お知らせ:確率論的モデリングによるリターゲティング計測

新機能

確立論的モデリングによるリターゲティングエンゲージメント計測
発効日 2021年2月8日

変更点

Information_icon.png

これまでは、ユーザーの広告閲覧やリターゲティングリンクのクリックがきっかけで発生したリエンゲージメントを計測するには、リターゲティング計測リンクにGAIDやIDFA、OAIDのような広告IDが含まれていることが必須でした。

発効日以降、リターゲティング広告のリエンゲージメントの計測は、インストール計測と同様に、確率論的モデリングを使用して計測されます。

リターゲティングの確率論的モデリングに関するルックバック期間は、オペレーティングシステムやWi-Fiの利用状況などを考慮して、AppsFlyerによって動的に設定されます。

この変更により、リターゲティングコンバージョンの計測値が増加する可能性があります。

これまでと変わらない点

ディープリンクとSRNのリターゲティング広告に関しては、特に必要なアクションはありません。

必要なアクション

サーバー間 (S2S) クリック:サーバー間 (S2S)クリックを使用してクリックデータを送信している広告主様、またはアドネットワーク様は、必要な確率論的モデリングのパラメーターが含まれているかご確認ください。

 

90.jpg AppsFlyerからのお知らせ一覧

この記事は役に立ちましたか?