Aura by ironSource キャンペーンの設定

概要: AppsFlyerアドネットワーク連携済みパートナーであるAura by ironSourceは、ユーザーが新しいデバイスをセットアップする際に、広告主がユーザーとつながることができるプラットフォームです。

AppsFlyerでのAuraの連携

パートナー連携を設定するには、

  1. 設定 > 連携済みパートナーへ進んでください。
  2. 連携済みパートナーのリストで、Auraを検索してください。
  3. Aura ironSource をクリックして連携ページを開いてください。
  4. 必要に応じて各タブの設定をしてください:
    • [必須] 連携:AuraとAppsFlyerの連携(接続)を設定します
    • アトリビューションリンク:Aura上の広告で使用するアトリビューションリンクを生成します
    • コスト:Aura ironSourceは、すべてのインストールのアトリビューションリンクで、暗号化されたCPIコストデータを自動的に送信します。その他の追加設定は必要ありません
    • 広告収益はこのパートナーでは利用できません
    • 権限:前述をパラメーターを独自に設定するか、このタブで各設定とデータを閲覧する権限をAuraに付与することができます

次のセクションでは各タブの説明をしています。

連携

連携タブでは、連携を有効にしパラメーターを設定することでAuraと接続することができます。

連携を設定する方法
  1. パートナーを有効にするをオンにしてください。
  2. 一般設定にてビュースルー計測を有効/無効にしてください。
    • [デフォルト] 有効:ビュースルー計測をアクティベートしてインストール成果をAuraに紐づけます。ルックバック期間は計測リンクタブで設定できます。
    • 無効:このパートナー経由のビュースルーインストールは計測されません。
  3. デフォルトポストバック:AppsFlyerは次のポストバックをAuraに送信します。
    • インストール:ユーザーがアプリをインストールするたびにポストバックが送信されます。Aura経由でインストールしたユーザーに対してのみポストバックを送信するか、オーガニックインストールを含む全てのユーザーに対してポストバックを送信するか選択してください。
    • 拒否されたインストールProtect360を利用すると、不正によりインストールが拒否された際にポストバックが送信されます。Aura経由のユーザーのみがレポートの対象になります。
  4. アプリ内イベントの設定:ポストバックを送信するには、アプリ内イベントIDをAuraのアプリ内IDにマッピングしてください。以下のようにパラメーターを設定してください。
    • アプリ内イベントポストバックを有効にしてください。
    • 送信オプション:このパートナーに紐づくイベントのみ、またはオーガニックインストールを含む全てのパートナーに紐づくイベントを送信するかを選択してください。
    • イベントを追加 をクリックしてSDKイベントをリストに追加してください。以下の表で説明されているパラメーターを入力してください。
設定名 説明

SDKイベント名

AppsFlyerが以下のいずれかから受信するイベント名:

  • アプリに実装されているSDK
  • サーバー間 (S2S) イベント

ヒント:必要なイベントがリストに表示されない場合、デバイス上で非オーガニックインストールを実行し、再度確認してください。

パートナー側のイベント名

Auraが定義した一意のイベント名またはID。

イベントに最も近いイベント名をドロップダウンリストから選択してください。

Send revenue

[デフォルト] 有効になっていない場合:AppsFlyerは、収益パラメーター (af_revenue) を除くすべてのアプリ内パラメーターをAuraに送信します。

有効の場合:AppsFlyerは、収益額を含む(利用可能な場合)すべてのアプリ内パラメーターを送信します。

アトリビューションリンク

アトリビューションリンクを生成して保存し、特定のキャンペーン、広告セット、または単一の広告を計測するためにパートナーに送信してください。新規ユーザー獲得とリターゲティングキャンペーンの両方で実施してください。単一プラットフォームリンクまたは OneLinkのいずれかを使用することができます。
計測リンクの構造とパラメーターについての詳細はこちら

アトリビューションリンクを生成するにはこれらの手順に従ってください。

コスト

AppsFlyerはコストの詳細をAPIで取得します。サポートされているディメンション、指標、および機能の詳細については、アドネットワークコスト連携に関する表を参照してください。:コストデータにはXpendのサブスクリプションが必要です。

コストAPIを有効にする方法

コストAPIのステータス一致するコストデータを引き出すことができた最後の時刻を、AppsFlyerがコスト(および広告収益)連携ステータス管理画面、または個別のアドネットワーク管理画面のいずれかで確認してください。

コストデータをサポートしているすべてのパートナーのリストについては、こちらを参照してください。

広告収益

広告収益アトリビューションはこのパートナーでは利用できません。

権限

Auraが情報を閲覧し、連携内容を変更する権限をAuraに付与することができます。権限の種類はAuraとのビジネス関係(アドネットワーク/広告代理店)により異なります。

注! Auraとのアクティブな連携がない場合でも、Auraに権限を与えることは可能です。

アドネットワークへの権限付与

広告ネットワークの権限を有効にするには

  1. アドネットワーク権限を有効にしてください。
  2. Auraのチームメンバーに、以下の1つまたは複数の権限を付与することができます。
    • パートナー連携の設定を許可するパートナーに連携タブの設定(アプリ内イベントのポストバックを除く)を許可します。
    • アプリ内イベントのポストバック設定を許可する連携タブでアプリ内イベントのポストバックを自社にマッピングする設定をパートナーに許可します。
    • リテンションレポートへのアクセスを許可するパートナーのリテンションデータのみへのアクセスを許可します。
    • ロイヤルユーザーデータへのアクセス権限付与パートナー経由のロイヤルユーザーデータへのみアクセスを許可します。
    • アプリ内イベント集計データへのアクセスを権限付与パートナーのアプリ内イベントデータのみへアクセスを許可します。
    • 収益集計データへのアクセス権限を許可する:このパートナーに紐づく収益データのみへアクセスを許可します。
    • 広告費データのインポートを許可 パートナーがこのアプリに関する広告費データをインポートすることを許可します。
    • Protect360管理画面へのアクセスを許可する広告主がProtect360機能を利用している場合、パートナーのProtect360データへのみアクセスを許可します。