ProtectLITEの管理画面とレポート

概要:ProtectLITEでは、当社のベーシックな無料の不正防止ツールによってブロックされた不正インストールと、検証ルールの適用によってブロックされたインストールに関するインサイトを提供します。

ProtectLITE

ProtectLITEは、インストールアトリビューション不正に対する無料の基本的な保護ツールを提供します。より高度な不正防止および検知ソリューションは、Protect360をご利用ください。

AppsFlyerが不正を識別すると、トラフィックデータでブロックされますが(AppsFlyer管理画面とローデータレポートで確認可能)、エンドユーザーのアプリ体験には影響しません。つまり、アプリユーザーはアプリを使用でき、広告主の収益を上げることができます。

ProtectLITE 管理画面:

  • 不正インストール、インストールハイジャック、または検証ルールのいずれかによってブロックされたインストールについて、全アプリに関する集計データを表示します。
  • フィルタとグループ化のオプションを使用してドリルダウンすることで、不正と識別されたインストールを詳しく分析できます。
  • Protect360にお申込みいただくことでアクセスできるようになる、次のような高度な不正防止機能を表示します:高度なリアルタイム不正対策、ポストアトリビューション不正、アプリ内不正、アプリ内イベント検証ルール、異常値分析ツールなど。

ProtectLITE ローデータ

  • ProtectLITEのローデータは、データエクスポートページ、Pull API、Data LockerのProtect360インストールレポートから利用できます。

管理画面

ProtectLITEの管理画面を確認するには、AppsFlyerにて、Protect360を開きます。

管理画面の機能については、次のセクションで説明しています。

フィルターとグループ化

フィルタとグループ化のウィンドウ

filters.jpg

フィルタとグループ化の機能では、次のオプションが利用できます。

  • 基本的なフィルタ:
  • 追加フィルタ(日付選択の右側にある青い矢印をクリックしてください):
    • 代理店
    • チャネル
    • 最小コホートサイズ
  • グループ化のオプション:さまざまなディメンションを選択して、不正データをグループ化し、最適な特定のインサイトを得ることができます。
    • アプリケーション: 各アプリごとの不正の合計データを比較します。
    • メディアソース(デフォルト):アプリで使用している各メディアソースからの不正を比較します。
    • メディアソース+キャンペーン:アプリで使用している全てのメディアソースの各キャンペーンからの不正を比較します。
    • メディアソース+サイトID:アプリで使用している全てのメディアソースの各パブリッシャー(サイトID)からの不正を比較します。
    • メディアソース+サイトID+キャンペーン:アプリで使用している全てのメディアソースの各パブリッシャー(サイトID)とそれに紐づくキャンペーン名で、それぞれの不正を比較します。
    • 地域:全ての国からの不正を比較します。
    • メディアソース+国(アプリ内イベント管理画面で利用可能):アプリで使用されているメディアソースとそれに紐づく国別に、不正を比較します。

インストール:ヘッドラインの指標

インストールタブのヘッドラインの指標では、次の項目を確認できます。

  • 推定コスト削減額
  • 特定されたインストール
  • 全体的に疑われる不正の脅威

指標は、日付フィルターで選択された期間に関連します。

推定コスト削減額と特定されたインストールKPIについては、パーセンテージの値があります。パーセンテージの値は、現在選択されている日付範囲と同様の以前の期間のKPIを比較した変化値です。例えば、今週と先週、または選択された日数と同じ日数の前の期間などで、推定コスト削減額がX%増加した場合、これは前回と同様の日付範囲ではX%少ない不正インストールがあったことを示します。

推定コスト削減額

推定コスト削減額:

  • ProtectLITEと検証ルールによって検知されリアルタイムでブロックされた不正の価値を表示し、必要に応じてアドネットワークに相談できます。
  • 計算式:推定コスト削減額 = ブロックされたインストール数 X アプリの平均eCPI

計算方法の詳細は、よくある質問を参照してください。

特定されたインストール

検知されたインストール指標には、ProtectLITEと検証ルールによって検知されリアルタイムでブロックされたインストール数が表示されます。

全体的に疑われる不正の脅威

疑われる全体的な不正レベル:

  • Protect360を利用した場合にブロックされる推定の不正件数を示しています。
  • Protect360 へアップグレードしてより高度な不正防止対策を取り入れるべきかどうかを確認することができます。

インストール — 不正トレンドチャート

不正トレンドに関する時系列のグラフ

このチャートには、日付フィルタで選択された期間における、ProtectLITEと検証ルールによってブロックされた一日当たりのインストール数が表示されます。

インストール — 不正内訳テーブル

検出した不正の内訳

この表には、日付フィルタで選択した期間において、ProtectLITEと検証ルールによってブロックされたインストールの数が表示されます。

CSVをエクスポートをクリックして、このテーブルをCSV形式でデスクトップにダウンロードできます。

オーバービューダッシュボードと同様の形式で、以下イメージのように表示されます。

plite_fraud_table.jpg

ダイナミックな表の構成により、次の操作が可能です。

  • 表の設定ボタンをクリックして、表に列を追加または削除できます。
    変更を加えた場合、カスタマイズした内容が今後も保存されるように保存ボタンをクリックしてください。
  • 列の設定で列セクションをドラッグして、列の順序を変更してください。

plite_edit_columns.jpg

検出した不正の内訳テーブルの内容
表の列 説明
インストール 不正と検証ルールによりブロックされたインストールに関するメインの内訳
合計 (A)
  • 合計インストール数 = 不正インストールと検証ルールによって識別されたインストールを含む全てのアプリインストール数
  • 通常のインストール:オーバービュー管理画面にて、メディアソース(非オーガニック)ごとに確認できます。
検知済みインストール (B)
  • 検知されリアルタイムでブロックされたインストールの合計数
  • オーガニックのブロック済みのインストールは、この管理画面には表示されません。オーガニックのブロックされたインストールを確認するには、ローデータレポートをご利用ください。
  • [デフォルト] この表はこのKPIの降順でソートされています。
検知済みインストール率% (B/A) 検知済みインストール数 / インストール合計
検知済みポストアトリビューション (C) Protect360が必要です
検知済みポストアトリビューション率% (C/A) Protect360が必要です
フェイクインストール 実際のユーザーアクティビティを偽造している不正インストール
リアルタイムブロック リアルタイムでブロック済みのフェイクインストール
検知済みポストアトリビューション Protect360が必要です
ハイジャックされたインストール 実際のユーザーインストールのアトリビューションを奪う不正ラストクリック
リアルタイムブロック リアルタイムでブロック済みのハイジャックされたインストール。
検知済みポストアトリビューション Protect360が必要です
検証ルール 検証ルールの条件により無効と見なされたインストール
ブロック済みインストール 検証ルールによりブロックされたインストール
ブロック済みアトリビューション 検証ルールによりアトリビューションが修正されたインストール
クリック 媒体からの正当なクリック
合計 (E) 媒体からの正当なクリック数の合計
この記事は役に立ちましたか?