概要:OneLinkのショートリンクとロングリンクの違いを理解し、AppsFlyer外部でロングリンクを作成する方法をご説明します。

OneLinkのロングリンク

OneLinkカスタムリンク:

  • すべてのマーケティングチャネルで機能し、ユーザーを以下のいずれかへリダイレクトします。
    • 正しいURL/アプリストア
    • アプリを起動し、アプリ内アクティビティへユーザーをディープリンクします。
  • ブランドのカスタマイズができます。つまりURLには、OneLinkサブドメインではなくブランド独自のドメインを使用できます。
  • ショート、またはロングリンクを使用できます。
    • ショートリンクはAppsFlyer上でのみ作成できます(UIAPIまたはSDK経由)。
    • ロングリンク:
      • AppsFlyerの外部でも作成することができます。
      • 必要なパラメーターを含めることができます。
      • スプレッドシードに独自のシンプルな数式を適用することで大量のOneLinkカスタムリンクを生成することができます。:スプレッドシートで生成されたリンクはAppsFlyer UIでは表示されません(編集できません)。
      • 有効期限はありません。つまり、存続時間 (TTL) の制限はありません。

注意事項

  • ロングリンクは、全てのリンクパラメーターが可視化されるため、操作される可能性があります。
  • ロングリンクはブラウザ、SMS、もしくは字数制限がある場合に収まらない可能性があります。

手順

OneLinkのロングリンクをAppsFlyer UIの外部で作成する方法:

  1. OneLinkテンプレートを作成します。
  2. OneLinkのベースURLを記録します。つまりOneLinkテンプレートドメイン + テンプレートIDです。
    例:
    • OneLinkテンプレートドメイン:yourbrand.onelink.me
    • テンプレートID: 1a6f
    • OneLinkベースURL:yourbrand.onelink.me/1a6f
    • ブランドドメインの例:yourbrand.com/1a6f
  3. URLに ? を追加し、その後に必要なパラメーターを追加します。
    • AppsFlyerパラメーターリストを参照してください。
    • 複数のパラメーターを追加するには、& を使用します。
      例:yourbrand.onelink.me/1a6f?pid=email&c=freestuff

AppsFlyer UIで作成したOneLinkカスタムリンクのロングリンクを取得するには、次の手順に従います。

  1. AppsFlyerにて、OneLinkカスタムリンクへ進みます。
    OneLinkの一覧が表示されます。

  2. ロングリンクを取得したいリンクを選択し、アクションからURLを取得をクリックします。
    ロングリンクが表示されます。
この記事は役に立ちましたか?