SKAdNetworkソリューションガイド

概要:SKAdnetworkを使用してアプリインストールを計測します。

5754SKAdNetworkFlow_us-en.jpg

SKAdNetwork

2021年3月23日以降、計測に必要なSDKの最低バージョンが更新されました:

  • SKAdNetworkソリューション SDK V6.2.4. 

iOS 14に関するガイダンス

  • iOS 14.5以降から (今後リリース予定) 他社が所有するアプリやWebサイトに渡りユーザーを追跡する場合、ユーザーの許可を得る必要があると予測されます。つまり、iOS 14.5以降でIDFAにアクセスするには、ATTの同意が必要となります。
  • Apple Search Ads (ASA) とSKAdNetworkを使用して広告を掲載する場合、V6.2.4以降のSDKを採用し、当社のASAに関するお知らせに従ってレポート作業を調整してください。 
  • 一般的な iOS 14に関するガイダンス:
    • AppsFlyerのLTV計測は、iOS 13と比較して変更なく動作します。
    • この記事に記載してあるとおりAppsFlyer SKAdNetworkソリューションを実装してください。
    • アドネットワークパートナーが、AppsFlyerとSKAdNetwork連携をしていることを確認してください。
    • AppsFlyer SKAdNetworkシミュレーションを使用して、ATTがどのようにアトリビューションに影響するかをより良く理解しましょう。
    • iOS V14.5より前のバージョンでは、IDFAを収集する前にATT同意画面を表示することは必須ではありません。 
  • 現在、AppsFlyer iOS SDK V5.4を使用している場合:
    • LTV計測は、iOS 13と比べて変更なく動作しています。
    • 今後、AppsFlyer SDK V6.2.4以降 の最新バージョンを採用してください。 

Apple iOS の一部である SKAdNetwork インフラストラクチャは、広告主がユーザーのプライバシーを保持しながら、キャンペーンの成果を測定するためにリリースされました。SKAdNetwork インフラストラクチャは、IDFAやその他の広告IDを使用せずに動作します。したがって、ソリューションを実装するためにユーザーの同意は必要ありません。

関連記事

定義

  • SDKAppsFlyer iOS SDKの最新Verがアプリに実装されている状態。
  • SKAdNetwork インフラストラクチャ、またはインフラストラクチャ:Apple が定義した iOS 14 に組み込まれている計測機能。
  • SKAdNetwork ソリューション、またはソリューション:SDK、インフラストラクチャ、そしてAppsFlyerプラットフォームが一体となったソリューションを指します。このソリューションは、管理画面の分析、レポート、ポストバックを介して、広告主とアドネットワークにLTV(顧客生涯価値)データを提供します。 
  • 計測期間は、アプリの初回起動から一定の期間で、デフォルトは24時間に設定されています。
  • コンバージョン値は、アプリによって設定されたユーザーの質を測る値です。通常、AppsFlyer SDKがこれを実行しますが、独自のコンバージョン値を設定した場合、カスタムコンバージョン値を使用します。

この記事では、現在ご利用いただける SKAdNetwork に関するインフラ構成、ソリューション、設定方法についてご説明します。

Apple SKAdNetwork インフラストラクチャの基本

特性 説明
前提条件

アプリでSKAdNetworkの使用を有効にする方法:

サポートされています
  • デバイス:
    • iOS 11-13 は、SKAdNetwork V1(インストールのみ)をサポートします。
    • iOS 14+ SKAdNetwork V2+ (コンバージョン値を含む)
  • アプリ間(App-to-app)のアトリビューション
サポートされていません
  • モバイルウェブ
  • キャンペーン数は、1~100の範囲に制限されています。つまり、アプリごとにアドネットワーク当たり100個の一意の値に限られています。
    • アドネットワークはAppsFlyerにキャンペーンIDと名前を提供する必要があります。これは、AppsFlyerの管理画面とレポートに反映されます。
    • アドネットワークはこれをさらに制限する可能性がありますので、各アドネットワークごとにご確認ください。
  • オーガニックインストール(SKAdNetworkではオーガニックインストールの計測を公式にはサポートしていませんが、管理画面上ではAppFlyerによって算出されたオーガニックインストールの指標を確認可能です。)
  • リエンゲージメント
提供される機能
  •  SKAdNetworkは、次のAppleアトリビューションモデルを使用して計測します。
    • ユーザーは、広告をクリックし、30日以内にインストール(アプリダウンロード)し、それから60日以内にアプリを初回起動します。
    • ユーザーは、広告を閲覧し、24時間以内にインストール(アプリダウンロード)し、それから60日以内にアプリを初回起動します。
    • SKAdNetwork V2.2以降、クリックスルー計測はビュースルー計測よりも優先されます。SKAdNetworkバージョンは、ユーザーのiOSバージョンによって異なります。
  • キャンペーンレベルでの集約式アトリビューション
  • ポストバック
    • iOSデバイスのOSレイヤーにより成果が紐づくアドネットワークに送信されます
    • インストール後、24~72時間に送信されます。
    • オーガニックインストールに対してポストバックは発生しません
プライバシーのしきい値

一部のポストバックでコンバージョン値が欠落しているのはなぜですか?

Appleによると、Appleのプライバシーしきい値の制限に違反する場合、ポストバックにコンバージョン値もソースのアプリIDが含まれません。

SKAdNetwork ソリューション

このソリューションは次のような計測モードを提供しています。

  • AppsFlyer計測モード:最新のSDKを実装し、AppsFlyerの管理画面上でコンバージョン値の計測ルールを設定してください。これについては、次のセクションで詳細を説明しています。コンバージョン値を設定するために必要なロジックはSDKに予め埋め込まれており、アプリ内でのコーディングは必要ありません。
  • カスタム計測モード:最新のSDKを実装する必要があります。アプリ内でコンバージョン値を設定するロジックをコーディングする必要があります、AppsFlyerのSDK側ではコンバージョン値の設定に関与しません。ポストバックを受信すると、AppsFlyerは予めアップロードされたカスタムコンバージョンマッピングを使用して、それらをデコードします。さまざまな計測モードについて詳細を確認したい場合は、この記事内にあるを参照し、カスタムコンバージョンマッピングの記事のものと比較してください。 

ソリューションの原則と流れ

SKAdNetwork インフラストラクチャの機能的及び構造的な制限を補うため、次の表に示す特性を考慮してAppsFlyerのソリューションは構築されています。

特性 説明
データ収集
  • 広告主にとって、SKAdNetwork のポストバックは複数のアドネットワークから収集されます。
  • 広告主は、複雑で面倒な作業である各アドネットワークとの連携を独自に行う必要はありません。
データ検証
  • ポストバックが Appleによって署名されていることを保証します。これにより、ポストバック不正の余地を減らします。
  • トランザクションIDの項目を使用して、ポストバックが一意であることを検証します。
データ強化
  • 他のデータポイントと組み合わせることでSKAdNetwork ポストバックデータを強化し、より完全なROI分析を提供します。例えば、iOSのIPアドレスを使用した地域の詳細、アドネットワークから提供されたキャンペーン名などです。
  • このデータポイントには、インプレッション、クリック、コスト、オーガニックトラフィック等が含まれます。
データ配信

強化された SKAdNetworkデータは、次のとおり利用できます:

シームレスな連携
  • 必要な手順がアプリ設定ページに要約されており、広告主側で簡単に連携できます。
  • コーディングは一切不要です。アプリには最新版のSDKを実装してください。
  • 今後予期される Apple による SKAdNetworkインフラストラクチャへの変更に対するサポートが含まれています。
アジリティ

広告主様は、必要に応じて管理画面から測定の設定を変更できます。


SKAdNetworkアトリビューションの流れ

SKAdNetwork_-_Activity_diagram_with_swimlanes_example__1_.png

  1. 広告主はプラットフォームで SKAdNetwork 測定のための設定をします。
  2. ユーザーがアプリを初回起動した後、広告主が設定した現状の設定に基づいて、プラットフォームはSDKにコンバージョン値を計算する方法を指示します。
  3. 測定期間中に、SDKは測定可能なユーザーアクションごとにコンバージョン値を更新します。
  4. 最新のコンバージョン値が更新されてから24~48時間後に、iOSはポストバックをアドネットワークに送信します。
  5. アドネットワークは、AppsFlyerにポストバックを転送します。
  6. AppsFlyerは、コンバージョン値を検証およびデコードします。デコードされたデータは、次のとおりです。
    • データが管理画面、レポート、APIを介してAppsFlyer上で利用可能になる前に、記録および成果が測定されます。
    • アドネットワークにポストバックとして送信され、キャンペーン最適化が可能になります。

タイマーについての詳細

パフォーマンス測定

計測モードを選択することでユーザーの質を計測します。

コンバージョン値

  • ユーザーがアプリを初回起動する際の既存のユーザー品質測定設定に従って計算されます。
  • アプリ内で発生するアプリ内イベント、またはサーバー間 (S2S) APIを介して送信される計測可能なユーザーアクションごとにSDKによって更新されます。
  • 0~63の数値。
  • 測定期間の期限が切れた後に発生したユーザーアクションは記録されません。
  • 最新のコンバージョン値が更新されてから24~48時間後に、iOSによって各インストールに対して1回送信されます。
  • ほとんどの場合、AppleがAppleプライバシーしきい値の制限に違反しないと判断した場合は、ポストバックにコンバージョン値が入力されます。

このソリューションでは、次のユーザー品質測定タイプがサポートされています。

  • [デフォルト] 収益:ユーザーによって生成された総収益額。
  • コンバージョン:ユーザーが実行するユニークなアプリ内イベント (0-6)。
  • エンゲージメント:特定のアプリ内イベントをユーザーが実行した回数 (0-63)。

次のセクションでは、使用可能な指標の説明と測定例について説明します。これらを使用して、SKAdNetworkアトリビューションの機能と制限を理解し、ユーザーの品質を最大限に高める測定値を特定します。広告主様は、必要に応じて管理画面から測定の設定を変更できます。

メトリック

計算式/タイプ 
インストール カウント
クリック カウント
インプレッション カウント

Click-to-install率

インストール/クリック数 * 100
コスト キャンペーンコスト
Effective cost per install (eCPI) コスト / インストール *100
コンバージョンしたユーザー

指定した測定イベントを実行したユニークユーザー数のカウント:

コンバージョンユーザー率

コンバージョンしたユーザー / インストール * 100

アクションあたりの有効コスト (eCPA)

コスト / 指定イベントを実行したユニークユーザー数

指標は常に利用できます(測定タイプに関わらず)


ユーザー品質の測定タイプ

ユーザー品質測定タイプの設定
測定タイプ 説明
[デフォルト] 収益

mceclip0.png

測定期間中に生成された収益額

設定:

  • 値の範囲:0-63
  • コンバージョン値の変換:
    • コンバージョン値の単位は、次のいずれかの換算係数を使用して USD に変換されます:$0.01, $1.00, $10.00
    • 管理画面とローデータの収益額は、現在の為替レートを使用して、アプリ固有の通貨に変換されます。 

指標:

    • 収益額
    • ROI
    • ROAS(広告費回収率)
    • ARPU:ユーザーあたりの平均収益
    • ユーザーのコンバージョン率:アプリインストールユーザーのうち購入を実行するユーザーの割合
    • eCPA

考慮事項:

アプリでは、外貨金額は米ドルに換算され、換算単位に変換されます。変換値単位の分数は、完全な単位に切り上げられます。たとえば、10ユーロ(EUR)を現在の為替レートを使用して換算するとUSD 11.25ドルです。選択した換算値の単位レートが $1=1 単位の場合、これは11.25単位で、12の換算値の単位に切り上げられます。

コンバージョン

mceclip0.png

測定期間中に1回以上実行されたアプリ内イベント

設定

  • サポートされているイベント数:1-6
  • ドロップダウンリストから計測するアプリ内イベントを選択してください。制約:このリストで表示されるイベントは、過去30日以内に発火された上位300のイベントのみです。
  • SKAdNetworkのオーバービュー画面上で、コンバージョンイベントとして特定のイベントを選択してください。 

アプリ内イベントごとの指標:

    • イベントを実行するユーザーの数
    • コンバージョン率:アプリインストールユーザーのうちコンバージョンイベントを実行したユーザーの割合
    • eCPA

ユーザー数の例:

  • 登録完了
  • 購入
  • ゲームレベルの達成

解説! もしユーザーがイベントを実行した場合に、コンバージョン計測を使用します。ユーザーがイベントを実行する回数をカウントするには、エンゲージメント測定を使用します。

エンゲージメント

mceclip1.png

測定期間内にユーザーが指定のアプリ内イベントを実行した数

設定: 

  • ドロップダウンリストからアプリ内イベントを選択します。
  • アプリ内イベントを選択することで、コンバージョンイベントとして指定されます。
  • 値の範囲:0-63

アプリ内イベントの指標

    • イベントを実行するユーザーの数
    • ユーザーあたりの平均イベント数
    • コンバージョン率
    • eCPA

例:

  • 発生回数を計測する:
    • ユーザーがアプリを開いた
    • ユーザーが広告を閲覧した回数

測定タイプの例

例A: 収益の測定
ファクター 備考
シナリオ
  • 20人のユーザーがアプリをインストールし、以下の購入を実行します。
    • 9人にユーザーがそれぞれ$10の購入する
    • 5人のユーザーがそれぞれ5ドルの購入をする
    • 1人のユーザーが$1、$3、$5、最後に$1を購入。合計$10。
  • アドネットワークのAPIによって提供されるコストデータ:$30
SKAdNetwork アトリビューションの設定
  • 測定タイプの選択:収益
  • コンバージョンファクターの設定:1つのコンバージョン単位= $1
  • 指定済みのコンバージョンイベント:SDK側では、常にaf_revenueのパラメータを使用して収益の情報を送信する必要があります。 
選択された指標 利用できる収益に関する指標
  • インストール:20
  • 収益:$125
  • コンバージョン:15
  • ARPU:$6.25
  • ROI:316%
レポートあたりのローデータの行数

ローデータレポートはData Locker経由で利用できます

  • デバイスポストバック:20行
  • インストール:20行
  • アプリ内イベント:15行注!複数の購入を実行するユーザーは、1行で$10と表示されます。
開発者向けの考慮事項

収益を含むイベントが認識されます

例B: コンバージョン測定
ファクター 備考
  • 5人のユーザー (A-E) がアプリをインストールします
  • 表に示すとおり、0~3の異なるアプリ内イベントを実行します。
  • アドネットワークのAPIによって提供されるコストデータ:$30
  イベント1 イベント2 イベント3
ユーザーA 実行済 実行済 -
ユーザーB 実行済 - 実行済
ユーザーC 実行済 実行済 -
ユーザーD 実行済 実行済 -
ユーザーE - - -
ユーザーにより実行されたアプリ内イベント
SKAdNetwork アトリビューションの設定

測定タイプを選択:コンバージョン

  • アプリ内イベントを選択:イベント1、イベント2、イベント3
  • 指定されたコンバージョンイベント:イベント1
選択された指標
指標 アプリ イベント1 イベント2 イベント3
インストール 5      
コンバージョン 4      
ユニークユーザー   4 3 1
eCPA $ 7.5      
利用できるアプリ内イベント指標

注! 指定されたコンバージョンイベントがイベント1のため、アプリレベルの指標とイベント1の指標を計算するために値4を使用します。

 

ローデータレポートはData Locker経由で利用できます

  • デバイスポストバック:5行
  • インストール:5行
  • アプリ内イベント:8行
開発者向けの考慮事項
  • ユーザーが実行するアプリ内イベントを必ず送信してください。
  • SKAdNetworkソリューションは、イベント値を無視します(収益測定に関する場合を除く)。
例C:エンゲージメントの測定
ファクター 備考

5人のユーザーがアプリをインストールし、表にある通りの回数アプリを起動しました。

  イベントが実行された回数
ユーザーA 63
ユーザーB 10
ユーザーC 5
ユーザーD 1
ユーザーE -
アプリ起動
SKAdNetwork アトリビューションの設定
  • 測定タイプの選択:エンゲージメント
  • 指定されたコンバージョンイベント:af_app_opened  注!どのイベントでも使用できます。
選択された指標

利用できる指標のサンプル

  • インストール:5
  • コンバージョン:4
  • セッション:79
レポートあたりのローデータの行数

ローデータレポートはData Locker経由で利用できます

  • デバイスポストバック:5行
  • インストール:5行
  • アプリ内イベント:79行。1行は1つのセッションに相当します。
開発者向けの考慮事項

ユーザーが選択したエンゲージメントイベントを実行するたびに、アプリ内イベントを送信します。SKAdNetworkはイベントを送信する回数をカウントします。

手順

SKAdNetworkアトリビューションの設定

SKAdNetworkアトリビューションを設定する方法:

  1. AppsFlyerにて、設定 > SKAdNetworkに進みます。
    SKAdNetworkのページが開きます。
  2. [オプションの詳細設定] S2Sでイベントをレポートしたい場合、[S2S APIで送信されたアプリ内イベントを記録する] をオンにしてください。
  3. 次のいずれかから測定タイプを選択します:
    • 収益:単位をUSDに換算するための、アメリカドル通貨単位を選択します。最大63の収益単位があります。測定可能な最大収益は、単位対USDレート×63です。利用可能なオプション:$0.01、$1.00、$10.00
      例:$10 X 63 = $630、$1 X 63 = $63、$0.01 X 63 = $0.63
    • コンバージョン:  アプリ内イベントを最大6個まで選択してください。
    • エンゲージメント: 発生回数をカウントするアプリ内イベントを選択します。
  4. SKAdNetwork 計測 がオンになっていることを確認してください。注意!オフになっている場合、SDKは registerAppForAdNewtorkAttributionupdateConversionValue などのiOS SKAdNetworkに関する機能を呼び出しません。
  5. 変更を保存をクリックします。
    測定が有効になりました。初めてアプリを起動するユーザーは、これらの設定を使用して測定されます。SKAdNetworkのアトリビューションデータは、アプリの初回起動から48~72時間後に管理画面に更新されます。

SKAdNetworkの測定を無効にする

SKAdNetwork計測を無効にする方法:

  1. AppsFlyerにて、設定 > SKAdNetworkに進みます。
  2. SKAdNetwork 計測をオフにしてください。
    そうすると、SDKはregisterAppForAdNetworkAttributionupdateConversionValue のようなSKAdNetworkの機能の呼び出しを停止します。
  3. 変更を保存をクリックします。

S2S APIによるイベント計測

SKAdNetwork_-_S2S__2_.png

SDKとサーバー間API (S2S) の両方で、AppsFlyerサーバーにアプリ内イベントを送信することができます。

S2Sフローは次のとおりです。

  • 広告主のサーバーでユーザーに関するイベントが発生します。この時点では、アプリが起動しているかいないかは関係ありません。
  • 広告主のサーバーは、S2S経由でイベントをAppsFlyerにレポートします。
  • AppsFlyerは更新されたコンバージョン値を計算し、その後:
    • ユーザーのデバイスでアプリが起動している場合:SDKに更新された値を通知されます。SDKは、デバイスのiOSコンバージョン値を更新します。
    • アプリがユーザーデバイスで開いていない場合:サーバーはアプリが開くまで待機し、SDKにコンバージョン値が通知されます。これは計測期間が切れる前に実行される必要があります。通知が失敗した場合、このイベントは無視されます。

必要なSDKバージョン

  • 最新版のSDKをアプリに実装してください。注意!アプリ開発者による追加作業は何も発生しません。 

制限事項

  • 特定ユーザー向けにユーザーの匿名化の機能を実装している場合、そのユーザーについてはS2Sでイベントを送信することはできません。

アプリ内イベントの送信をサーバー間APIで実装する方法:

  1. [一度のみ] S2S APIでのアプリ内イベントの計測を有効にします:
    1. AppsFlyerにて、設定 > SKAdNetworkに進みます。
    2. [S2S APIで送信されたアプリ内イベントを記録する] をオンにします。
  2. S2S経由でイベントの送信

SKAdNetworkの追加情報

レポートのオプション

レポート名 タイプ AppsFlyerによる強化機能 デリバリー方法

インストール、アプリ内イベント、収益に関する集計パフォーマンスレポート。データは、SKAdNetwork管理画面のものと同様です。

集計

はい

API

集計ポストバックデータ。SKAdNetworkポストバックは、可能な限り最大レベルの粒度に集計されます。 集計 いいえ API

AFpremimum.jpg

Data Locker経由のSKAdNetworkローデータレポート(サンプルあり)。利用できるレポート:

  • iOSにより送信されたポストバック
  • インストール
  • 再ダウンロード
  • In-app events
ローデータ はい Data Locker

SKAdNetworkソリューションの実装チェックリスト

No. アクション 説明 担当者
1 準備 マーケター、開発者
2 設定 

AppsFlyerで、SKAdNetworkソリューションを設定します

マーケティング担当者
3 アプリを準備する

アプリをAppsFlyer V6 SDKに移行する

  • アプリロジックやアプリコードを変更する必要はありません。
  • ソリューションはアプリ内イベントをもとにコンバージョン値を設定します。通常の手順でアプリ内イベントを送信します。ソリューションに特化したテストは必要ありません。
  • 特定の測定シナリオについては、デベロッパーの考慮事項を参照してください。
  • App Storeにアプリを提出する
  • アプリストアでは、SKAdNetworkの登録やプロセスは必要ありません。
デベロッパー
4 パートナー連携

アドネットワークパートナーは、SKAdNetwork連携を使用して当社と連携する必要があります。注!AppsFlyer SKAdNetworkシミュレーションには、現在の連携ステータスに関わらず、全てのパートナーのデータが含まれています。ただし、SKAdNetworkポストバックによってレポートされた実際のデータには反映されません。
 

キャンペーンを実施しているパートナーに関連して、必要に応じて以下を完了してください。

SRN以外

  1. パートナーがSKAdNetwork機能のバッジを持っていることを確認してください。
  2. パートナーのアプリ内イベント名にSDKで設定したアプリ内インベント名がマッピングされていることを確認してください。

Facebook

マーケティング担当者
SKAdNetwork 実装チェックリスト

アプリインストールから管理画面の更新までのタイミング

タイマー要素 説明 範囲(時間)
計測期間
  • [デフォルト] 計測期間カウントダウンタイマー:24時間
  • 計測期間中、AppsFlyerはコンバージョン値を設定します
  • カウントダウンはアプリ初回起動時に開始されます
24
SKAdNetworkタイマー
  • カウントダウンタイマー:24時間
  • コンバージョン値が設定されるたびにタイマーがリセットされます。つまり24時間からカウントダウンを開始します。
  • 計測期間の最大値+SKAdnetworkタイマー:48時間。
24–48
SKAdNetworkランダム遅延タイマー ランダムなポストバック遅延時間:0–24時間 0-24
AppsFlyer処理 特定の日に受信したポストバックは、その日が終わった時点で、次の日のUTC 00:01から処理されます。データは翌日8時間後に利用できます。平均遅延は20時間です。例えば、月曜日に受信したポストバックは火曜日に処理されます。管理画面はUTC8:00までに更新されます。 8-32
サマリー アプリが起動されてから管理画面にデータ表示されるまでの平均経過時間:68時間。 32–104

SKAdNetworkにおけるオーガニック指標

SKAdNetworkにおけるオーガニックは、次のメカニズムを用いて計算されます。

  • Apple SKAdNetworkが、メディアソースと接触したあとにアプリをインストールしたユーザーに関するポストバックを送信します。これにより非オーガニックの指標が提供されます。
  • AppsFlyerのLTV管理画面には、メディアソースに関わらず全てのインストールに関する指標が含まれます。
  • このデータを使用して、以下のとおりオーガニック指標は「A-B」で計算されます。
    • A = LTVオーバービュー管理画面に基づく全てのユーザーの合計
    • B = SKAdNetworkポストバックにより報告された非オーガニックユーザー数

Apple Search Adsに関する警告:Apple Search Adsによってもたらされたインストールは、LTV管理画面上では非オーガニックと表示されます。ただし、SKAdNetworkのコンテキストでは、オーガニック指標の一部として表示されます。

特性と制限事項

SKAdNetwork ソリューションの特性と制限事項
特性 備考
アドネットワークのアクセス アドネットワークはポストバックを受信します
代理店

サポートされていません。つまり、代理店は、SKAdNetworkキャンペーンを運用しているアドネットワークを有効にすべきではありません。代理店の場合、広告主にアドネットワークを有効化するよう依頼し、自身のアカウントではこれを実行しないでください。

代理店への運用詳細の開示 N/A
タイムゾーン UTC
通貨 USD
オーガニックデータ SDKイベントデータに基づきます。例えば、オーガニックインストールの指標は次のように計算されます。SDKによって報告されたすべてのインストールのデータから、SKAdNetworksによって報告された非オーガニックインストールの数を差引きます。
非オーガニックデータ SKAdNetworkのポストバックに基づく
データの更新頻度

毎日。SKAdNetworkタイミングの問題により、アプリ起動後平均68時間(~3日間)です。範囲:32~104時間。

過去データ

最も早い日付は、iOS 14が利用できる日です(2020年9月16日)

チームメンバーのアクセス 利用可能です。利用範囲はアカウント権限に基づきます。
App Clip App ClipはSKAdNetwork管理画面ではオーガニックとして計測されます。オーバービュー管理画面を使用して起因メディアを表示します。

SKAdNetwork 連携済みパートナー

パートナーリスト

連携済みパートナーへのポストバック送信

AppsFlyerは、SKAdNetwork計測に関するポストバックを連携済みパートナーに送信します。次の表のさまざまなオプションと要件を参照してください。

件名 説明

トランザクションIDの共有

必要なアクショントランザクションIDが必要かどうか連携済みパートナーに確認し、それに応じて設定してください。

AppsFlyerは成果が紐づくアドネットワークに対してポストバックを送信しています。これはAppsFlyerによってデコードされたポストバックで、iOSから受け取ったSKAdNetworkのポストバックのコピーではありません。これらのポストバックには、デコードしたコンバージョン値に関する情報(インストールと計測期間中にユーザーが実行したアプリ内イベントに関するデータ)が含まれています。

コンバージョン値のデコードに応用可能なため、広告主の許可なくTransaction IDをアドネットワークへ共有することはありません。 

トランザクションIDの共有

次のとおり、広告主はトランザクションIDの共有を有効にします:AppsFlyerにて、設定 > 連携済みパートナー > パートナーを選択 > 連携タブ > データ共有へ進みます。

アプリ内イベント マッピングの確認

この記事は役に立ちましたか?