金融・銀行アプリ向けの推奨イベント

概要:この記事で提案されている金融アプリや銀行アプリ向けのイベントを記録して、ユーザージャーニー全体を通してユーザーの質を計測しましょう。

banking.png 金融・銀行

金融アプリと銀行アプリは、新しいクレジットカードへのサインアップやローンの申請など、財務関連のさまざまな目的を実行することができます。計測をお勧めする一般的なアプリ内イベントには、口座開設、クレジットカード申請、ローン申請などがあります。

このイベントを計測することで、次のことを決定することができます。

  • ユーザーが最も希望するアカウントはどれかを知り、リターゲティングのアイディアに活用できます
  • クレジットカードでユーザーが求めているメリットは何か
  • どのようなユーザーに財政援助が必要か、そして必要な金額はどれくらいか

アプリ内イベント計測の詳細については、リッチアプリ内イベントガイドを参照してください。

Flowchart_for_recommended_events finance_banking_app_user_journey

規定イベントで推奨される構造

次のセクションでは、金融と銀行業界で一般的なイベント構造のリストを示しています。各構造には、既定のイベント名と推奨されるイベントパラメーターが含まれています。アプリ内イベントには、ビジネスニーズを満たすどんなイベントパラメーターを含めることができます。

ログイン (af_login)

目的

登録ユーザーのリテンションを理解しましょう

トリガー 

ユーザーが正常にログインしたとき

イベントパラメータ

パラメーターなしで送信できます

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity

AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.LOGIN, null);

登録完了 (af_complete_registration)

目的

アプリをインストールし、サインアップを完了したユーザーがどれだけいるか、またユーザーが好むサインアップ方法を確認しましょう

トリガー 

ユーザーがサインアップ手順を完了したとき

イベントパラメータ

 名前 説明 値の例:
af_registration_method サインアップ方法のタイプ Email、Facebook

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity

Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.registration_method, "Facebook");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.complete_registration, eventValue);

カスタムイベントで推奨される構造

次のセクションでは、カスタムビエント名と推奨されるイベントパラメーターのイベント構造リストを示しています。アプリ内イベントには、ビジネスニーズを満たすどんなイベントパラメーターを含めることができます。

登録承認済み (registration_verified)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、サインアップしたが承認されなかったユーザーの数を知ることができます。

トリガー

登録が承認されたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
submit_registration 承認されたサインアップ方法のタイプ。個人を特定できる情報(PII)を入力しないでください。 Email、Facebook

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity

Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("submit_registration", "facebook");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "registration_verified", eventValue);

アカウント申請の提出 (submit_account_application)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、サインアップしたがアカウントを申請しなかったユーザーの数を知ることができます。

トリガー

ユーザーがアカウント申請プロセスを完了したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
account_type 申請したアカウントタイプ savings
application_method 申請が行われた場所 アプリ
PII_type 申請時に使用されたIDタイプ passport

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity

Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("account_type", "savings");
eventValue.put("application_method", "app"); eventValue.put("PII_type", "passport"); AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "submit_account_application", eventValue);

アカウント開設の成功 (open_account_success)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、アカウントを申請したユーザーのうち何人が許可されたかを知ることができます。ファネルを向上したり、これらのユーザーを後日リターゲティングすることも可能です。

トリガー

ユーザーの申請が許可されアカウントが開設したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
account_type 開設したアカウントのタイプ savings
application_method 申請が行われた場所 アプリ
PII_type 申請時に使用されたIDタイプ identification card

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity

Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("account_type", "savings");
eventValue.put("application_method", "app"); eventValue.put("PII_type", "identification card"); AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "open_account_suucess", eventValue);

アカウント開設の拒否 (open_account_rejected)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、アカウントを申請したが、許可されなかったユーザー数を知ることができます。ファネルを向上したり、これらのユーザーを後日リターゲティングすることも可能です。

トリガー 

ユーザーがサインアップ手順を完了したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
account_type 申請したアカウントタイプ savings

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity

Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("account_type", "savings");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "open_account_rejected", eventValue);

クレジットカード申請 (submit_credit_card_app)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、クレジットカードに申請したが許可されなかったユーザー数を知ることができます。この情報をもとにファネルを向上したりリターゲティングに活用したりできます。

トリガー 

ユーザーが新しいクレジットカードの申請書を提出したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
credit_card_type 申請したクレジットカードのタイプ gold card
application_method 申請が行われた場所 アプリ
PII_type 申請時に使用されたIDタイプ passport

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("credit_card_type", "gold card");
eventValue.put("application_method", "app");
eventValue.put("PII_type", "passport");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "submit_credit_card_application", eventValue);

クレジットカード申請の成功 (credit_card_application_success)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、クレジットカードを申請し許可されたユーザー数を知ることができます。この情報をもとに、ファネルを向上するか、許可されたユーザー向けに別のクレジットカードについてリターゲティングしたりできます。

トリガー

ユーザーのクレジットカード申込が受理されたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
credit_card_type 申請したクレジットカードのタイプ gold card
application_method 申請が行われた場所。 アプリ
PII_type 申請時に使用されたIDタイプ identification card

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("credit_card_type", gold card);
eventValue.put("application_method", app);
eventValue.put("PII_type", identification card); AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "credit_card_application_success", eventValue);

クレジットカード申請の拒否 (credit_card_application_rejected)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、クレジットカードを申請したが承認されていないユーザーの数を知り、この情報を使用してファネルを改善したり、他のクレジットカードにユーザーをリターゲティングしたりできます。

トリガー 

ユーザーのクレジットカード申請が却下された場合

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
credit_card_type 申請したクレジットカードのタイプ gold card

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("credit_card_type", "gold card");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "credit_card_application_rejected", eventValue);

クレジットカードの有効化 (credit_card_activation)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、クレジットカードを受け取っても有効化しないユーザーの数を知り、この情報に基づいてファネルを向上させたり、ユーザーをリターゲティングしたりできます。

トリガー

ユーザーが新しいクレジットカードを有効にしたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
credit_card_type 申請したクレジットカードのタイプ gold card
application_method 申請が行われた場所 アプリ
PII_type 申請時に使用されたIDタイプ identification card

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("credit_card_type", gold card);
eventValue.put("application_method", app);
eventValue.put("PII_type", identification card); AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "credit_card_activation", eventValue);

ローン申請を送信 (submit_loan_application)

目的

このイベントを計測すると、次のことに役立つでしょう。

  • アプリ内で発生したローン申請の総数を決定します。
  • ローン申請の最大金額、最小金額、平均金額について把握できます。
  • ユーザーが申請するローンの種類を確認できます。

トリガー

ユーザーがローン申請を正常に送信したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
loan_id ローンのID 1735102
loan_type ローンの目的 housing
loan_amount ローン申込金額 1000
loan_period ローン期間 3か月

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("loan_id", "1735102");
eventValue.put("loan_type", "housing"); eventValue.put("loam_amount", "1000"); eventValue.put("loan_period", "3 months"); AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(),"submit_loan_application", eventValue);

ローンの許可 (loan_accepted)

目的

ローンの傾向やその他の指標について確認しましょう。このイベントは、次のような判断に役立ちます。

  • どのような種類のローンが許可されているか
  • 承認されたローンで申請された金額
  • 最も多くのローンを受け入れている貸し手、ローンの種類、および金額

トリガー 

ローンが承認されたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
loan_id ローンのID 1735102
loan_type ローンの目的 housing
loan_amount ローン申込金額 1000
loan_period ローン期間 3か月

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put("loan_id", "1735102");
eventValue.put("loam_amount", "1000");
eventValue.put("loan_type", "3 months");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(),"loan_accepted" , eventValue);

ローンの却下 (loan_rejected)

目的

ローンが却下される理由を理解しましょう。ローンの金額、ローン期間、拒否率の間の相関性を見ることができます。ローンを拒否されたユーザーをリターゲティングして、小額のローンを選ぶよう提案することもできます。

トリガー

貸し手がローンを却下したとき

イベントパラメーター
名称 説明 値の例:
loan_id ローンのID 1735102

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("loan_id", "1735102");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "loan_rejected" , eventValue);
この記事は役に立ちましたか?