お知らせ:Apple Search Adsとの連携について

iOS14_updates.png

新機能

Apple Search Adsの連携と計測ルールの変更(iOS 14.3以降)

 

 以下のアクションを実行してください!

一部の変更内容に伴い、広告主様側の作業が必要です。

Apple Search Adsをサポートするために必要なフレームワークが含まれている最新バージョンのAppsFlyer iOS SDK V6.X (6.1.3+) を採用してください。以前のバージョンには、必要なフレームワークが含まれておりません。

更新日

2021年1月6日

発効日
(予定)
  • 2021年2月15日
  • 最終的な発効日を含むこの変更に関する重要なお知らせを受け取るには、この記事のヘッダー部分にある Follow ボタンをクリックしてください。
対象機能 Apple Search Ads(ASA)では、インストール計測、キャンペーン項目の入力、代理店およびASAマーケティングパートナーの計測に必要な設定に影響を与える多くの変更を実施しています。

 

変更点

ATTに基づく計測ルール

これまでは、IDFAの無いASA経由のインストールはオーガニックインストールと計測されていました。iOS 14以降、ATTrackingManager (ATT) がIDFAの可用性を制御します。つまり、次のようにインストールが計測されます:

ATT値

IDFAが利用可能

クリック時刻が利用可能

クリックルックバック期間

備考

認可

はい

はい

広告主が設定

AppsFlyerのラストクリック計測ルールが適用される

その他の全ての値

いいえ

いいえ

30日間
(ASAが設定)

クリック時刻は提供されず、決定論的な計測が優先される

代理店とマーケティングパートナーの特定

[ 以下は単に情報提供を目的としており、お客様側でのアクションは必要ありません ]

代理店とマーケティングパートナーを特定するために使用されていたASAの Campaign Group Name 項目は、Campaign Group ID に置き換えられます。

  • 既存の代理店とマーケティングパートナーの連携を変更する必要はありません。この変更点は、AppsFlyer側で自動的に処理されます。
  • これらのASAの変更点の発行日以降に連携を追加した場合は、新しい Campaign Group ID 項目を使用して設定を行ってください。

    CampaignGroups_us-en.png

Network account ID

今後、network_account_id (ローデータで利用可能) には、ASAによって提供されるorg-id が入力されます。これまでは、この項目には org-name が入力されていました。org-id が利用できない場合は、利用できる場合に限り引き続き org-name を入力します。 

廃止される項目

キャンペーン名とその他の識別子の可用性

今後、一部の項目は利用できなくなります。
AppsFlyerでは、既存のASA APIを利用して、データの充実に最善を尽くしてまいります。競合が発生した場合は、iOS14.3以降で利用可能なAdServices APIが優先されます。

項目

今後利用できるか?

Campaign

いいえ

Campaign ID

はい

Adset

いいえ

Adset ID

はい

広告

いいえ

Ad ID

はい

Keywords

いいえ

Keyword ID

はい

 

90.jpg AppsFlyerからのお知らせ一覧

この記事は役に立ちましたか?

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。