アドネットワーク向け広告費インポート

概要:アドネットワークが広告主のキャンペーン費用をCSVファイル形式で直接AppsFlyerへ報告する方法について記載しています。

アドネットワーク向け広告費インポート

AdspendIngestion.jpg

 Watch 広告費インポートの使い方

概要

  • 以下のような広告費の詳細を含むCSVファイルを準備してください:
    • 広告費の発生した日付
    • AppID(アプリが同じ広告主に紐付いている場合には、1つのファイル内に複数のアプリデータも入力可能)
    • メディアソース(ファイル毎に1つまで)
    • Campaign name
    • 広告費の合計
    • [任意]国
    • [任意]通貨単位(デフォルト設定:USD)
  • メールでAppsFlyerへファイルを送付するか、AppsFlyerのパートナーアカウントで管理画面にログインして、ファイルをアップロードしてください。 
    注意:ファイルを送付する前に、必ず広告主から広告費インポートに関する権限を付与してもらう必要があります。(この作業は各アプリ毎に都度必要ですがとても簡単です。) 
  • ファイルにエラーが見つからなかったことをモニター・確認してください。
  • 必要に応じて、広告費のインポート作業を元に戻すことでキャンセルも可能です。

広告費インポート:アドネットワーク向け

  • 管理画面からのアップロード、またはメール方式のどちらかを使って、広告費をインポートしてください。 
  • [推奨]CSVフォーマットに関する問題を解決するのがより簡単なため、基本的には管理画面からのアップロード方式をご利用ください。 

 

ファイルアップロードによるファイル提出

ファイルをアップロードして広告費をインポートするには:

  1. [作業するアプリ毎に都度必要です] 広告主に対して、広告費インポートの権限を付与するよう依頼してください。 
  2. このフォーマットとスキームを使って、CSVファイルを準備してください。
  3. ここをクリックして、AppsFlyerのパートナーアカウントへログインしてください。
  4. ファイルをアップロード・インポートしてください。
  5. AppsFlyerの管理画面上で、インポート状況を確認してください:

  6. その他の作業:

 

メールでの提出

メールを送信して広告費をインポートするには:

  1. [作業するアプリ毎に都度必要です]広告主に対して、広告費インポートの権限を付与するよう依頼してください。 
  2. このフォーマットとスキームを使って、CSVファイルを準備してください。
  3. 広告費インポートのトークンをまだ持っていない場合(メール送信時に必要です):
  4.  メール でファイルを送信してください。
  5. AppsFlyerがステータスレポートをメールで送信。
    (インポートが成功したかどうか、または問題が見つかったかどうかが記録されます。)
  6. AppsFlyerの管理画面上で、インポート状況を確認してください:

  7. その他の作業:
この記事は役に立ちましたか?