Audiencesのユーザー識別子に関するポリシー

概要:Audiencesでパートナーと共有するデータをアカウントレベルで管理できるユーザー識別子ポリシーを設定しましょう。

About

オーディエンスを定義すると、AppsFlyerのAudiencesが、選択されたオーディエンスに含まれるユーザーの識別子を指定の広告パートナーへ送信します。これにより、これらのユーザーのみに広告を配信できるようになります。

iOS 14.5のプライバシー要件やその他のユーザープライバシー規定に準拠できるように、Audiencesでは、どの識別子をパートナーと共有するか設定することが可能です。この設定は、次のレベルで設定できます。

  • アカウントレベル
  • パートナー連携レベル

この記事では、アカウントレベルでユーザー識別子ポリシーを管理する手順について説明します。パートナー連携レベルでの識別子の共有内容を管理する手順については、オーディエンスガイドの連携の管理セクションを参照してください。

ユーザー識別子

このセクションでは、パートナーと共有できる識別子について説明します。

共有識別子

デフォルトでは、Audiencesは次の識別子をパートナーと共有します。

  • iOS:IDFA(iOS 14.5以上では、ユーザーがこの識別子の共有を許可した場合のみ利用できます)
  • Android: GAID

一部の広告パートナーは次の識別子もサポートしています:

  • メールアドレス(ハッシュ済み)
  • 電話番号(ハッシュ済み)
  • OAIDとIMEI(Google Play以外のAndroidストアのみ)

その他の識別子は、自社の内部プロセス(CRMやアナリティクス)に有効な場合があります。

  • CUID
  • IDFV(iOSのみ)

詳細(AppsFlyerにおける特定の識別子の使用を含む)については、次の識別子の表を参照してください。

識別子テーブル

識別情報 OS デフォルトで共有されるか?

使用要件 /


IDFA iOS 注記を参照
(右)
デフォルトでは、ATTステータス:承認済みまたは未決定のユーザーのみが共有されます。
GAID Android Y なし
OAID Android
(Google Play以外のストア)
N AppsFlyer SDKで設定する必要があります
IMEI Android
(Google Play以外のストア)
N AppsFlyer SDKで設定する必要があります
CUID iOS
Android
N
IDFV iOS N
  • 広告パートナーと共有されませんが、社内プロセスに役立つ可能性があります
  • 追加の識別子利用規約への同意が必要です
メールアドレス(ハッシュ済み) iOS
Android
N
電話番号(ハッシュ済み) iOS
Android
N

アカウントレベルのユーザー識別子ポリシーの設定

ユーザー識別子ポリシーは、管理者ユーザーのみが設定できます。

ポリシーを設定または変更するには、次の手順に従ってください。

  1. AppsFlyerのサイドメニューから、エンゲージ>オーディエンスを選択します。
  2. 右上隅にある設定 (歯車) アイコンをクリックします。
  3. ユーザー識別子ポリシーの画面にて、自社のプライバシーポシリーに準拠する設定を選択してください。
    • IDFA、GAID、OAID、IMEI 以外の識別子の共有を許可する選択をした場合は、まずAdditional Identifiers Terms of Use(追加識別子の利用規約)を確認し同意する必要があります。
    • 既存のパートナー接続によってアップロードされる識別子を禁止することを選択した場合、これらの識別子のアップロードを停止するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  4. [保存] をクリックします。

IDFA ポリシーへの変更は、Apple の iOS 14.5 のリリースから有効になります。ユーザー識別子ポリシーに対する他のすべての変更は、パートナーへの次のアップロードから有効になります。

プライバシーに関する規制

このセクションでは、ユーザー識別子の共有方法に影響を与えるプライバシー規制について説明します。

iOS

バージョン14.5以降、iOSでは、広告目的(App Tracking Transparency)でのIDFAデバイス識別子の共有を許可/禁止するオプションを全てのアプリでユーザーに提供する必要があります。このオプション(ATT同意ダイアログ)をユーザーが見て応答したかどうかで、ATTステータスが決まります。

iOSで識別子を共有するためのオーディエンスポリシーオプションは、ユーザーの最新のATT ステータスに基づきます。共有オプションは次のとおりです:

ユーザーのポリシーオプション 対応するATTステータス

アップロードしない

この識別子はパートナーにアップロードされません

ATTステータス:authorized のみ

最新のATTステータスが authorized、または af_authorized の場合、識別子がアップロードされます

ATTステータス:authorized、またはnot determined


最新のATTステータスが authorizedaf_authorizednot_determined、または af_unavailable の場合、識別子がアップロードされます

Apple の iOS 14.5 のリリース以降、IDFA でデフォルトのオプションです

常にアップロード

ATTステータスに関わらず識別子がアップロードされます。アプリの利用規約に準拠しているか確認してください。

IDFAでは利用できません

:Audiencesでは、新規ユーザーがATT同意ダイアログを確認し応答するまで、彼らのATTステータスを not determined (未決定) と見なします。

ATTステータスの定義に関しては、以下を参照してください。

また、欧州経済領域(EEA)のすべてのユーザーは、Googleによる デジタルマーケティング法(DMA)の施行の対象となります。

Android

欧州経済領域(EEA)の Androidユーザーは、Googleによる デジタルマーケティング法(DMA)の施行の対象となります。

EUデジタルマーケティング法

2024年3月6日に Googleがデジタルマーケティング法(DMA)を施行する一環として、GoogleはEUユーザーの同意ポリシーを更新しています。 AppsFlyerは、Googleの公式App Attribution Partnerとして、広告主がGoogle Adsのマーケティングチャネルから最大限の価値を得られるようにしながら、Googleのポリシー要件をサポートするために必要な変更を加えています。詳細はこちら

この変更によるオーディエンスへの影響は次のとおりです:

  • 新しいAppsFlyer SDK
    最新のAppsFlyer SDKは、 欧州経済領域(EEA)および英国のユーザーのアプリ所有者からユーザーの同意を収集し、そのデータをGoogleと共有できるようにします。 AppsFlyerで作成されたオーディエンス(カスタムオーディエンスや推奨オーディエンスなど)の場合、SDKから収集された同意情報は自動的にオーディエンスと共有され、その後Googleと共有されます。 最新のSDKへアップデートするととで、このプロセスが自動的に行われます。
  • Googleに接続しているオーディエンス
    • 同意の付与 - AppsFlyerは、Googleとの情報共有に同意したEEAおよび英国のユーザーのデバイスを送付します。
    • 同意拒否 - AppsFlyerは、Googleとの情報共有に同意したEEAおよび英国のユーザーのデバイスを送信しません。
    • 同意不明 - AppsFlyerは、同意の付与も拒否もしていないEEAおよび英国のユーザーのデバイスを「未指定」として送信します。 これらのオーディエンスに関しては、Google側のオーディエンスに含めることを受け入れないでしょう。

      詳細については、GoogleのFAQを参照してください。
  • 既存のオーディエンス
    2024年3月6日より前にすでに Google のオーディエンスに含まれていたすべてのデバイスは影響を受けず、引き続きオーディエンスの一部となります。 新しいオーディエンス、または既存のオーディエンスに追加された新しい EEA と英国のデバイスのみが、同意を得て Google にアップロードされます。
  • オーディエンスのアップロードサイズ
    オーディエンスの推定アップロードサイズと実際のアップロードサイズは、同意を付与または拒否するユーザーの数によって影響を受ける可能性があります。
  • オーディエンスのインポート

    • 標準オーディエンスのインポート - AppsFlyerは、AppsFlyer SDKから収集した同意データを追加し、同意されていないデバイスや不特定のデバイスをオーディエンスから削除してからGoogleに送信します。
    • 「as is (そのまま)」のオーディエンスをインポート する - CSV または APIを使用して「as is(そのまま)」のオーディエンスをインポートする場合は、2つの同意フィールドを追加する必要があります。それらのフィールドは次のとおりです:
AppsFlyerの項目 (1) Googleの項目 (2) 項目の説明
ad_personalization_enabled ad_personalization true/false ユーザーは、自分のデータをパーソナライズ広告に使用することに同意したかどうか
ad_user_data_enabled ad_user_data true/false ユーザーはユーザーデータを Googleに送信することに同意したかどうか

同意欄に値が入力されていない場合は、「未指定」として Google に送信されます。

注意

Google によるデジタルマーケティング法(DMA)の施行は、Android と iOS の両方のプラットフォームに適用されます。