Unityプラグイン V6 実装ガイド

概要: AppsFlyer SDKをUnityで開発されたiOS/Androidアプリに実装することで、インストールやアプリ内イベントをメディアソースに紐付ける形で計測が可能になります。

Unity.png

 Unity V6のiOS14対応

Unityプラグイン V6はiOS 14にも対応していますが、過去のバージョンと比べてAPIメソッドの大幅な変更がありますので注意してください。古いバージョンからのUnity V6への移行はこの変更の適用を阻害してしまいます。今回の変更には、新しいAPI、異なるclassやパッケージネーム、そして com.appsflyer.GetDeepLinkingActivity  の削除が含まれています。

以前のバージョン (V5) からプラグインを更新する場合には、 V6への移行 に関するガイドを必ず参照してください。(Unityのパッケージをアップデートする必要があります。)

 注意

UnityプラグインV4は非推奨です。V4向けの実装ガイドは、PDF形式でダウンロードが可能です。(ページ最下部にリンク有り)

Unityプラグイン V6

Unityプラグイン V6は、Unityプラットフォームを使用したiOS / Androidアプリの開発を可能にします。AppsFlyer SDKに基づいて、同じメソッドを実装し、プラットフォーム毎のSDKと同等の機能をサポートしています。このプラグインはオープンソースであり、GitHubで利用可能です。
(このページ内では、プラグインとSDKという用語は同じ意味で使用しています。)

1. 概要 - Unity V6

Unityプラットフォームで開発されたモバイルアプリは、AndroidとiOSの両方に共通のAppsFlyerプラグインを使用します。

タブ コンテンツ 結果

[必須] 実装

プラグインの追加と設定

管理画面には以下が表示されます:

  • 新規オーガニックインストール
  • 新規非オーガニックインストール

[推奨] 主要 API

主要APIで可能なこと:

  • アプリ内イベントの計測
  • 収益の計測
  • ディープリンク
  • コンバージョンデータの取得

管理画面には以下が表示されます:

  • アプリ内イベント
  • 収益額

準備:

  • ディープリンク

追加API

オプションAPIの実装と使用方法:

  • アンインストール計測
  • ユーザー招待の計測
  • プッシュ通知の計測

準備:

  • アンインストール計測
  • 紹介
  • プッシュ通知によるユーザーエンゲージメント
  • ユーザーのプライバシーシナリオなどの処理

APIリファレンス

開発者向けのSDK APIリファレンス
アプリへのUnityプラグイン実装のステップ

 

この記事は役に立ちましたか?