リターゲティング向けの休眠期間

概要:休眠(非アクティブ)ユーザーをリターゲティングすることで、キャンペーン効果を向上させます。メディアソースごとに休眠期間を設定しましょう。

mceclip0.png

休眠期間

リターゲティングによって休眠ユーザーを取り戻すことができます。通常、これらのキャンペーンでは、良好なコンバージョン率とROAS(広告費回収率)が見込めます。しかし、アクティブユーザーを除外しないことが原因で、リターゲティングキャンペーンであまり効果的な成果を出せないことも多々あります。リターゲティングキャンペーンの 効果を高めるには、最小限の休眠期間 を設定して、アクティブユーザーを除外することを推奨します。

広告主が最小限の休眠期間を設定することで、アクティブユーザーを帰属しません。例えば、最小限の休眠期間が3日間の場合、過去0~3日間にアクティブなユーザーは成果対象に含まれません。4日間以上休眠しているユーザーが成果対象になります。

休眠期間のルール

  • 成果が計測される場合
    • 定義されている休眠期間よりも長い期間アプリを使用していないユーザー。リターゲティングのリエンゲージメントとリインストールの成果が計測されます。 
    • セルフレポーティングネットワーク (SRN) は、設定した休眠期間に関わらず、自社のアトリビューションモデルに従って計測を実施します。
  • 成果が計測されない場合:最小限の休眠期間中にアプリを起動したアクティブユーザーのコンバージョンは無視され、リターゲティングキャンペーンの成果として計測されません。

用語

用語 定義
最大値 30日間
デフォルト値

0(なし)

メディアソースに対する休眠期間機能は、デフォルトでは無効になっています。

ユーザーアクティビティ

SDKまたはS2S経由でレポートされたインストールまたはセッション。

移行されたデバイス

移行された時刻が最後のアクティビティ時刻となります。

リターゲティングの休眠期間に関する用語

シナリオ

次のリターゲティングのシナリオでは、メディアソース向けに休眠期間が定義されています (>0)。

リアトリビューション

ユーザーのシナリオは、次の図に示されています:

  • アプリをアンインストールし、アクティブではありません。
  • ユーザーがメディアソースのリターゲティング広告と接触します。
  • アプリを再インストールします。

Re-attribution_scenarios_en-us.png

状況  休眠期間のしきい値 ユーザーの休眠期間 結果
A 7日間

8日間。 

休眠期間のしきい値を超えた期間ユーザーは休眠状態でした

  • リアトリビューション(リターゲティングの再インストール)
  • リターゲティングメディアソースAに成果が計測される
B 7日間

5日間

ユーザーはアクティブ状態でした。

  • オーガニックの再インストール
  • 非オーガニック リインストール:ユーザーがUAメディアソースと接触した場合。
  • リターゲティングメディアソースAは、ユーザーの休眠期間のしきい値により計測されません。

リエンゲージメント

ユーザーのシナリオは、次の図に示されています:

  • ユーザーがアプリをインストールします。
  • 子のユーザーは数日間休眠状態です。
  • その後、メディアソースのリターゲティングキャンペーンと接触し、アプリを起動します。

Re-engagement_scenarios_en-us.png

状況 メディアソースAの休眠期間のしきい値 ユーザーの休眠期間 結果
A 7日間

8日間

休眠期間のしきい値を超えた期間ユーザーは休眠状態でした

  • メディアソースAにリエンゲージメント成果が計測されます
B 7日間

4日間

ユーザーは設定した休眠期間中にアプリを使用します

  • 通常のセッション
  • リターゲティングメディアソースAには成果が計測されません

パートナー設定

SRN

休眠期間をサポートしているSRNはこの機能の設定が連携タブに表示されます。

リターゲティングをサポートしているセルフレポーティングネットワーク (SRN) の休眠期間を定義する方法:

  1. [設定] > [連携済みパートナー] へ進みます。
  2. SRN を選択します。
  3. [連携 ] タブにて、スクロールダウンします。[リターゲティングの対象からアクティブユーザーを除外する] を有効にします
  4. 休眠期間を設定します。(1-30日間。)
  5. [連携を保存] をクリックします。

Inactivity_window_SRN_en-us.png

SRN以外(クリック計測のアドネットワーク)

リターゲティングをサポートしているアドネットワーク (非SRN) の休眠期間を定義する方法:

  1. [設定] > [連携済みパートナー] へ進みます。
  2. アドネットワークを選択します。
  3. [計測リンク] タブを開き、スクロールダウンし [リターゲティングの対象からアクティブユーザーを除外する] を有効にします。
  4. 休眠期間(1-30日間) を設定します。
    休眠期間のパラメーターである af_inactivity_window が計測リンクに追加されます。例:&af_inactivity_window=7dこの機能が無効の場合、計測リンクには追加されません。

Inactivity_window_non-SRN_en-us.png

代理店

SRN

代理店(広告主から権限を付与された場合)

休眠期間の設定画面にアクセスする方法:

  1.   設定 > 連携済みパートナーへ進みます。
  2. SRN を選択します。
  3. 連携タブにて、次の表に示すように設定を行います。
SRN 代理店
DoubleClick
  • リターゲティングを有効/無効にします
  • 休眠期間を設定します
Google
  • リターゲティングを有効/無効にできません
  • 代理店が権限を付与されている場合、休眠期間を設定できます
Facebook/Twitter/Snap リターゲティングと休眠期間の設定にアクセスできません

 非SRN

パートナー(リターゲティングをサポートしている)

リターゲティングをサポートしている非SRNの休眠期間を設定する方法:  ナビゲーションメニューから > 設定 > 連携済みパートナー > 非SRN > アドネットワークを選択し、計測リンクタブを開きます。

この記事は役に立ちましたか?