:ページロードにメディアソースが含まれている場合は、訪問を記録します。
  • アクティブセッションが無い場合:訪問を記録します。
  • 最低の滞在時間はありません。

PBA訪問記録ルール

PBA_-_PBA-vist.png

データのファイナライズ

  • データのファイナライズ:
    • Webアシストインストール、Webサイトアトリビューション、およびコンバージョン経路については、PBAはコンバージョン後7日間、追加の関連イベントを識別します。これにより、コンバージョンをもたらしたと特定されたメディアソースが変更される可能性があります。
    • 関連するローデータレポートでは、最初の7日間は final_data の項目が fales になります。
この記事は役に立ちましたか?