iOS 14、ATT、SKAdNetworkについてのクイックスタートガイド&よくある質問

概要:2021年4月にiOS 14.5がリリースされてから、Appleの AppTransparencyTracking (ATT) に準拠し実装する必要があります。ATTとは、アプリがエンドユーザーのデータを取集し、それをアプリとWebサイトに渡ってトラッキング目的で他社と共有する場合、ATT同意の確認画面を設け、パブリッシャーアプリと広告主アプリの両方でユーザーの同意を得る必要があることを意味します。トラッキングをしない場合は、この同意画面を表示する必要はありません。

iOS14-consent-pre-ATT-enforcement-6522_Cover-image_917x480.jpg

ATT環境におけるアトリビューション計測

AppsFlyerでは、さまざまなアトリビューションソリューションを提供する複数の計測メソッドを用意しています。ATTへの同意は、アプリ間での有料キャンペーンの計測に影響します。そのため、広告主は計測ソリューションとレポートソリューションを組み合わせて使用する必要があります。 

アプリ間の有料キャンペーンの場合、決定論的アトリビューションを提供するために、SKAdNetworkが実装されています。オウンドメディア、Webとアプリ間などのその他のキャンペーンタイプ、およびApple Search Adsの場合は、AppsFlyerは従来の計測ツールを使用します。従来のツールは、長期的なLTV計測を提供しますが、SKAdNetworkはインストール後の最初の期間におけるユーザーパフォーマンスを計測します。 

要するに、全体像を得るにはSKAdNetworkとAppsFlyerの従来のソリューションがお互いを補完するため、両方を使用する必要があります。

この記事は、広告主にSKAdNetworkとATTについての概要を提供します。日頃からAppsFlyerプラットフォームをお使いいただいている広告主様を対象としています。関連記事:AppsFlyerステップバイステップガイド

SKAdNetworkソリューションの原則

AppsFlyerは、iOSからのSKAdNetworkポストバックを使用して集計されたアトリビューションを提供します。ポストバックには、広告主が設定したコンバージョン値(CV)によって強化された匿名化された計測記録が含まれます。CVはインストール後の初期期間中のユーザーの質を測る指標です。AppsFlyerのSKAdNetworkソリューションは、広告主に以下の機能を提供します。

  • SKAdNetwork管理画面は、コストなどの他のデータポイントを使用して強化された全てのアドネットワークからのポストバックを集約します。
  • アプリコードを変更することなく、CVが計測するものをコントロールすることができます。CVは収益、エンゲージメント、コンバージョンイベントのいずれかを計測するのに使用できます。

SKAdNetworkの制限

  • キャンペーン:例えば、Apple Search Ads、クロスプロモーション、Webアシストインストールなどをサポートしていません。
  • 計測期間:測定期間は数日間に制限されています。現状、AppsFlyerのデフォルト計測オプションは、インストール後の最初の24時間に制限されています。
  1. 広告主はプラットフォーム上でSKAdNetworkの計測設定をします。
  2. ユーザーがアプリを初回起動した後、プラットフォームは、広告主が設定した現在の設定内容を使用して、SDKにコンバージョン値の計算方法を指示します。
  3. 測定期間中に、SDKは測定可能なユーザーアクションごとにコンバージョン値を更新します。
  4. 最新のコンバージョン値が更新されてから24~48時間後に、iOSはポストバックをアドネットワークに送信します。
  5. アドネットワークは、AppsFlyerにポストバックを転送します。
  6. AppsFlyerは、コンバージョン値を検証およびデコードします。デコードされたデータは、次のとおりです。
    • データが管理画面、レポート、APIを介してAppsFlyer上で利用可能になる前に、記録および成果が測定されます。
    • アドネットワークにポストバックとして送信され、キャンペーン最適化が可能になります。

SKAdNetworkフロー

SKAdNetwork_-_flow.png

ATTの原則

ATTの同意画面は、広告主がユーザーデータを収集し共有するために、ユーザーの明示的な同意を得る方法です。iOS 14.5以降、ユーザーがATT同意画面を介して明示的に同意した場合のみIDFAが利用できます。

パブリッシャーと広告主アプリの両方で同意画面を表示できます。ユーザーが両方のアプリで同意した場合、ユーザーはトラッキングに同意し、広告主は異なる企業が所有するアプリ間でユーザーをトラッキングすることをAppleにより許可されたことを意味します。

ATTの設定

ATTは次の表に示すとおり、いずれかの1つの値が設定されます。最初は、iOSがATTを not determined(未定)または restricted(制限)設定します。

ユーザーを not determined から authorized に変換するための同意画面の表示は任意です。同意画面を表示しない場合は、認証を取得できません。

ATT値 同意
(IDFA利用可能) 
備考
Restricted いいえ
  • ユーザーの年齢や他の基準に基づいてAppleが判断します。デバイスユーザーは変更できません。
  • この同意画面はこれらのユーザーには表示されません。
Not determined (iOS 14.4まで)  はい

デフォルト値

Not determined

(iOS 14.5以降)

いいえ デフォルト値
Denied いいえ

次のいずれかが当てはまる場合に発生します。

  • 同意を求める表示が表示された後に設定された場合
  • ユーザーがAllow Apps to Request to Track(デバイスレベルでのマスタ設定)をオフにした場合
  • デバイスにiOS 14をインストールする前にLATがオンだった場合
Authorized はい 同意を求める表示が表示された後に設定された場合

ATTの影響

ATTにより、多くのユーザーが同意せず、IDFAが利用できないため、トラッキングは許可されません。結果的に、iOS 14.5までユーザーレベルの計測レポートを利用していた広告主様は、集計アトリビューションメソッドとレポートに一部の分析を移行する必要があります。AppsFlyerの計測モデルを参照してください。 

アプリの計測に関するデータは、多くのソースから取得されます。各ソースで利用でき、使用される識別子はそれぞれ異なります。多くのデータは従来の計測ツールを使用して表示されます。ただし、SKAdNetworkを使用したインストール計測は、SKAdNetwork管理画面を介してレポートされます。

どの管理画面でインストールが確認できますか?

iOS 14では、インストールは従来の管理画面とSKAdNetwork管理画面の両方に計測されます。さらに、メディアソースによっては、1 つの管理画面ではオーガニック、もう 1 つの管理画面では非オーガニックとして割り当てられます。

次の表をガイドとしてご利用ください。

 

[2020年5月5日] 表は更新中で、2020年5月7日に利用可能になります。

 

iOS 14 に関する重要事項

iOS 14とSKAdNetworkに関する記事とリンク
トピック 記事 関心:よくある質問、乖離、比較など
SKAdNetwork SKAdNetwork ソリューション
SKAdNetwork SKAdNetwork パートナー相互運用 (記事セクション) SKAdNetwork連携済みパートナー一覧
SKAdNetwork

FacebookとAppsFlyerのSKAdNetworkの連携 

 

SKAdNetwork SnapchatとAppsFlyerのSKAdNetwork相互運用 乖離ガイド
プライバシー 高プライバシー一括設定 (APP)
プライバシー 「Restricted」メディアソースについて Restrictedローデータ項目
iOS 14 プライバシーに関する詳細情報とApp Store審査に向けた準備  
iOS 14 アプリでのATT実装(ディベロッパー向けSDKガイド)  
iOS 14 セルフレポーティングネットワーク(SRN)について(Google、Facebook等) SRNのインストールはどこで確認できますか?
請求 iOSアプリの請求書  

アトリビューションと測定におけるiOS 14の影響

指標

ATTにより、ATTに同意しないユーザーの指標は、次のように影響を受ける可能性があります。

指標 増加 減少 備考
非オーガニック vs オーガニック オーガニック 非オーガニック  
リインストール vs インストール インストール リインストール  
リターゲティング オーガニックインストールとアプリ内イベント リエンゲージメント、リアトリビューション  
Apple Search Ads -- -- 変更なし。同意、非同意ユーザーの両方が正しく計測されます。

ディープリンク

プライバシー保護のために利用できない計測データを必要とする従来の方法である onConversionDataSuccess を使用するディファードディープリンクは、 iOS 14.5以降機能しない可能性があります。

 統合ディープリンク (UDL) の使用を推奨します。UDLは iOS 14.5以降のプライバシー基準を確認し、deep_link_valuedeep_link_sub1 という、ディープリンクとディファードディープリンクに関するパラメーターのみを返しますmedia_sourcecampaignaf_sub1-5 などの計測パラメーターは、null という値を返し、ディープリンクの目的では使用できません。詳細はこちら

iOS 14に関するアップデート

アップデート トピック リンク&詳細
2021-05-09 Facebook FacebookがiOSポストバックデータをAppsFlyerと共有するのを許可する
2021-04-21 キャンペーン管理API アナリティクスパートナー向けSKAdNetworkキャンペーン管理APIが利用可能
2021-04-21 iOS 14.5のリリース iOS 14.5のリリース日は2021年4月26日です。 
2021-04-04 パートナーからのポストバック パートナーは、ポストバックで app_id と ad_network_name をクエリパラメータ―として使用します。 
2021-31-03 パートナーからのポストバック iOSポストバックに忠実度(Fidelity)を追加しました
2021-31-03 高プライバシー一括設定 高プライバシー一括設定
2021-03-16 Is LAT iOS14でLATがどのように変換されるか
2021-03-16 SKAdNetwork パートナーリスト パートナーリストは毎週月曜に更新されます
2021-03-16 SDK SKAdNetwork収益計測を実装した場合、SDK V6.2.4以降を搭載する必要があります。
2021-02-17 SKAdNetwork機能
2021-01-25 連携 FacebookとAppsFlyerのSKAdNetwork連携
2020-12-23 集計レポート SKAdNetworkポストバック集計レポートAPI
2020-12-23 ローデータレポート Data Locker経由のSKAdNetworkローデータレポート
2020-10-07 ローデータ
2020-09-17 iOS 14 リリース SDK V6.X と SDK V5.4に関するガイド
2020-09-04 スタートガイド iOS 14スタートガイド:広告主向けAppsFlyerガイド
2020-09-04 SKAdNetwork管理画面 シミュレーション表示
2020-08-20 iOS SDK V6 ディベロッパー向け iOS SDK V6.X 実装ガイド
2020-08-11 サーバー間(S2S)API S2S APIでレポートされたイベントにIDFVとATTパラメーターを追加
2020-08-10  SKAdNetwork  AppsFlyerのSKAdNetworkソリューション (iOS 14)—IDFA無しでの計測
2020-08-10  SKAdNetwork SKAdNetwork のオーバービュー管理画面

よくある質問—iOS 14

V6.0以前のSDKを使用しているアプリではどうなりますか?

  • SKAdNetorkとApple Search adsは機能しません。
  • App Storeにアプリを提出すると、拒否されるでしょう。

ATT同意画面の表示は必須ですか?

いいえ。ユーザーをトラッキングしたい場合、IDFAを収集したい場合、またはその両方の場合のみ、ATTへの同意を依頼する必要があります。

よくある質問—SKAdNetwork

SKAdNetworkでは、アドネットワークごとに100個のキャンペーンIDのみ使用できるのですか?

はい。ただし、アドネットワークでは SKAdNetworkキャンペーン IDを自社のキャンペーン IDにマップし、SKAdNetwork ID を複数のアドネットワーク ID にマッピングすることで、SKAdNetwork ID を時間の経過とともに再利用することができます。

SKAdNetworkローデータのユースケースは?

  • 集計APIで利用できないディメンションを集約するためにローデータを使用してください。
  • 既存のローデータインポートプロセスを簡単に調整して、SKAdNetworkローデータを取り込んでください。
この記事は役に立ちましたか?