インクリメンタリティのテスト運用

概要:インクリメンタリティのテストを実行して、リマーケティング(リターゲティング)キャンペーンの増分分析を実施しましょう。

Incrementality_-_flow_us-en.png

関連記事 | インクリメンタリティガイド

インクリメンタリティテストのチェックリスト

次のチェックリストを使用して、テストの設定を行ってください。

# 説明
01

テストの目的を定義

仮説を立て計測したいKPIを決定してください。

02

オーディエンスをテストとコントロールグループに分割

オーディエンスページにて:

  • オーディエンスを設定してください
  • アドネットワークに連携してください
  • テストとコントロールグループに分割してください
  • ユーザーがアドネットワークに送信されます

テスト中は、オーディエンス設定を変更しないでください。パートナーやオーディエンス名、その他の設定を変更すると、統計分析が無効になります。

03

テストを開始

アドネットワークにて:

  • オーディエンスをキャンペーンに接続してください
  • キャンペーンを開始してください

アドネットワークに送信されたテストグループには、広告が表示されます。コントロールグループには広告は表示されません。

04

テスト結果の分析

テスト結果には、各グループの増分値が表示されます。

05

テスト結果に基づいたアクション

結果に基づいて:

  • テスト内容を調節し再度テストするか、
  • キャンペーンを最適化してください

仮説の形成

インクリメンタリティのテストには仮設が必要です。これらの変数をガイドとして使用してください。

変数 詳細とベストプラクティス
仮説 この表の情報に基づいて形成してください
オーディエンス オーディエンスを説明してください
オーディエンスのサイズ

最小でも30,000人以上のユーザーを持つオーディエンスを利用し、1~3社のアドネットワーク間でそれらを分割してください。

ベストプラクティス:大規模なユーザーベースとコンバージョン率の高いキャンペーンを見つけましょう。大規模な統計的ベースがテストを成功に導きます。

キャンペーン キャンペーンを説明してください
コントロールグループ% ベストプラクティス:15%以上
テストグループ(接触者)

ベストプラクティス:1~3社のネットワークを使用してください

テストグループはパーセンテージで割り当てられます。テストグループを割り当てるアドネットワークを決定してください。

 仮説の例

 
変数 詳細
仮説 リマーケティングキャンペーンに接触し購入イベントを実行するユーザーの割合は、コントロールグループのユーザーよりも、テストグループのユーザーのほうが大幅に高くなる。
オーディエンス 登録を完了したが、購入をしていないユーザー。
オーディエンスのサイズ 100,000
キャンペーン 指定した期間中に購入を行ったユーザーに割引クーポンを提供するキャンペーン。
コントロールグループ% 15% 
テストグループ(接触者) テストグループをネットワークAとネットワークBに送信

オーディエンスを追加してテストを開始

テストは3週間以上実行することをお勧めします。そうすることで、アプリ内イベントや収益などの継続的なユーザーコンバージョンをテストに含めることができます。


1. オーディエンスの定義

次の手順を完了すると、インクリメンタリティツールは計測値を記録し始めます。

  1. オーディエンス画面を開き、オーディエンスを追加してください。
  2. オーディエンスの連携タブにて:
    • オーディエンスを1~3社のアドネットワークパートナーに連携してください。
    • オーディエンス分割を有効にします。
    • コントロールグループのサイズを設定してください。15%以上に設定することを推奨しています。

2. アドネットワークでキャンペーンの設定

  • オーディエンスが分割された日に、アドネットワークでキャンペーンを設定します。
  • 注!AppsFlyerのオーディエンスからアップロードされたユーザーのみをターゲットにキャンペーンを実施してください。他のユーザーは含めないでください。


3. Incrementality管理画面を使用

Incrementality管理画面にてテスト結果を確認してください(毎日更新)。

この記事は役に立ちましたか?