SKAdNetworkカスタムコンバージョン値のデコード

概要:AppsFlyerは、広告主が設定したコンバージョン値をデコードしてイベントに変換します。これらイベントは、SKAdNetwork管理画面、ローデータ、パートナーへのポストバックを入力する際に使用されます。

SKAdNetwork_-_Custom__1_.png

SKAdNetworkカスタムコンバージョン値のデコード

ユーザーインターフェイス上で利用できるAppsFlyer SKAdNetwork計測オプションの代わりに、コンバージョン値のデコードソリューションを使用できます。カスタムコンバージョンのデコードを使用する場合、アプリのロジックに従って updateConversionValue を設定する必要があります。

アプリ内でコンバージョン値を設定する以外の部分(計測フロー、機能、レポーティングオプションなど)は、SKAdNetworkソリューションガイドに記載されている手順と同じです。つまり、計測期間(広告主が設定可)が終了した時点で、iOSはアドネットワークにポストバックを送信し、アドネットワークがAppsFlyerに転送します。SDKで設定されたデコード済みのコンバージョン値と同様に、AppsFlyerはマッピングに従って、コンバージョン値をイベントにデコードします。

カスタムコンバージョン値—デコード

カスタムコンバージョン値を実装するには、コンバージョン値のマッピングを含むCSVファイルをAppsFlyerプラットフォームにアップロードする必要があります。

デコードマッピングの原則

  • コンバージョン値1~63のデコードマッピングを設定してください。値の範囲全てをマッピングする必要はありません。例えば、1、2、10、43の値のみをマッピングします。
  • コンバージョン値0は常にインストールにマッピングされ、変更できません。
  • マッピング表は、CSV形式でAppsFlyerにアップロードしてください。必要に応じて、更新されたマッピング表をアップロードできます。
  • iOSからポストバックを受信すると、例に示すように、コンバージョン値はイベントにデコードされます。
  • インストール時刻は、ポストバックをもとに導き出されます。イベントはインストール時刻と同じ時刻になります。
  • スキーマの準備方法を最もよく理解するために、次のマッピングシナリオを確認してください。

デコードのマッピング—シナリオの例

特記事項:

  • コンバージョン値の範囲:1-63
  • コンバージョン値は、1つ以上の指定したアプリ内イベントにマッピングされます。アプリ内イベントにはオプションのパラメーターがあります。
  • 例として分かりやすいように、インストール日が2月1日 08:00であると仮定します。
  • 次の表は、デコードマッピング表の例です。構造は、必要なCSVファイルの構造に似ています。次の表は、デコード処理の結果として生成されたイベントを示しています。
  • マッピングに関わらず、インストールイベントは常に生成されます。
コンバー
ジョン値
イベント
イベント
event_revenue
_usd
scale イベント
カウント
インストール
後経過時間
1 af_purchase {abc} 2   1 24
2 af_purchase {def} 3   3 24
21 event_a       1 24
21 event_b       3 24
21 event_c {xyz}     2 24
21 event_d       1 24
21 event_e       1 24
21 event_f       1 24
21 event_g       1 24
62 af_purchase {fgh) 5   2 36
62 event_a {klm}     3 72
例:デコードマッピング
例A:コンバージョン値 1
event_name revenue event_value
install    
af_purchase 2 {abc}
例 B:コンバージョン値 2
event_name revenue event_value
install    
af_purchase 3 {def}
af_purchase 3 {def}
af_purchase 3 {def}
例 C:コンバージョン値 21
event_name revenue event_value
install    
event_a    
event_b    
event_b    
event_b    
event_c   {xyz}
event_c   {xyz}
event_d    
event_e    
event_f    
event_g    
例 D:コンバージョン値 62
event_name revenue event_value
install    
af_purchase 5 {fgh}
af_purchase 5 {fgh}
event_a   {klm}
event_a   {klm}
event_a   {klm}

収益範囲と外貨のあるシナリオ

  • 特定のコンバージョン値(CV)では、収益をUSDで $0-$10,000 に設定してください。
  • CVに関連する収益は固定されます。
  • アプリで、ディベロッパーが最新の累積購入額をUSDでCVを設定します。つまり、各トランザクションに対して現地通貨からUSDに換算することを意味します。
  • 次の図の表には、1~4のCSVマッピングの例と、それに関する合計(各CVの累積購入収益)とユーザージャーニーが含まれています。
  • ユーザーは、ユーロで異なる金額でそれぞれ5回の購入を行います。これらはUSDに変換され、累積合計で表示されます。
  • CVは累積値を使用して設定されます。この例では、累積購買収益は切り上げられます。

mceclip0.png

CSVファイルのデコードに関する仕様

コンバージョン値は1つまたは複数のアプリ内イベントにマッピングされます。

ファイルに関するルール:

  • 形式:CSVファイル
  • 最大行数:640行+ヘッダー行;合計641行まで
  • ヘッダー行には、ここで示すとおりの列名を記載する必要があります。[ベストプラクティス] 添付されているサンプルファイルをテンプレートとして使用してください。デコードサンプルCSVファイル。
  • 列の最初の文字に次の文字を使用しないでください:=+-@ (編集済み)。
デコードスキーマ
カラム  必須な値 コンテンツ 詳細
conversion_value はい 整数値 1–63

同じコンバージョン値を複数回リストすることができます。詳細は、例を参照してください。

event_name はい 文字列

アプリ内イベントです。AppsFlyerにすでに存在するイベントである必要はありません。

[ベストプラクティス]:収益に関するイベント名は、af_skad_revenue です。

event_value いいえ 文字列  
event_revenue_usd いいえ 整数型、フローティング

USDでの収益額。

イベントに収益が紐づいていない場合は、0ではなく空白になります。

注意!Excel を使用してファイルを生成する場合は、保存する前に、列形式を通貨ではなくカンマに変更して、CSVファイルに$記号が埋め込まれないようにします。 

scale いいえ 空のままにします 今後のために用意されている項目です。空のままにしておいてください。
event_counter はい 整数型

デコード時にイベントが複製された回数。通常、これはユーザーが特定のアクションを実行した回数を示しています。最小値は1です。

例:ユーザーが特定のイベントを5回実行した場合、5つのイベントが生成されます。

考慮事項:収益を送信する場合、レポートされたUSDの金額は発生回数に応じて複製されます。例を参照してください。

hours_from_install はい Integer

インストールから経過した時間。AppsFlyerは、これを用いてインストール時刻を次のように導き出し設定します:インストール日 = ポストバックのタイムスタンプ - (インストールからの最大時間 + 48時間)。イベント時刻はインストール時刻と同じになります。

コンバージョン値スキーマファイルのアップロード

はじめに:

コンバージョン値のスキーマCSVファイルを準備します。

カスタム計測を使用したSKAdNetwork計測を有効にする方法:

  1. AppsFlyerで、設定 > SKAdNetwork設定を開きます。
  2. カスタム計測を選択します。
  3. 次のいずれかを実行してください:
    • ファイルをドラッグ&ドロップします。
    • 更新済みのマッピングファイルをアップロードします。
  4. 画面の指示に従ってファイルをアップロードしてください。
  5. SKAdNetwork計測をオンにします。
  6. 変更を保存 をクリックします。
    注:アップロード後48時間は、管理画面のデータは正しくない可能性があります。iOSタイマーの問題により、この期間はデコードマッピングが使用されているエンコードマッピングと一致するかが不明なためです。
  7. ポストバックを正しく受信できるように、アプリ内イベントがパートナーが使用するアプリ内イベントにマッピングされていることを確認してください。

CSVファイルのアップロードエラーに関するトラブルシューティング

Excelを使用して event_revenue_usd 列を書式設定する

Excel/Googleシートを使用してCSVファイルを作成する場合は、CSVファイルを保存する前に、event_revenue_usd 列を正しくフォーマットする必要があります。

CSVファイルを保存した後、コンテンツが正しくフォーマットされていることを確認してください。:確認の際にはExcelを使用せず、各種エディタを使用してください。

event_revenue_usd をExcelでフォーマットする

図に示すように、Excelでは通常、値のセルをコンマでフォーマットして千の値を区切ります。この形式は、CSVのアップロードファイルには適していません。また、$記号を削除する必要があります。

mceclip0.png

Excelでセルをフォーマットすることで修正できます。

1000の区切り記号、または$記号なしで金額をフォーマットする方法:

  1. フォーマットするセルを選択してください。
  2. 右クリックして、セルの書式設定を選択してください。
    セルの書式設定の画面が開きます。
  3. 数値を選択してください。

    Formatnumbers.png

  1. 1000の区切り記号を使用 (,) をオフにしてください。
  2. (任意) 小数点以下の桁数を設定してください。デフォルトは2です。許可される最大値は5です。 
  3. OKをクリックします。
    セルは正しくフォーマットされています。

Excelを使用しない場合のCSVファイルのチェック

CSVファイルの内容を調べるには、エディターを使用してファイルを表示してください。

  • Windows: Notepad / Notepad++
  • macOS: テキストエディット

以下は、エディターに表示されたCSVファイルのサンプルのスクリーンショットです。 

エディター画面

mceclip2.png

エディターを使用して、CSVファイルを検査してください。特に、次の点に注意してください。

  • 空白スペース:フィールドを区切るコンマの前後に、空白スペースがないことを確認してください。Excelでは、@trimのコマンドを使用して空白スペースを削除してください。
  • event_revenue_usd:event_revenue_usd 列に、カンマや$記号が含まれていないことを確認してください。

    mceclip1.png

Excelで作成されたCSVファイルには、区切り文字としてのコンマがありません

Excelでは、カンマではなくセミコロン";"などの文字を区切り文字にしてCSVファイルを作成します:

  • これは、使用しているコンピューターの地域設定が英語以外の言語/地域に設定されている場合に発生します。
  • この問題は、地域設定でドイツ語が選択されている場合に特によく見られます。
  • 解決策は、お使いのコンピューターのオペレーティングシステム(macOSまたはWindows)によって異なります。
  • この問題を解決するには、 Microsoftまたはその他のフォーラムからの最新のガイダンスを検索してください。次の用語を検索に使用してください: Operating system (macOS or Windows) Excel change delimiter for CSV files.
この記事は役に立ちましたか?