ピープルベースドアトリビューション(PBA)のオンボーディングガイド

概要:PBA設定のチェックリストです。

関連記事:PBA入門PBAブランドバンドル

PBA の設定

PBAの設定は、ここで説明しているいくつかのアクション項目で構成されています。以下の表もご参照ください。

  • ブランドのデジタル資産を一つの "ブランドバンドル" にグループ化します。
  • WebサイトにWeb SDKを、アプリにはモバイルSDKを実装します。
  • AppsFlyerがデータを収集し計測します。
    • データはいくつかの異なるメディアソースから収集されます。
    • 記録されたデータはタッチポイントとイベントに分類されます。
    • イベントは、過去30日間に発生したダイレクト (direct) 以外の最後のWebサイト訪問に紐づきます。
    • 広告主側で一部のイベントをコンバージョンイベントとして設定します。例)購入イベント等。コンバージョンイベントは、管理画面上で分析できます。
    • ローデータは、独自のデータ分析をするために使用できます。
  • カスタマージャーニーを分析してキャンペーンを最適化します。

PBAの設定ステップ

セットアップに必要なアクション項目について、次の表にて詳しく説明しています。このスプレッドシートをダウンロードして、進捗状況を記録します。

ベストプラクティスCUID (顧客ユーザーID) をアプリ内とWebサイトで実装してください。AppsFlyerは、ユーザー登録またはログイン時にCUIDを受け取ります。

PBA設定のチェックリスト
  担当者 アクション 備考

 1

AppsFlyerAdmin_us-en.png広告主

  • 分析とレポートはブランド内で集計されます。

 2

 ウェブマスター 
  • WebサイトからWeb SDKをインストールする。
  • Web SDK を次のように設定する:
  • SDKが訪問とイベントを計測。
  • 実装は、Google Tag Manager (GTM)、Adobe、Tealiumを通じて完全にサポートされています。
  • 必須:ユーザー登録またはログインの直後に SetCusotmerUserID() を呼び出してください。CUIDがない場合、代替案について担当CSMまでご相談ください。

3

広告主

ウェブマスターは、SDKテストツールを使用してSDKの次の設定を確認しましたか?

  • 訪問の計測
  • イベントの計測
  • CUIDの設定

このステップが完了するまで、次の工程に進まないでください!

ディベロッパー&広告主

[オプション] Web server-to-server API

自動サブスクリプション更新などのWebに関するイベントをレポートします。

5

AppsFlyerAdmin_us-en.png広告主

  • 実行する前に、デイリー*処理が完了するまでお待ちください。

 6

広告主

管理画面を使用し始めます。

 7

AppsFlyerAdmin_us-en.png広告主 Data Lockerの設定

タッチポイント、標準とコンバージョンイベントを含むPBAローデータレポート、およびWebアシストインストールとコンバージョン経路を含む専用レポート

8

広告主

[オプション]
ローデータを利用し始めます。

データは、デイリー*処理の後に利用できます。

* 処理のため、データはイベント当日のUTC深夜から10時間後に利用できるようになります。つまり、月曜日のイベントは火曜日のUTC10:00に利用できます。

SDK/APIを介したPBAデータ収集

PBAデータ収集方法
  Webプラットフォーム モバイル(アプリ)プラットフォーム
SDK 

ウェブ

  • WebサイトにインストールされているJavaScriptタグのSDK
  • Webサイト訪問、Webイベントを計測

モバイル

  • iOS、Android、Unity等に実装されたアプリ用SDK
  • アプリ内で発生するアプリインストール、ユーザーアクションを計測
Server-to-server API

Web S2S 

  • バックエンドサーバー(Webではない)で発生するイベントを計測
  • 例)サブスクリプション更新

 モバイルS2S

  • バックエンドサーバー(アプリではない)で発生するイベントを計測
  • 例)サブスクリプション更新

 

この記事は役に立ちましたか?