SKAdNetwork (SKAN) とMeta広告の相互運用

概要:相互運用性により、Meta広告はデコードされたSKANデータをAppsFlyerと共有し、AppsFlyerはCV計測ビット(マッピング)をMeta広告と共有できます。

SKANの相互運用性: AppsFlyer <-> Meta 広告

複数のアドネットワークパートナーと連携している場合は、AppsFlyerで設定することをお勧めします。これにより、コストデータ等の他の指標によって強化されたSKANパフォーマンス指標が、AppsFlyerのプラットフォームで利用できるようになります。

関連記事:AppsFlyer SKAdNetworkソリューションガイド

SKANとMeta広告の相互運用性の範囲

Meta広告との相互運用により、次のことが可能になります:

  • AppsFlyer広告とMeta広告はSKANコンバージョン値(CV)スキーマを共有しているため、どちらも掲載結果の指標を提供できます。
  • AppsFlyerは、キャンペーンの最適化を可能にするすべてのMeta広告キャンペーンの目的をサポートしています。
    • モバイルアプリインストール(MAI)
    • モバイルアプリエンゲージメント(MAE)
    • バリューへの最適化(VO)
  • SKAN連携が有効にすると、次のことが起こります:
    • Facebook SDKはSKAN CVの更新を停止します (kill switch)
    • AppsFlyer SDKはCVを更新します。
    • Meta広告は、SKANダッシュボードと集計レポートに含めるためにSKANポストバックデータを共有します。

その他の検討事項:

  • SKANパートナー連携を有効にしない場合、SKANダッシュボードでは、Meta広告によるインストールがオーガニックインストールとしてカウントされます。
  • AppsFlyer計測では(オーバービュー管理画面):
    • Meta広告によってもたらされたATT許諾ユーザーのインストールは正しく紐付けられます。
    • オプトアウトユーザーのインストールはオーガニックとして計測されます。 
  • SRNレポーティングにおける iOS 14.5の影響
  • Meta広告とのMMP連携では、常に 広告主トラッキング有効 フラグが実装されます。(この情報は、2021年2月のMeta広告アプリガイダンスiOS 14チェックリストに従って提供されています)。

注意事項

  • 相互運用の連携を一度設定すれば、計測設定を変更するたびにこの記事のMMP連携手順を繰り返す必要はありません。つまり、MMPコネクションURLを再度コピーする必要はありません。 
  • AppsFlyerでは、SKAN測定をオフにすると、Meta広告でコンバージョン値マッピングを取得できなくなります。
  • AppsFlyer SDK と Facebook SDK: Facebook SDKは、Meta広告のみを使用してキャンペーンを実施する場合に適しています。複数のパートナーとキャンペーンを行っている場合、AppsFlyer SDKを使用することで、すべてのパートナーのデータを見ることができます。
  • この記事の乖離セクションをご覧ください。

Meta広告アプリインストール広告のガイダンス

Meta広告iOS 14アプリのインストールキャンペーンを設定する際は、次の Meta広告のガイダンスにご留意ください。

  • アプリごとに最大9個のキャンペーン、それぞれ5つの広告セットが許可されています。広告主は、この9つのアプリキャンペーンを、アプリIDごとに9つの広告アカウントで実施することができます。
  • iOS 14キャンペーン用の別のアカウントは不要です。既存のアカウントからiOS 14キャンペーンを運用できます。
  • Meta広告の最適化方法とAppsFlyerで選択した測定タイプには、次のような関係があります:
    • 収益計測:VO / AEO 
    • コンバージョン測定: AEO - Meta広告の標準イベントと購入イベントが含まれます。AppsFlyerのアプリイベントを、関連するMeta広告イベントにマッピングする必要があります。

相互運用の手順

次の手順を実行して、相互運用を有効にしてください。

アプリインストール計測の場合:

Meta広告がSKANデータをAppsFlyerと共有できるようにする

Meta広告がSKANデータをAppsFlyerと共有できるようにします。そうしないと、AppsFlyer SKANダッシュボードにMeta広告に起因するSKANインストールが表示されません。

この手順はアプリごとに1回実行する必要があります。

Meta広告にSKANデータをAppsFlyerと共有する権限を付与するには:

  1. AppsFlyer管理画面 左メニュー 設定 > 連携済みパートナーに移動します。
  2. Meta広告を検索して選択します。
  3. SKANタブへ移動します。

    skan_repprtiing_-_connected_accounts.png

  4. f ログインをクリックします。使用するアカウントは、 次の権限を持つ管理者アカウントまたは広告主アカウントである必要があります:
  5. 画面の指示に従って作業を進めてください。
    Metaは、AppsFlyerとのデータ共有を許可するアクセストークンを生成します。プロセスが完了すると、AppsFlyer管理画面に戻ります。
  6. アカウントステータス 日次同期処理の待機中です が表示されるのを確認してください。
    このメッセージは、Meta広告からデータを取得するまで表示されます。
  7. 翌日の日本時間午前11時 (UTC 02:00) 以降まで待ってから、状態が データが正常に取得されましたに変わることを確認します。
    SKANダッシュボードのデータは、毎日 日本時間17時(08:00 UTC)までに更新されます。
  8. 計測の違いについてのセクションをご覧ください。 

重要:
AppsFlyerとのデータ共有を許可するMetaアクセストークンは60日後に期限切れになり、 データステータスの取得に失敗しました と表示されます再度ログインするには、手順1〜7を繰り返す必要があります。 

アプリ内イベント計測の場合:

コンバージョン値のスキーマをMeta広告と共有する

SKAdNetwork-Facebook-AppsFlyer_integration__5_.png

AppsFlyer SKANとMeta広告の相互運用を有効にする

Step アクション 詳細

1

アプリの前提条件
  • 最新のAppsFlyer SDKをアプリに実装してください。

2

SKAN設定の確認

AppsFlyer SKANソリューションが設定され、オンになっていることを確認してください。これにより、AppsFlyer SDKはSKAN APIを呼び出し、CVを設定することができます。

SKAN設定を確認するには:

  1. AppsFlyerにて、設定 > SKAN Conversion Studio へ移動します。
  2. オプションアイコン をクリックし、SKAN計測がオンになっていることを確認してください。
    Measurement_mode_on_facebook_ads.png
  3. 使用したい計測モードを選択してください。
    [ SKAN Conversion Studioの詳細はこちら ]
  4. 設定した正確なイベント名を確認してください。このイベント名は次のステップで必要になります。注:名前では大文字小文字が区別されます。

3

アプリ内イベントマッピング

アプリ内イベントのマッピングを確認し、必要に応じて変更を加えます。

アプリ内イベントマッピングを確認、設定する方法

  1. AppsFlyer管理画面 左メニュー 設定 > 連携済みパートナーに移動します。
  2. Meta Adsを選択します。
  3. [必須] 連携タブで、アプリ内イベントのポストバックをオンにします。
    • 現在選択されている SKAN計測モードをマッピングする必要があります。デフォルトの計測モードは収益です。
      in-app_events_fb_en-us.png
    • SKAdNetwork測定で設定したアプリ内イベント(AppsFlyerイベント)がMeta広告のイベント識別子にマッピングされている(パートナーイベントにマッピングされている)ことを確認します。イベントをマッピングしないと、Meta広告は最適化できず、インストールのみがカウントされます。

       注記

      SKAN Conversion Studio でコンバージョン値 (CV) を追加、変更、または削除する場合は、アプリ内イベントのポストバックにイベントがマッピングされていることを確認してください。そうしないと、Meta広告のコンバージョン値は更新されません。

      アプリ内イベントマッピングガイド

      計測タイプ マッピングの要件
      カスタム

      [カスタム]で設定したアプリ内イベントを、対応するMeta広告イベントにマッピングします。

      ポストバックで収益を報告するためには、収益値を送信 の選択肢から イベント値も収益も送信する を選択する必要があります。

      SendValueandRevenue.png

      af_skad_revenue は全体的な収益に使用され、Meta広告収益イベント(通常は fb_mobile_purchase)にマッピングされます。

      注!複数のイベントを fb_mobile_purchase にマッピングできます。

      収益

      アドネットワークにポストバックで収益を報告する場合は、アプリ内イベントのポストバックのマッピングにて、設定したアプリ内収益イベントが含まれていることを確認してください。

      af_skad_revenue は全体的な収益に使用され、Meta広告収益イベント(通常は fb_mobile_purchase)にマッピングされます。

      注!複数のイベントを fb_mobile_purchase にマッピングできます。

      コンバージョン 1〜6件のコンバージョンイベントを対応するMeta広告イベントにマッピングします。
  4. [連携を保存] をクリックします。
  5. SKAN 設定までスクロールダウンし、MMP接続URLをクリックしてコピーします。次のセクションでは、MetaのどこにURLを貼り付けるかを説明します。

    meta_ads_skan_configuration_mmp_url.png

4

AppsFlyerをMeta広告に接続する
  1. Meta広告でイベントマネージャーを開きます。

    FacebookSkadNetworkSetup.jpg

  2. 設定タブに移動します。

    mceclip0.png

  3. [SKANのアプリイベントの設定] セクションで、 イベントを設定 します。

    mceclip1.png

  4. Import from Partner App(パートナーアプリからインポート)を選択します。MMP Connection URL(MMP接続URL)を貼り付ける欄が表示されます。
    これにより、MetaがCVマッピングで更新され、 アプリ内のFacebook SDKにCVの設定を停止するように指示されます。パートナーアプリからインポートするオプションが無効の場合 — トラブルシューティングを参照してください。
  5. Meta広告の管理画面の指示に従います。次のうちいずれかが発生します:
    1. MMP接続URLをMeta広告のユーザーインターフェースに貼り付けました。おめでとうございます!これで連携が完了しました。次の注意事項をご確認ください。
    2. MMP接続URLの貼り付けに失敗し、Meta広告の管理画面にエラーメッセージが表示される場合:
      - 24時間待ってから再度この手順を繰り返してください。
      - エラーが引き続き(24時間以上)発生する場合、AppsFlyerサポートへお問合せください。

備考

  • この手順は一度のみ実行する必要があります。つまり、AppsFlyerで計測設定を変更したあとに、再度MMP接続URLをコピーし貼り付ける必要はありません。たとえば、収益測定からコンバージョン測定に切り替えると、Meta広告は既存のURLを使用して現在のスキーマを取得します。
  • この手順を完了すると、Meta広告は独自のランダム化された構造を使用してAppsFlyerからCVスキーマを取得できるようになります。広告主がこれを設定する方法はありません。
  • Meta広告で更新された測定設定が有効になるまで、最長で24時間ほどかかります。

5

iOS 14キャンペーン設定

Meta広告で、iOS 14対応キャンペーン設定がオンになっていることを確認します。

この設定は、新しいアプリインストールキャンペーンの設定ページにあります。

FBiOS14.png

追加情報

SKAN連携をオフにする

Meta Adsの連携をオフにする際には、パートナー連携を有効にするというトグルをオフにするだけでは十分でなく、SKANデータの記録を停止するためには、これに加えてSKAN連携を削除する必要があります。

SKAN連携をオフにする方法:

  1. Appsflyerで、[設定] > [連携済みパートナー]に移動します。
  2. Meta広告を検索して選択します。
  3. SKANタブへ移動します。
  4. 削除したいアカウントの削除アイコンをクリックしてください。

AppsFlyer広告とMeta広告の測定とタイミングの違い

ポイント 詳細
アプリ内イベント名 

2021年8月15日まで、ダッシュボードのイベント名にはMeta広告のイベント名が使用されていました。今後、これは該当しなくなります。

収益モードのコンバージョンユーザー指標

[2021年8月16日以降非推奨]

収益モードでは、課金したたユーザー(有料ユーザー)指標では、Meta広告キャンペーンを通じて収益をレポートしているユーザーの数が収益の命名規則に従って考慮されません。詳細は前のセクション(アプリ内イベント名)で記載しています。

過去データの可用性

連携後の最初のデータ同期とその後の同期では、AppsFlyerは過去7日間までのMeta広告データを  遡及的に受信します。

インストール日

AppsFlyer広告とMeta広告では、インストール日を決定する方法が異なります。
注意事項:

  • iOS SKANポストバックには、実際のインストールタイムスタンプは含まれません。
  • Meta広告では、ポストバックの到着時刻をインストール時刻と見なし、Meta広告のアプリのタイムゾーンを考慮して日付を設定します。
  • AppsFlyerは、アクティビティ期間の設定に従ってインストール時間を算出します。アプリのタイムゾーンもMeta広告の広告アカウントのタイムゾーンも計算では考慮されません。
データ更新頻度
  • 毎日、日本時間午前10時(UTC 1:00)にMeta広告からSKANデータを取得します。
  • 管理画面と集計データは7時間後に更新されます。

ads_read パーミッションの確認

ads_read権限により、Meta広告のお客様は、カスタムダッシュボードやデータ分析で使用する広告パフォーマンスデータにAPIでアクセスできます。

Meta広告アカウントにads_read権限があることを確認するには:

  1. Meta広告デベロッパーアカウントに移動します。
  2. FacebookアプリIDを選択してください。
  3. App Review > Permissions and Features へ進みます。

    FBad_permission.png

  4. ads_readready for use ステータスになっていることを確認してください。これが確認できれば、これ以上の操作は必要ありません。
  5. ads_read アクセス許可がない場合は、次のようにリクエストする必要があります。
    1. App Review > Requestsへ進んでください。
    2. ads_admin アクセス許可をリクエストしてください。
    3. この手順のステップを繰り返して、必要な許可が得られたことを確認します。

トラブルシューティング、乖離、よくある質問

アクション 詳細

Meta広告に接続できない

症状

Meta広告で次のメッセージが表示された場合: 接続できません。正しいURLを使用していることを確認してください。問題が解決しない場合は、パートナーアプリにお問い合わせください。

解決策

AppsFlyerで、アプリ内イベントマッピングを有効にし、AppsFlyerイベントをMeta広告イベントにマッピングしていることを確認します。(前述のセクションで説明したアプリ内イベントマッピングを参照)

[2021年4月20日に更新されたガイド]

イベントの優先順位

Q: Meta広告でイベントの優先度を設定するにはどうすればよいですか。

A: Meta広告で優先順位を設定する必要はありません。この優先機能は、Facebook SDKを使ってCVを設定しているアプリに関するものです。AppsFlyerの利用者の場合、AppsFlyer SDKがCVを設定しています。Meta広告の優先度オプションは無視してください。AppsFlyerは優先順位なしで6つのイベントを計測します。

[2021年4月20日に更新されたガイド]

イベントの発生回数

Q: AppsFlyerでは、Meta広告よりも多くのイベントが表示されるのはなぜですか。

A: Meta広告では、0〜1件のイベント発生のみがカウントされます。したがって、範囲の一部としてより多くの発生回数を定義した場合でも、追加の発生回数はAppsFlyerによってのみカウントされます。

パートナーアプリからのインポートが無効

ImportFromPartnerApp.png

症状

Meta広告では、パートナーアプリからのインポートが無効になっている場合 アプリはMMP SDKを使用してMeta広告にイベントを送信したことはありません。

解決策

次のいずれかを実行してください:

  • できるだけ早くMMP SDKを使用してMeta広告にイベントを渡してください。
  • Facebook SDKまたはアプリイベントAPIを使用してMeta広告へのイベントの受け渡しを開始し、他のフローのいずれかを使用してコンバージョンスキーマを設定します。

その後、最初のイベントがMeta広告に記録された後、AppsFlyerとの連携を構成します。

[2021年4月25日に更新されたガイド]

範囲は重複できません。連続した順序にしてください

症状

AppsFlyer SKANカスタム測定モードを使用します。測定スキーマをMeta広告にインポートすると、次のメッセージが表示されます: 範囲は重複できず、連続した順序にする必要があります。

解決策

カスタムコンバージョンスキーマの収益値は、連続した昇順である必要があります。

[2021年4月26日に更新されたガイド]

Meta広告にイベントを送信する

Q: コンバージョン計測オプションで選択されていないイベントに対して追加のイベントポストバックをMeta広告に送信することは理にかなっていますか?

A: ATT許諾ユーザーの場合にはポストバックできるため、Meta広告の最適化機能を最大限に高めるために、あらゆるイベントを送信してください。

複数のイベントを同じMeta広告イベントにマッピングする

Q: 複数のアプリ内イベントを1つのMeta広告イベントにマッピングできますか?

A: 複数のイベントが1つのMeta広告標準イベントにマッピングされている場合、Meta広告はイベントを区別できません。そのため、Meta広告は認識した1つのイベントに合わせて最適化されます。

Meta広告データがダッシュボードに表示されない

症状

SKAN連携タブで、データを取得できませんでしたと表示されている。

FacebookSKAdIntegration.png

解決策

接続されているアカウントが、Facebook管理者、または ads_read権限を持つMeta広告広告主アカウントであることを確認します。 

Meta広告でiOS 14キャンペーンを実行しようとするとエラーが発生する

症状

以下の全てが当てはまります。

  • Meta広告でiOS 14キャンペーンを実施しようとするとエラーメッセージが表示される
  • 最近、新しいアプリ、もしくはキッズアプリをAppStoreに追加した。

これは、Meta広告が、SKANサポートを含むSDKを使用していることを認識していないために発生します。Facebook側が認識していないために発生します。

解決策

  1. AppsFlyer管理画面 左メニュー 設定 > 連携済みパートナーに移動します。
  2. Meta広告を検索して選択します。
  3. 連携タブで、パートナーを有効にするをオフにします。
  4. 連携を保存 をクリックします。
  5. 15秒お待ちください。
  6. パートナーを有効にする をオンにしてください。
  7. 連携を保存 をクリックします。
  8. Meta広告がシグナルを受け取るまで最大24時間待ちます。

Meta広告によってレポートされる収益

[2021年7月12日更新]

Meta広告は、SKAN設定を使用してコンバージョン値から収益を得ます。ただし、これは直接的な計算ではなく、Meta広告はアルゴリズムを使用して収益を決定します。

これにより、収益を切りの良い値で測定した場合でも、収益値が四捨五入されていないことがあります。

インストール vs. 再ダウンロード

[2021年11月30日更新]

  • Meta広告は、アプリをインストールおよび再ダウンロードしたユーザーのポストバックデータを、インストールか再ダウンロードかを示すことなく提供します。その結果、インストール指標は実際よりも多くなります。
  • iOS 15以降、AppsFlyerに直接ポストバックのコピーを送信できます。これらはローデータとして利用できます。これを利用してインストールと再ダウンロードの数を計算してください。

遡及的なデータ更新

[2021年12月23日更新]

ログインの失敗などにより、Meta広告に接続してデータを取得できない場合があります。ただしご安心ください。次回ログインできたときに、過去7日間のレポートギャップを埋めることになります。

AppsFlyerは、Meta広告よりも大幅に多くのインストール/イベント/収益を示しています。

多くの場合、Meta adsダッシュボードはデフォルトでクリックスルーのインストールやイベントのみを表示し、AppsFlyerダッシュボードはクリックとビュースルーの両方のインストールやイベントを表示するため、この不一致が発生します。

代理店連携

代理店が広告主のFacebook広告アカウントの管理者ユーザーの役割を持っている場合、この記事の手順を実行することで、広告主に代わってSKANの相互運用を可能にすることができます。広告主は、Meta広告アカウントにもログインする必要はありません。代理店ログインは、広告主のアカウントに表示されます。

更新されたコンバージョン値がMeta広告に表示されない

SKAN Conversion Studio でコンバージョン値 (CV) を追加、変更、または削除する場合は、アプリ内イベントのポストバックにイベントがマッピングされていることを確認してください。そうしないと、Meta広告のコンバージョン値は更新されません。

AppsFlyerとMeta広告マネージャでのモデリングデータの違い

AppsFlyerモデルは、基本的なSKANレポートでは提供できないデータを集約します。詳細はこちら

AppsFlyerがデータをモデル化する場合、AppsFlyerは確認済みの公平なデータのみに依存しているため、Meta広告によってモデル化されるデータは考慮されません。そのため、Meta広告マネージャのレポートとAppsFlyerのレポートの間にデータや粒度の不一致が生じる可能性があります。