配車アプリ向けの推奨されるイベント

概要:配車アプリで推奨されるアプリ内イベントを記録して、ユーザージャーニー全体を通したユーザーの質を計測しましょう。

InApp_Events_ride.png 配車サービス

近年、配車サービスが人気を集めています。特に、大半の住民が自動車を所有していない都市部で人気となっています。計測を推奨する一般的なイベントは、配車リクエストと予約です。

これらのイベントを計測することで、次のような判断に役立ちます。

  • 乗客とドライバーがどのように交流しているか
  • 配車サービスの利用率の高い国
  • 価格、乗車回数、乗車距離に関する指標

アプリ内イベント計測の詳細については、リッチアプリ内イベントガイドを参照してください。

Flowchart_for_recommended_events_ride_hailing_app_user_journey

規定イベントで推奨される構造

次のセクションでは、配車サービスアプリの一般的なイベント構造の一覧を示しています。各構造には、既定のイベント名と推奨されるイベントパラメーターが含まれています。アプリ内イベントには、ビジネスニーズを満たす任意のイベントパラメーターを含めることができます。

登録完了 (af_complete_registration)

目的

このイベントを計測すると、次のことに役立つでしょう。

  • ユーザーがどのような登録方法を好むか
  • アプリをダウンロードして、インストールした後に、実際に登録したユーザーの数
  • 国ごとの登録トレンドを確認し、ユーザーがアプリを使用する可能性の高い国を判断します

トリガー

ユーザーがサインアップ手順を完了したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_registration_method ユーザーがサインアップしたプラットフォームや方法 Facebook
country_code 国コード(電話局番) 66

コード

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REGSITRATION_METHOD, "shoes");
eventValue.put("country_code", "66");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.COMPLETE_REGISTRATION, eventValue);

ログイン (af_login)

目的

登録ユーザーのリテンションを理解しましょう

トリガー

ユーザーが正常にログインしたとき

イベントパラメータ

パラメーターなしで送信できます

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity

AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.LOGIN, null);

支払い情報の追加 (af_add_payment_info)

目的

ユーザーを分類するのに役立ちます。次のことが可能になります:

  • ユーザーが支払い情報を追加するのにかかる時間を確認します。
  • 最もよく使用される支払い方法 (クレジットカード、e-Wallet) を確認します。
  • キャンペーンを設定し、人気のある決済プロバイダーとコラボレーションしましょう

トリガー

ユーザーがアカウントに支払い情報を正常に追加したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_success 支払い方法が成功したかどうか true
credit_card_type クレジットカードのタイプ (オプション) Visa、Mastercard
payment_method_type 決済方法の種類 クレジットカード、E-Wallet

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.SUCCESS, true);
eventValue.put("credit_card_type", "Visa");
eventValue.put("payment_method_type", true);
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.ADD_PAYMENT_INFO, eventValue);

カスタムイベントで推奨される構造

次のセクションでは、カスタムビエント名と推奨されるイベントパラメーターのイベント構造リストを示しています。アプリ内イベントには、ビジネスニーズを満たすどんなイベントパラメーターを含めることができます。

配車予約リクエスト(ride_booking_requested)

目的

このイベントを計測すると、次のことに役立つでしょう。

  • 人気のある目的地について知る
  • ユーザーの出発地や目的地などのトレンドを理解しましょう
  • 平均的な乗車距離を確認します
  • 大半のユーザーが居住する都市、地域、国を確認できます

加えて、予約に関するイベントと一緒にこれらのイベントを計測することで、取引が正常に完了したことを記録できます。その後、成功した取引と失敗した取引を比較できます。例えば、リクエストされた乗車予約の数と、完了した乗車予約またはキャンセルされた乗車予約の数を確認できます。

トリガー 

乗客が配車予約リクエストを作成したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_price 乗車料金の見積もり 22.4
af_currency 通貨 SGD
af_destination_a 出発地 Plaza Singapura
af_destination_b 到着地 マリーナベイ・サンズ
distance 出発地から到着地までの距離 5.2
af_content_type 交通機関の種類 タクシー
payment_method_type 決済方法の種類 クレジットカード、E-Wallet
af_city 乗車を予約した都市 Singapore
af_region 乗車を予約した地域 SFA
af_country 乗車を予約した国 Singapore
order_id 注文ID 135790

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.PRICE, 22.4);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CURRENCY, "SGD");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_A, "Plaza Singapura");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_B, "Marina Bay Sands");
eventValue.put("distance", 5.2);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "Taxi");
eventValue.put("payment_method_type", "credit card");
eventValue.put("notes", "Taxi stand");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CITY, "Singapore");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REGION, "SFA");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.COUNTRY, "Singapore");
eventValue.put("af_order_id", "135790");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "ride_booking_requested", eventValue);

配車予約確認済み (ride_booking_confirmed)

目的

このイベントを計測すると、次のことに役立つでしょう。

  • 最も稼働率の高いドライバーが誰かを知ることができます
  • ドライバーがよくリクエストされる目的地
  • 各ドライバーの平均や全体の価格

さらに、このイベントに加えて、他の3つの予約関連イベントを計測すると、ドライバーのアクティビティを詳しく確認するために役立ちます。例えば、配車予約リクエストを最も多く確認しているドライバーやロングライドではなくショートライドを選択しているドライバーなどを確認できます。

トリガー 

ドライバーが予約を承認したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_price 乗車料金の見積もり 22.4
af_currency 通貨 SGD
af_destination_a 出発地 Plaza Singapura
af_destination_b 到着地 マリーナベイ・サンズ
distance 出発地から到着地までの距離 5.2
af_content_type 交通機関の種類 タクシー
driver_id 配車を承認したドライバーのID 1706
payment_method_type 決済方法の種類 クレジットカード、E-Wallet
af_city 乗車を予約した都市 Singapore
af_region 乗車を予約した地域 SFA
af_country 乗車を予約した国 Singapore
af_order_id 注文ID 135790

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.PRICE, 22.4);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CURRENCY, "SGD");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_A, "Plaza Singapura");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_B, "Marina Bay Sands");
eventValue.put("distance", 5.2);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "Taxi");
eventValue.put("driver_id", "1706");
eventValue.put("payment_method_type", "credit card");
eventValue.put("notes", "Taxi stand");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CITY, "Singapore");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REGION, "SFA");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.COUNTRY, "Singapore");
eventValue.put("af_order_id", "135790");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "ride_booking_confirmed", eventValue);

配車予約のキャンセル (ride_booking_canceled)

目的

このイベントを計測すると、次のことに役立つでしょう。

  • キャンセルの多いドライバーや乗客を記録します
  • キャンセルされた回数を把握します
  • キャンセル率と価格、目的地、距離、都市などの属性との相関性を把握します
  • 乗車予約がキャンセルされた理由を把握します

トリガー 

予約がキャンセルされたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_price 乗車料金の見積もり 22.4
af_currency 通貨 SGD
af_destination_a 出発地 Plaza Singapura
af_destination_b 到着地 マリーナベイ・サンズ
distance 出発地から到着地までの距離 5.2
af_content_type 交通機関の種類 タクシー
driver_id 配車を承認したドライバーのID 1706
cancelation_reason 配車予約がキャンセルされた理由 価格が高すぎる、ドライバーが現れなかった、乗客が現れなかった
payment_method_type 決済方法の種類 クレジットカード、E-Wallet
af_city 乗車を予約した都市 Singapore
af_region 乗車を予約した地域 SFA
af_country 乗車を予約した国 Singapore
order_id 注文ID 135790
canceled_by 乗車予約が乗客またはドライバーのどちらによってキャンセルされたか 乗客

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.PRICE, 22.4);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CURRENCY, "SGD");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_A, "Plaza Singapura");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_B, "Marina Bay Sands");
eventValue.put("distance", 5.2);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "Taxi");
eventValue.put("driver_id", "1706");
eventValue.put("cancellation_reason", "driver didn't show up");
eventValue.put("payment_method_type", "credit card");
eventValue.put("notes", "Taxi stand");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CITY, "Singapore");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REGION, "SFA");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.COUNTRY, "Singapore");
eventValue.put("af_order_id", "135790");
eventValue.put("canceled_by", "passenger");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "ride_booking_canceled", eventValue);

配車予約の完了 (ride_booking_completed)

目的

このイベントを計測すると、次のことに役立つでしょう。

  • 乗客の支出とドライバーの収入の詳細を理解しましょう
  • 乗車の完了を、目的地、距離、支払いタイプ、ドライバーIDなどの属性と関連付けます。
  • ドライバーと乗客の平均移動距離と全体的な移動距離を確認します
  • 完了した乗車と、キャンセルされた乗車を比較します
  • ドライバーのスコアを記録し計測します。

トリガー 

乗車が完了したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_price 乗車料金の見積もり 22.4
af_currency 通貨 SGD
af_destination_a 出発地 Plaza Singapura
af_destination_b 到着地 マリーナベイ・サンズ
distance 出発地から到着地までの距離 5.2
af_content_type 交通機関の種類 タクシー
driver_id 配車を承認したドライバーのID 1706
payment_method_type 決済方法の種類 クレジットカード、E-Wallet
af_city 乗車を予約した都市 Singapore
af_region 乗車を予約した地域 SFA
af_country 乗車を予約した国 Singapore
order_id 注文ID 135790
credits_earned 乗車を完了したことにより、乗客が獲得したクレジット 248

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.PRICE, 22.4);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CURRENCY, "SGD");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_A, "Plaza Singapura");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_B,"Marina Bay Sands");
eventValue.put("distance", 5.2);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "Taxi");
eventValue.put("driver_id", "1706");
eventValue.put("payment_method_type", "credit card");
eventValue.put("notes", "Taxi stand");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CITY, "Singapore");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REGION, "SFA");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.COUNTRY, "Singapore");
eventValue.put("af_order_id", "135790");
eventValue.put("credits_earned", 248);
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "ride_booking_completed" , eventValue);

クレジットの使用 (spent_credits)

目的

配車予約の完了イベントには、credits_earnedというパラメーターが含まれています。このパラメーターは、乗客が各乗車で獲得したクレジットを記録します。乗客はこのクレジットをクーポンや割引と交換することができます。

このイベントを計測すると、次のことに役立つでしょう。

  • クレジットを利用してクーポンを獲得した乗客の数
  • 乗客が好むクーポンや割引の種類

トリガー 

乗客がクレジットを使用したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_content クーポンや割引のタイプ 映画のチケット1回分
credits_used 使用されたクレジット数 1000
credits_remaining アカウントのクレジット残高 2090
invoice_id クレジットの使用で発生した請求書のID KO215123SD

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT, "Single movie ticket");
eventValue.put("credits_used", 1000);
eventValue.put("invoice_id", "");
eventValue.put("credits_remaining", "KO215123SD");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "spent_credits" , eventValue);
この記事は役に立ちましたか?