集計分析レポートの概要

概要: 集計データのレポート、ツール、APIの紹介と比較を記載しています。 

集計・分析パフォーマンスレポート:ツールと各種レポート

AppsFlyerでは、アプリ、キャンペーン、ユーザーのパフォーマンスを評価できるよう、各種指標を揃えた集計分析ツールを提供しています。

ツール毎にデータの表示方法が異なります。例えば、オーバービューの画面ではキャンペーンのLTVデータを表示しているのに対し、コホートでは時間の経過に伴うユーザーエンゲージメントのデータが表示されます。 

この記事で紹介しているツールは、管理画面上から取得できるデータに関するものです。以下のツール比較表を使って、主な用途とツールの違いを理解してください。

関連記事:ローデータレポートについて 

ツール比較 

レポートツール / APIの比較表
ツール LTV / アクティビティ 説明 複数 / 単一アプリ (1) データ更新頻度 タイムゾーン 通貨設定
管理画面 どちらも

管理画面上のデータをCSVでダウンロード 

単一 随時

アプリ個別の設定値

アプリ個別の設定値
集計データのエクスポートページ LTV(顧客生涯価値)

集計レポートをCSVでダウンロード

単一 随時

アプリ個別の設定値

アプリ個別の設定値
Pull API*-集計レポート 

LTV(顧客生涯価値)

集計レポートをAPIで取得

 

単一 随時

選択可能
デフォルト設定:UTC 

アプリ個別の設定値

Master API (P)

両方 

任意のパフォーマンス指標 (KPI)をAPIで取得

複数 毎日 選択可能
デフォルト設定:UTC (2)

選択可能

デフォルト設定:USD

Pivot (P)

どちらも キャンペーンのパフォーマンス指標を管理画面上で取得  複数 毎日 アプリの個別設定 (2) USD
コホート 

LTV(顧客生涯価値)

詳細は以下のセクションを参照してください。

 

複数 毎日 アプリの個別設定 (2) アプリ個別の設定値

注記:
(1) 複数アプリ対応とは、一度の複数アプリのデータをクエリできることを意味しています。

(2) すべてのアプリで同じタイムゾーンに設定されている必要があります。設定されていない場合、データはUTCで表示されます。
(P) プレミアム機能
(*)レート制限の対象になります。

 

各種コホート機能

コホートは、コホートレポートコホートAPIData Locker経由のコホート分析と、様々な形で利用可能です。以下の表で、その違いについて記載しています。 

コホート機能の違い
特性

Data Lockerでのコホート分析

コホート

コホートAPI

プレミアム機能 いいえ
複数アプリ / 単一アプリ 

複数アプリ対応:
データはアプリ毎に1つのファイルに集計されるか、アプリ毎に複数ファイルに分割

複数アプリ対応:
アプリを組み合わせたパフォーマンス分析と、アプリ毎の分析を選択可能。
単一
通貨設定 USDとアプリ毎の通貨設定 (両方) アプリ個別の設定値 USD、アプリ個別の設定のどちらか
グループ化

キャンペーンの全階層と全イベント
約20グループ

4グループ 7グループ
利用できる指標  全指標 1画面毎に、1つの選択可能な指標と4つの固定指標 1コール毎に、1つの選択可能な指標と4つの固定指標
インストールから集計可能な日数  365日後まで 180日後まで 180日後まで
データ更新頻度 毎日:
UTCの深夜に更新され、UTC10:00に利用可能 
随時:
(アプリ個別のタイムゾーン設定を使用)
随時:
(UTCもしくはアプリ個別のタイムゾーン設定を使用)
データ取得における制限事項 全データセットを利用可能  手動での設定とダウンロードが必要 回数とデータサイズの制限あり
[運用媒体の開示設定]対応 はい はい いいえ:
代理店アカウント経由で運用しているメディアソースは常に代理店名で表示されます。 
カスタマイズの可否 いいえ はい はい

ユーザージャーニーレポート

  • 記載されているレポートは、データエクスポートページもしくはPull API経由で利用できます。
  • これらは LTVデータなので、レポートの日付設定はそれぞれのアトリビューションの日付に関係しています:
    • 新規獲得 / Protect360レポート:インストール日
    • リターゲティングレポート:リアトリビューション日とリエンゲージメント日
  • レポートで利用可能な最も早い日付は、最初にアプリインストールが発生した日付です。

新規獲得レポート

新規獲得のLTV集計データレポート(非オーガニック・オーガニックを含む)
レポート名 グループ化
パートナー(メディアソース) 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
パートナー(日付別) 日付(date) / 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
デイリー・アクティビティ 日付(date) / 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
国・地域 国(country) / 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
国・地域(日付別) 日付(date) / 国(coutry) / 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
ビュースルー計測 (VTA) KPI

ビュースルーレポートはPull API経由で取得可能です

注意: メディアソース としてFacebookを指定した場合、以下のカラムが追加されます:Adgroup ID, Adgroup name, Adset ID, Adset name

CSVファイル内の日付の項目は「yyyy-mm-dd」のフォーマットになっています。CSVファイルをExcelで開くと、PC上の日付/時刻の設定を使用して日付カラムが表示されます。エクセル上で適切な日付の表示方法を選択してください。

集計レポートのサンプル

レポートサンプル(スプレッドシート形式)

新規獲得の集計レポートにおける項目
項目 説明

レポート名

パートナー(メディアソース)

パートナー(日付別)

毎日

国・地域

国・地域(日付別)

Country

インストールを計測した国      

 ✓

Date

計測日

 

   

Agency/PMD (af_prt)

代理店名

Media Source (pid)

ユーザーを獲得したメディアソース
(pid=media source)

Campaign

キャンペーン名

(c= campaign name)

Campaign ID

Facebook キャンペーンID 

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

Adgroup ID

Facebook アドグループID or アドID

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

Adgroup Name

Facebook アドグループ名

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

Adset ID

Facebook アドセットID

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

Adset Name

Facebook アドセット名

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

FBのみ

ARPU

Average revenue per user

 

Average eCPI

Average eCPI

 

     

Clicks

クリック数

Conversion Rate

インストール / クリック

CTR

クリック率(CTR)

 

   

{your event name} (Unique users)

イベントが発生したユニークユーザー数

 

{your event name} (Event counter)

イベント発生数

 

{your event name} (Sales in XXX)

XXXにおける課金額
(XXX:アプリ個別の通貨設定)

 

Impressions

インプレッション数

     

Installs

Number of installs

Loyal Users

[デフォルト設定]
アプリを3回以上起動したユーザー数

Loyal Users/Installs

ロイヤルユーザー率

     

ROI

投資利益率

     

Sessions

  • 非オーガニックユーザーのアプリ起動数
  • オーガニックユーザーと非オーガニックユーザーのアプリ起動数はコホートレポートにて利用可能

Total Cost

-

     

Total revenue

メディアソース / キャンペーンから生み出された総収益

 

注意:FBのみと記載している項目は、Facebookのみをメディアソースとして指定したときにのみデータに含まれます。

リターゲティング

  • リターゲティングレポートは、リターゲティング広告に接触しリエンゲージメントとリアトリビューションを計測したユーザーのデータで構成されます。 
  • リターゲティングレポートでは、オーガニックユーザーと非オーガニックユーザーの区別はありません。
  • Pull API経由でリターゲティングレポートを取得する際は、 &reattr=true のパラメータをパフォーマンスレポートのURIに追加してください。
集計リターゲティングLTVレポート 
レポート名 グループ化
パートナー(メディアソース) 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
パートナー(日付別) 日付(date) / 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
デイリー・アクティビティ 日付(date) / 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
Country 国(country) / 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
国・地域(日付別) 日付(date) / 国(coutry) / 代理店(agency) / メディアソース(media source) / キャンペーン名(campaign)
集計リターゲティングレポートの項目一覧
項目 説明 Partners 毎日 パートナー(日付別) 国・地域(日付別) 国・地域
Date コンバージョン日      
Country      
Agency/PMD (af_prt) 代理店名
Media Source (pid)  
Campaign (c)  
Clicks  
Conversions  
Conversion Type リアトリビューション or
リエンゲージメント
Conversion Rate コンバージョン数 / クリック数
Sessions  
Loyal Users  
Loyal Users/Installs  
Total Cost  
Average eCPI        
Total Revenue  
ROI  
ARPU    

機能レポート

ブロックされた不正データ:Protect360 

  • ブロックされた不正データの集計レポートでは、Protect360 によってブロックされた各種イベントの詳細を確認可能です。
  • レポートはPull API経由で利用可能です。(データエクスポートページからは取得できません。)
  • レポートの日付範囲はインストール日を意味します。
Pull API経由で利用可能なProtect360の集計レポート
レポート名
パートナー(メディアソース)
パートナー(日付別)
国・地域
国・地域(日付別)
パートナーキャンペーンレポート

制限:  ブロック理由がApp Versioncustomer user idの欠落であった場合にも、ブロック理由:Bots として表示されます。

この記事は役に立ちましたか?