APIトークンの管理

AppsFlyerAdmin_us-en.png概要: アドミンユーザー(管理者アカウント)はAPIトークンを取得して、AppsFlyer API を介してデータにアクセスできます。

 重要!

  • データセキュリティを確保するために、アドミンユーザーのみがAPIトークン画面にアクセスできます。つまり、アドミン以外のアカウントユーザーとパートナーアカウントはこのページにアクセスできません。

  • V2.0トークンは、すべての「アドミン」権限を持つユーザーがアクセス、またはリセットできます。
  • トークンによりデータアクセスが可能になるため、トークンは安全に保管してください。パブリックコードリポジトリにトークンを公開しないでください。

APIトークンの取得

APIトークンを取得するには:

  1. メニューバーから、ユーザーメニュー (右上のメールアドレスのドロップダウン) にアクセスします。
  2. セキュリティセンターを選択します。
  3. AppsFlyer API トークン セクションで、 AppsFlyer APIトークの取得と管理をクリックします。
  4. 使用可能なトークンが表示されます。
  5. 必要なトークンをコピーします。

APIトークンのリセット

注意

トークンをリセットした場合は、現在のトークンは無効になり、新しいトークンが発行されます。
データの損失を防ぐには、新しいトークンをスクリプトと自動プロセスにすぐに埋め込みます。

API トークンをリセットするには:

  1. 管理画面右上のメニューバーから、ユーザーメニュー(メールアドレスのドロップダウン)にアクセスします。
  2. セキュリティセンターを選択します。
  3. AppsFlyer API トークン セクションで、 AppsFlyer APIトークの取得と管理をクリックします。
  4. 使用可能なトークンが表示されます。
  5. リセットしたいトークンを選択し、[リセットトークン] リンクをクリックします
  6. 続行する場合は、表示されるダイアログボックスに従って [トークンキーをリセット] をクリックします。
  7. 新しいトークンをコピーします。
  8. トークンを必要とするスクリプトや自動プロセスに新しいトークンを埋め込みます。

APIごとに必要なトークンの種類

この記事は役に立ちましたか?