広告費インポートガイド

概要: 広告費 のインポートにより、広告主はキャンペーン費用のレポートのニーズを100%カバーできます。広告主と広告ネットワークは、APIやクリック単位で広告費をレポートしないメディアソースからの広告費を記録できます。

広告費インポート

AdspendIngestion.jpg

 Watch 広告費インポートの使い方

包括的なキャンペーンのコストデータ

- この機能を使用してクリックやAPIによってコストをレポートしないメディアソースからキャンペーンコストを集計します。これにより、ダッシュボードでキャンペーンコストとROIの全体像を把握することができます。

コストはキャンペーンレベルで記録する必要があり、広告階層の他のディメンションはあくまでオプションです。広告費データは、管理画面へアップロードしたCSVファイルを使用して記録されます。更新された広告費が管理画面上に表示され、数分後に集計レポート上でも利用可能になります。

広告主と広告ネットワーク、双方が広告費データのファイルを送信および管理できます。代理店向けの機能も開発中です。

以前に取り込んだ広告費データも、必要に応じて上書きできます。

活用事例:

  • APIまたは計測リンクによってコストデータを送信しない広告ネットワークで発生した広告費を記録
  • ラジオや看板広告などのオフラインチャネルの費用
  • インフルエンサーに支払った費用

この機能を利用するには、[設定] > [広告費インポート]へ移動してください。
注: [広告費インポート]のページはアカウントレベルのページです。つまり、同じページを使用してアカウント内のすべてのアプリのデータインポートを管理します。

広告費ファイルの準備 / アップロード / インポート

次のフローのいずれかを使用して、広告費ファイルを準備、アップロード、そして取り込んでください。

最初は、 ファイルアップロードの方法を使用することをお勧めします。なぜなら、ファイル形式とコンテンツの問題によるエラーメッセージがすぐに表示され、問題の解決が容易なためです。

アップロード作業の流れ 

ワークフロー:管理画面上でのファイルアップロード
Step 説明 リンク
1

(広告ネットワークのみの手順):
広告ネットワークがファイルを送信する前に、広告主は広告ネットワークにその権限を付与する必要があります。

広告費インポートの権限付与
2

CSVファイルの準備

CSVファイルのフォーマットとスキーマ
3

管理画面上でのファイルのアップロードとインポート

広告費ファイルのアップロード

4

インポート完了後、管理画面上でインポートの状況の確認

  • Status
  • 一致した行 (多くの場合、一致した行の割合が低いと、データにエラーがあることを意味します)
広告費インポートの作業
 

追加作業:以前取り込んだデータを上書きする

以前に取り込んだ費用の上書き
ワークフロー:メールでのファイルアップロード
Step 説明 リンク
1

(前提条件:広告ネットワーク向けのステップ):
広告ネットワークがファイルを送信する前に、広告主は広告ネットワークにその権限を付与する必要があります

広告費インポートの権限付与
2

前提条件:広告費トークンの取得

広告費トークンの取得
3

CSVファイルの準備

CSVファイルのフォーマットとスキーマ
4

メールでファイルを送信

Email

5 AppsFlyerがステータスレポートをメールで送信。
(インポートが成功したかどうか、または問題が見つかったかどうかが記録されます。)
 
6 インポート完了後、管理画面上でインポートの状況の確認
  • ステータス 
  • 一致した行 (多くの場合、一致した行の割合が低いと、データにエラーがあることを意味します)
広告費インポートの作業
 

追加作業:以前取り込んだデータを上書きする

以前に取り込んだ費用の上書き

手順

CSVファイルのフォーマットとスキーマ

広告費のCSVファイルのフォーマット、スキーマ、および検証のルールについてはこちらをご覧ください。ExcelまたはGoogleスプレッドシートを使用してファイルを作成する場合には、Excelフォーマットの手順 を確認してください。

読み進める前に、次のスクリーンショットに示すように、CSVファイルの準備で発生する最も一般的なエラーに注意してください。

ingestionfile_en-us.png

広告費のCSVファイルのフォーマット、スキーマ、および検証のルールについては以下のセクションをご覧ください。ExcelまたはGoogleスプレッドシートを使用してファイルを作成する場合には、 Excelフォーマットの手順を確認してください。

 注意

ExcelまたはGoogleスプレッドシートを使用して、CSVファイルが正しくフォーマットされていることを表示または確認しないでください。代わりにeditorを使用してください。

コンテンツのルールと広告費CSVファイルのスキーマ

ファイルの構造とコンテンツルール
ポイント 要件

禁止文字

文字列形式のフィールドの最初の文字として=+-@を含めることはできません。たとえば、 @example_campign=123といった文字列は禁止されています。

Media source

  • 1ファイルごとに1つのメディアソースのデータ
  • 同じメディアソースでの複数アプリのデータは可能
  • 制限:
    • 既にAppsFlyerとCost APIでの連携が行われているメディアソースのコストデータは送信しないでください。これらのメディアからのデータインポートはサポートしていません。これには、Facebook Ads、Apple Search Ads、Snapchatなどが含まれます。

アプリ所有者 

1ファイルごとに1つのアプリ所有者のデータ同じ広告主の複数のアプリのデータは送付可能です。

ファイル名の拡張子

CSV
例: abc123.csv

ファイル構造

  • フォーマット:CSV形式で、各列はカンマで区切ってください。ExcelがCSVファイルをフォーマットするときのデフォルト設定です。Excelがセミコロンでファイルをフォーマットする場合、コンピューターの地域特有の設定が関係しています。
  • ヘッダー行:最初の行は、スキーマと一致するヘッダー行です
  • データ行 必須列が含まれています。
    Note :データの冒頭・末尾に半角スペースがないことを確認してください。
    例:[USD ](
    D の後ろに半角スペースが入っているので、[USD]に変更が必要)
  • 空白行 :許可されていません
  • 同じキーを持つ重複した行 :許可されていません。キーは必須フィールドのものを使用してください。
  • 空白のセル: ファイルでは空の値は許可されません。 特定のフィールドをアップロードしない(必要ない)場合には、ファイルに含めないでください。

広告パラメータの階層

下位階層でアップロードされる部分的なデータは、キャンペーンレベル以降のデータをすべて上書きします。

例: adset1のコストが含まれるキャンペーンのコストをインポートした後に、同じキャンペーンでadset2のコストが含まれたコストを別のファイルで個別に取り込んだ場合、キャンペーンの合計コストが置き換えられ、後に取り込んだadset2のデータのみが表示されます。インポートするファイルにadset1とadset2のデータを含める必要があります。

広告費CSVのスキーマ

カラム名 

(大文字と小文字を区別してください)

フォーマット/備考

必須

date

  • 費用が発生した日付
  • フォーマット:文字列(String):
    (推奨) YYYY-MM-DD
    YYYY/MM/DD
    MM-DD-YYYY 
    MM/DD/YYYY 
  • 将来の日付は不可です。
  • :Excel / Googleスプレッドシートを使用してファイルの準備する場合には、こちらも参照してください。

2019-05-30
2019/05/30
5-30-2019 
5/30/2019
05-30-2019
05/30/2019

 

app-id

  • フォーマット:String
  • 管理画面に表示されているApp ID
  • 1つのファイル内に複数のアプリのデータを含められます。
  • すべてのアプリは同じ広告主に属している必要があります。
  • com.app.name 
  • id12356789

media-source

  • フォーマット:String
  • 正確な管理画面に表示されているメディアソース名注意:管理画面でもそう表示されている場合には、必ず _int の文字を末尾に付けてください。 
  • 1ファイルにつき、1つのメディアソースデータのみインポート可能です。

network_x_int

campaign

Campaign nameキャンペーン名が管理画面に表示されている場合、その表示名と一致させる必要があります(大文字と小文字が区別されます)。

フォーマット:String

campaign_a

広告費

  • 金銭的な費用
  • 小数点以下5桁まで入力可能です。
  • 0 (ゼロ)の値も入力可能です。
  • 注意
    • "2,874.12"のようなフォーマットは不可です。
    • Excel / Googleスプレッドシートを使用してファイルの準備する場合には、 こちらも参照してください。

2874.12345

 

 

geo

フォーマット:String

ISO 3166に準拠した2文字の国コード

イギリスの場合、GBではなくUK を使用してください。
注意:半角スペースを含まずに2文字を送信してください。

US, CN, AU

 

いいえ

currency

  • フォーマット:文字列(String)
  • ISO4217に準拠した3文字の通貨コード
    注意 :先頭や末尾に半角スペースを含まずに、3文字を送信してください。
  • ファイル内で、アプリごとに使用できるのは1つの通貨コードのみです。 異なるアプリであれば異なる通貨コードを入力することも可能です。 

USD, GBP, EUR, JPY

ー いいえ。

空欄の場合、USDをデフォルトで使用

campaign-id

フォーマット:String

abc1234def

いいえ

広告セット

フォーマット:文字列(String)  my_adset_1 いいえ

adset-id

フォーマット:String id5678ghi いいえ

広告

フォーマット:文字列(String)   my_ad_name いいえ

ad-id

フォーマット:文字列(String)   id91011jkl いいえ

site-id

フォーマット:文字列(String)   id1213mno いいえ

Channel

フォーマット:文字列(String)    video いいえ

Keywords

フォーマット:String

  • better
  • better you app
  • better you online
いいえ

注意英語以外の文字を含むものは、UTF-8を使用してエンコードする必要があります。

広告費トークンの取得

広告費トークンは、メール送信者が広告費ファイルの送信を承認されていることを確認するために使用されます。広告主とアドネットワークで、広告費トークンは異なります。 

 警告

  • 広告主は、トークンをアドネットワークと共有しないでください。
  • アドネットワークには、独自のトークンが別で用意されています。 
  • 広告主の広告費トークン
    • 同じトークンがアカウント内のすべてのアプリに有効です。
    • すべてのチームメンバーが広告費トークンを取得できます。
  • アドネットワークの広告費トークン
    • 同じトークンがすべての広告主に対して使用されます。 
    • また、広告主は アドネットワークに対して 広告費のインポートファイルを送信する権限を付与する必要があります。 

広告費トークンを取得するには:

  1. 管理画面で、[設定] > [広告費インポート]に移動してください。
  2. ページの右上にある [広告費トークンを表示]をクリックしてください。
    そうすると、広告費トークンが表示されます。 
  3. 広告費トークンをコピーして保存してください。

アドネットワークへの広告費インポート権限付与

アドネットワークに広告費のインポート権限を付与するには:

  1. AppsFlyerの管理画面上で、広告主[設定] >連携済みパートナー 
    を開いてください。連携パートナーページが表示されます。
  2. 連携済みパートナーを選択してください。
  3. Go to the Permissions tab. 
    PermissionAdNetwork.png
  4. もしまだであれば、 アドネットワーク(パートナー)権限を有効にしてください。
  5. (任意)チームメンバーを追加してください。
  6. コストデータのアップロードを許可する
    を有効にしてください。

メールでの広告費ファイルの送信

前提条件

  • 広告主: 広告費トークンが必要です。
  • アドネットワーク:
    • 広告費トークンが必要です。 
    • 広告主はパートナー(アドネットワーク)に対して広告費の取り込み権限を付与する必要があります。

広告費ファイルをメールで送信するには

  1. メールアドレスのフィールドを埋めてください: 
    • To:adspend-upload@appsflyer.com
    • CC: 自動フィードバックのコピーを取得する必要があるユーザーのメールアドレスを入力してください。
    • 件名:  広告費トークンを貼り付けてください。 
    • 添付ファイル: 広告費データを含むCSVファイル
  2. メールを送信してください。
    • 処理が完了すると、アップロードの概要と処理中に見つかった問題またはエラーの詳細を示すステータスメールが送信されます。メールは、送信メールに含まれていた宛先と広告主のAdminアカウントへ送信されます。エラーが検知された場合は、修正対応を行う必要があります。 
    • 広告費インポートのページにて、送信されたファイルのステータスを確認できます。

広告費ファイルのアップロード

広告費ファイルをアップロードするには

  1. AppsFlyerの管理画面上で、[インテグレーション] > [広告費のインポート]に移動してください。広告費のインポートのページが表示されます。 
  2. + 広告費ファイル
    をクリックしてください。広告費インポートの画面が開きます。
  3. CSVファイルを広告費ファイルのインポート画面にドラッグしてください。
    ファイルを処理しているメッセージが表示されます。
  4. アップロード中にエラーメッセージが表示された場合:エラーを修正して、関連する手順を繰り返してください。
  5. 広告費インポート:ファイル概要 のウィンドウが開きます。

    AdspendInestionFileSummary.png

  6. 以下を実行してください。
    • アップロードを中止し、[インポートのキャンセル] をクリックしてください。 
    • インポート処理を完了し、[ファイルのインポート]をクリックしてください。
      All set! というメッセージが表示されます。
  7. [別のファイルをインポートする] もしくは [完了]をクリックしてください。

広告費インポートの管理

広告費インポートのページ上では、次の操作が可能です。

  • インポートしたファイルのステータスを確認:データが取り込まれていないか、部分的に取り込まれた可能性があるため、注意が必要なファイルを特定します。ファイルを再インポートする必要がある場合もあります。
  • 不一致の行インジケーターを確認:一致した行の割合が低い場合、エラーを含むデータである可能性があります。
  • インポートされたCSVファイルのコピーのダウンロード
  • インポートのキャンセル

アップロードされたファイルと不一致レポートの確認権限

  • すべてのチームメンバーが[広告費インポート]のページにアクセスできます。
  • しかし、詳細情報へのアクセスは各アプリの権限を持つチームメンバーに制限されています。
  • ファイルに複数のアプリのデータが含まれている場合には、チームメンバーはファイルに含まれているすべてのアプリへのアクセス権限が必要です。

広告費のインポート作業

 ファイル単位でインポートステータスを確認するには

    • インテグレーション広告費インポート
      に移動してください。[広告費インポート]のページで、インポートされたファイルのリストが表示されます。
    • ファイルに含まれるすべてのアプリに対するアクセス権限がある場合には、 Actionのコマンドを使用して次のことが行えます。
      • CSVファイルのダウンロードアップロードされたCSVファイルのコピーが取得できます。
      • 不一致レポートのダウンロードファイル内のすべてのアプリに関するデータです。

アプリ単位でインポートステータスを確認するには

  • ファイルを選択してください。
    アプリ単位のページが表示されます。広告費ファイル内のアプリのリストが表示されます。

    Adspendingestions2.png

  • 以下のように、ファイルレベルもしくはアプリレベルのアクションを実行してください。
  • ファイルレベル: ファイルに含まれるすべてのアプリに対するアプリのアクセス許可がある場合は、ページの右上にあるコントロールを使用して次の操作を行うことができます。
    • ファイル内のすべてのアプリの広告費インポートを元に戻す (キャンセルする)。
    • インポートされたCSVファイルのコピーをダウンロードする。
  • アプリレベル:特定のアプリに対するアプリのアクセス許可がある場合は、[アクション]コマンドを使用して同様の操作が可能です。
    • アプリのデータをダウンロードしてください。
    • アプリ毎の不一致レポートをダウンロードする 
    • 選択したアプリの広告費インポートを元に戻す (キャンセルする)。

ステータス表示

Status Remarks
Applied アクションは正常に完了しています。
Reverted アクションは正常に完了しています。 
Error processing data

AppsFlyerのシステム側での不具合です。 10分待ってから、もう一度やり直してください。それでも失敗する場合は、AppsFlyerサポートに連絡してください。

No permissions

トークンがこのアプリでは承認されていません。

  • 広告主:アプリIDが正しいことを確認してください。
  • パートナー: 連携済みパートナー内の権限タブで広告費インポートの権限が許可されていることを広告主と確認してください。

検証エラー

 

 

行の一致と不一致レポート

行のマッチングは、インポート機能によって報告された広告費データの行と、管理画面上に既に記録されているキャンペーンデータの行をマッチングさせるプロセスです。このプロセスは、メディアソース / キャンペーン名 / 日付のフィールドをキーとして使用し行われます。

キャンペーンIDを持つキャンペーン

広告費インポートでは、キャンペーンIDではなくキャンペーン名でキャンペーンを識別します。キャンペーンにキャンペーン名とキャンペーンIDの両方がある場合、インポートされた広告費はキャンペーンIDを持たない別の行に表示されます。これらの行はis-matching = TRUEとして指定されます。注意:現在、広告費インポート機能では、キャンペーンIDを使用した広告費のレポートはサポートしていません。

 

注意 :一致状況に関係なく、広告費データは記録されます。

 例:一致した行と不一致の行

Date Media source Campaign Impressions Clicks Cost 一致状況
2019-01-01 abc 5000 100 $1000 is-matching = TRUE
パフォーマンスデータあり。
2019-01-02 abc       is-matching = FALSE
2019-01-02にパフォーマンスデータなし
2019-01-02 influencer     $2500

is-matching = FALSE
2019-01-02にパフォーマンスデータなし

一致した行の割合がインポートページに表示されます。

不一致の行が予期しないものである場合は、 不一致レポートをダウンロードして原因を調査してください。必要であれば、インポートを元に戻してキャンセルしてください。

不一致レポートには、 is-matchedという列が含まれており、TRUE(一致)またはFALSE(不一致)の行の値で記載されます。

一致した行の割合を表示する広告費インポートページ

Adpsendmatching.png

以前に取り込んだ広告費データの上書き

以前に取り込んだ広告費データは、以前に取り込んだデータと同じキーを持つデータを含むCSVファイルを使用して上書きすることができます。

キーは、日付、メディアソース、およびキャンペーン名のフィールドから形成されます。キーが一致した場合、最後にインポートしたデータは、以前にインポートされたデータを上書きします。

以下は、広告費データの上書きの例です。

例:広告費データの上書き

+ は必須のフィールドを示しています。

例A:

Spend1.csvのファイルを月曜日にインポート
Date+ App ID+ Media Source+ Campaign+ 広告費
2019-06-01 com.my.app network_x campaign_a 100
Spend2.csvのファイルを火曜日にインポート
Date+ App ID+ Media Source+ Campaign+ 広告費
2019-06-01 com.my.app network_x campaign_a 200
spend1.csvで取り込んだ広告費データが、spend2.csvのデータによって上書きこれは、spend2.csvのデータが最後に取り込まれ、キーを形成する必須フィールドが同じであったためです。

例B:

Spend3.csvのファイルを月曜日にインポート
Date+ App ID+ Media Source+ Campaign+ 広告費 Geo
2019-05-01 com.my.app network_x campaign_a 100 US
2019-05-01 com.my.app network_x campaign_a 200 CN
Spend4.csvのファイルを火曜日にインポート
Date+ App ID+ Media Source+ Campaign+ 広告費
2019-05-01 com.my.app network_x campaign_a 50
Spend3.csvの広告費データは、Spend4.csvの広告費データで上書きされます。これは、Spend4.csvのデータが最後にインポート、キーを形成する必須フィールドが同じであったためです。 :Spend3.csvの行は両方とも上書きされます。

トラブルシューティング

取り込んだ費用データが表示されない / 別の行に表示される

事象:データインポートが成功したのに、コストデータが表示されない

  1. 管理画面上で、キャンペーン名が重複して表示されているかどうかを確認してください。
  2. もし重複している場合には、 キャンペーンIDが空白になっている行を見つけてください。
    キャンペーンIDが空白の行に広告費のデータが含まれています

事象:インポートされたコストが、パフォーマンス(インストール)データなしで個別(追加の行)に表示されているキャンペーンIDの行が空白です。

原因:広告費のインポートを行う場合、キャンペーン名のみを使用して各キャンペーンを識別します。キャンペーンIDをインポートすることはできません。その結果、インポートされた広告費用はキャンペーンIDやその他のパフォーマンスデータなしで別の行に表示されます。

Excelを使用した、CSVファイルの日付と広告費のフィールドのフォーマット

Excel / Googleシートを使用してCSVファイルを作成する場合、ファイルをCSVファイルとして保存する前に、日付(date)と支出(spend)の列を正しくフォーマットする必要があります。次の手順を使用して、日付(date)と費用(spend)のフィールドを正しくフォーマットしてください。

CSVファイルを保存した後、コンテンツが正しくフォーマットされていることを確認してください。 :この検証にはExcelを使用せず、 各種エディターを使用してください。

Excelでの日付セルのフォーマット

Excelで日付セルをYYYY-MM-DDの形式でフォーマットするには

  1. フォーマットするセルを選択してください。
  2. 右クリックして、[ セルの書式設定]を選択してください。
    セルの書式設定の画面が開きます。

    Formatdate..png

  3. [ カスタム]を選択してください。
  4. タイプフィールドに、 YYYY-MM-DDと入力してください。
  5. OKをクリックしてください。
    日付がフォーマットされます。

Excelでの広告費セルのフォーマット

図に示すように、Excelでは通常、値のセルをコンマでフォーマットして千の値を区切ります。この形式は、広告費のインポートファイルには適していません。

mceclip1.png

Excelでセルをフォーマットすることで修正できます。

1000の区切り記号なしで広告費セルをフォーマットするには

  1. フォーマットするセルを選択してください。
  2. 右クリックして、[ セルの書式設定]を選択してください。
    セルの書式設定の画面が開きます。
  3. [ 数値]を選択してください。

    Formatnumbers.png

  1. [ 1000の区切り記号を使用(,)]をオフにしてください。
  2. (任意) 小数点以下の桁数を設定してください。デフォルトは2です。許可される最大値は5です。 
  3.  OKをクリックしてください。
    セルは正しくフォーマットされています。

Excelを使用しない場合のCSVファイルの検査

CSVファイルの内容を調べるには、エディターを使用してファイルを表示してください。

  • Windows: Notepad / Notepad++
  • macOS: テキストエディット

以下は、エディターに表示されたCSVファイルのサンプルのスクリーンショットです。 

エディター画面

mceclip1.png

エディターを使用して、CSVファイルを検査してください。特に、次の点に注意してください。

  • 空白スペース:フィールドを区切るコンマの前後に、空白スペースがないことを確認してください。Excelでは、@trimのコマンドを使用して空白スペースを削除してください。
  • 日付:日付フィールドの形式がYYYY-MM-DDであることを確認してください。
  • 広告費:広告費フィールドにカンマが含まれていないことを確認してください。

    mceclip1.png 

Excelで作成されたCSVファイルには、区切り文字としてのコンマがありません

Excelでは、カンマではなくセミコロン";"などの文字を区切り文字にしてCSVファイルを作成します:

  • これは、使用しているコンピューターの地域設定が英語以外の言語/地域に設定されている場合に発生します。
  • この問題は、地域設定でドイツ語が選択されている場合に特によく見られます。
  • 解決策は、お使いのコンピューターのオペレーティングシステム(macOSまたはWindows)によって異なります。
  • この問題を解決するには、 Microsoftまたはその他のフォーラムからの最新のガイダンスを検索してください。次の用語を検索に使用してください: Operating system (macOS or Windows) Excel change delimiter for CSV files.

特性と制限

特徴

広告費インポートの仕様
特徴 広告費インポートのサポート 備考
Ad Networks    
代理店 x  
代理店への運用詳細の開示 x  
アプリ固有のタイムゾーン  
アプリ固有の通貨 キャンペーンコストはアプリ毎に設定された通貨単位に換算されます。
サイズ制限 N/A  
オーガニックデータ  
非オーガニックデータ  
データの更新頻度 広告費  
過去データ N/A

 

チームメンバーアクセス  

制限事項

キャンペーン階層のフィールド名が計測データに表示されているフィールド名と一致しない場合、それらは個別にカウントされます。

たとえば、キャンペーン名が一致していない場合、キャンペーンIDが同じであっても異なるキャンペーンとしてカウントされます。

この記事は役に立ちましたか?

このセクションの記事