ATTの影響(iOS 14以降)とLATの非推奨

概要:iOS 14以降、iOSはATTを使用してユーザーのプライバシー設定を決定するため、追跡型広告の制限(LAT)は非推奨となります。

ATT値

  • iOS 14以降:AppleのATTrackingManager (ATT) がアプリ計測の承認に関するステータス値を提供します。
  • AppsFlyerは、以下からATTを取得します。
    • アプリに実装されているV6以降のAppsFlyer SDK
    • 広告主からのAPI経由。例えば、S2S APIなど。
  • ATT値はローデータレポート内で確認できます。そのためには、次のように明示的にリクエストする必要があります。
    • Pull API:Pull APIリクエスト内の「additional_」項目のパラメーターにATTを追加してください。 
    • データエクスポート:レポート項目のタブで明示的にATTを選択してください。
    • Data Locker:Data Locker設定ページで、明示的に ATT を項目リストに追加してください。
    • Push API:APIアクセスページで、明示的に ATT を項目リストに追加してください。 
  • 場合によっては、AppsFlyerが定義した値がATTに入力されることがあります。これらは、次の表で接頭辞 af によって示されています。
  • IDFAが使用できない場合は、0が入力されます。
ATTのステータス 備考 IDFAの可用性 動作
not_determined Appleが指定

iOS 14.4まで:利用可能

iOS 14.5以降:利用不可

 

 

ATTデフォルト値

restricted Appleが指定 利用不可 これは、iTunesアカウントに基づいてAppleによって決定され、ユーザーの行動とは関係ありません。例えば、ユーザーの年齢に基づいている場合などです。
denied Appleが指定 利用不可

次のいずれかが当てはまる場合に発生します。

  • 同意を求める表示が表示された後に設定された場合
  • ユーザーがAllow Apps to Request to Track(デバイスレベルでのマスタ設定)をオフにした場合
  • デバイスにiOS 14をインストールする前にLATがオンだった場合
authorized Appleが指定 利用可能 ユーザーが明示的に同意しました
af_unknown 

ATT値は広告主によりレポートされましたが、ATTrackingManager の仕様では既知の値ではありません

iOSバージョンによります

 

af_authorized

以下のいずれかの理由でIDFAの使用が許可されています。

  • デバイスのiOSバージョンがiOS 14以前である。
  • レポートされたイベントがATTではなくIDFAを含んでいる。例)iOS 14を搭載したデバイス上でSDK V5.Xを実装したアプリの場合。

利用可能

 

af_unavailable
  • イベントに紐づくATTが広告主によってレポートされず、IDFAは利用できません。
  • AppsFlyer SDKのバージョンV5.XはATTを取得できず、かつIDFAを取得してない場合
利用不可  

iOSでの「Is LAT」—考慮事項とiOS 14でLATがどのようにATTへ変換されるか

iOS バージョン Is LATの使用
iOS 13以前

IsLatTrue_us-en.png

 

「true」の場合、ユーザーが追跡型広告の制限(LAT)を有効にしており、IDFAが利用できません。

iOS 14以降 Appleが Is LAT を非推奨にしました。Is LAT の値を無視し、代わりにATTを使用してください。

iOS14でLATがATTにどのように変換されるか

LATtoiOS14.5.png

この記事は役に立ちましたか?