フライト予約アプリ向けの推奨イベント

概要:フライト予約アプリで推奨されるアプリ内イベントを記録して、ユーザージャーニー全体を通じてユーザーの質を計測しましょう。

InApp_Events_flight.png フライト予約

航空券予約アプリを使用すると、簡単に航空券を予約できるだけでなく、最も優れた割引価格を選ぶことができます。計測を推奨する一般的なイベントには、航空券の予約、航空券の検索、割引価格の表示などがあります。

イベントを計測することで次のことが可能になります。

  • 人気のある目的地について知る
  • 季節的なトレンドを分析する
  • ユーザーに人気のある航空会社を把握する

アプリ内イベント計測の詳細については、リッチアプリ内イベントガイドを参照してください。

Flowchart_for_recommended_events flight_booking_app_user_journey

規定イベントで推奨される構造

次のセクションでは、フライト予約アプリで一般的なイベント構造のリストを示しています。各構造には、既定のイベント名と推奨されるイベントパラメーターが含まれています。アプリ内イベントには、ビジネスニーズを満たす任意のイベントパラメーターを含めることができます。

登録完了 (af_complete_registration)

目的

アプリをインストールし、サインアップを完了したユーザーがどれだけいるか、またユーザーが好むサインアップ方法を確認しましょう

トリガー

ユーザーがサインアップ手順を完了したとき

イベントパラメータ

カラム名 説明 値の例:
af_registration_method サインアップ方法のタイプ Email、Facebook

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REGSITRATION_METHOD, "Facebook");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.COMPLETE_REGISTRATION, eventValue);

ログイン (af_login)

目的

登録ユーザーのリテンションを理解しましょう

トリガー 

ユーザーが正常にログインしたとき

イベントパラメータ

パラメーターなしで送信できます

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), 
AFInAppEventType.LOGIN, null);

旅行の予約 (af_travel_booking)

目的

航空券予約はアプリの主要機能です。このイベントは、次のようなことを判断するのに役立ちます。

  • 人気のある目的地
  • 人気のある航空会社
  • 季節的なトレンド

トリガー 

ユーザーが航空券を正常に予約した後「ありがとうございます」ページが表示されたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_revenue 予約に関連する収益 647.99
af_currency Currency code SGD
af_price 価格 674
af_content_id 航空券割引ID ODIRNH
af_departing_departure_date 出発日 2018-06-21
af_returning_departure_date 復路出発日 2018-06-26
af_destination_a 最初の目的地 BKK
af_destination_b 第2の目的地(該当する場合) SYD
airline_code 航空会社コード KLM
af_class 予約した航空券のクラス エコノミー
purchase_method 購入に使用された支払い方法 クレジットカード

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REVENUE, 647.99);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CURRENCY, "SGD");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.PRICE, 674);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_ID, "ODIRNH");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DEPARTING_DEPARTURE_DATE, "2018-06-21");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.RETURNING_DEPARTURE_DATE, "2018-06-26");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_A, "BKK");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_B, "SYD");
eventValue.put("airline_code", "KLM");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CLASS, "economy");
eventValue.put("purchase_method", "credit card");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.TRAVEL_BOOKING, eventValue);

コンテンツ表示 (af_content_view)

目的

このイベントは、次のような判断に役立ちます。

  • ユーザーに最も人気のある航空券の割引を把握します。
  • 検索結果が検索キーワードと関連性があるかを把握します。

トリガー 

ユーザーが検索ボタンをクリックしたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_departing_departure_date 出発日 2018-06-21
af_returning_departure_date 復路出発日 2018-06-26
af_destination_a 最初の目的地 BKK
af_destination_b 第2の目的地(該当する場合) SYD

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DEPARTING_DEPARTURE_DATE, "2018-06-21");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.RETURNING_DEPARTURE_DATE, "2018-06-26");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_A, "BKK");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_B, "SYD");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.CONTENT_VIEW, eventValue);

検索 (af_search)

目的

航空券予約アプリでは、ユーザーは航空券や割引価格を検索できます。ユーザーの嗜好に関するインサイトを取得する方法の1つは、検索パラメーターを計測することです。このイベントを計測すると、次のことに役立ちます。

  • ユーザーが検索している内容を理解する
  • 最も人気のある目的地
  • 子供連れユーザーの数
  • ユーザーが旅行する、または旅行を計画する時期

トリガー

ユーザーが検索キーワードを入力し検索ボタンをクリックしたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_num_children 旅行する子供の人数 0
af_destination_a 最初の目的地 BKK
af_destination_b 第2の目的地(該当する場合) SYD
af_departing_departure_date 出発日 2018-06-21
af_returning_departure_date 復路出発日 2018-06-26
af_num_infants 旅行する幼児の人数 0
af_num_adults 旅行する大人の人数 1

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, 
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.NUM_CHILDREN, 0);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_A, "BKK");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DESTINATION_B, "SYD");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.DEPARTING_DEPARTURE_DATE, "2018-06-21");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.RETURNING_DEPARTURE_DATE, "2018-06-26");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.NUM_INFANTS, 0);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.NUM_ADULTS, 1);
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.SEARCH, eventValue);

支払い情報の追加 (af_add_payment_info)

目的

フライトの予約時に支払い情報を追加する際の試行が成功または失敗したことを記録します。

トリガー 

ユーザーが航空券の予約ボタンをクリックしたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_success 支払い情報の追加が成功したかどうか true

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.SUCCESS, true);
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.ADD_PAYMENT_INFO, eventValue);

購入 (af_purchase)

目的

フライト予約アプリ内の購入に関する傾向を理解しましょう。このイベントを計測すると、次のことに役立ちます。

  • アドネットワークと広告代理店間のユーザーのLTV(顧客生涯価値)とキャンペーンのROIを判断します。
  • どのようなオファーがユーザーに最も人気があるのかを特定します。
  • キャンペーンのターゲティングを最適化するために、購入されたアイテムとキャンペーンを相互参照します。

トリガー

購入が正常に完了しユーザーに「ありがとうございました」が表示されたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_revenue 購入による収益の予測 1205.99
af_price 全体の購入金額の合計 4000
af_content_id 商品ID 121
af_content_type 商品カテゴリ flight
af_currency Currency code AUD
af_quantity カート内の商品の数 1
af_order_id 購入後に生成されるオーダーID X123ABC
af_receipt_id CRITEOとGoogle AdWordsのリターゲティング連携に必要なオーダーID X123ABC

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.PRICE, 4000);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_ID, "121");
// for multiple product categories, set the param value as: // new String {"121", "262"}
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "flight");
// for multiple product categories,, set the param value as: new String {"flight", "meals"}
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CURRENCY, "AUD");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.QUANTITY, 2);
// for multiple product categories, set the param value as: new int {2, 5}
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.RECEIPT_ID, "X123ABC");
eventValue.put("af_order_id", "X123ABC");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.PURCHASE, eventValue);

カスタムイベントで推奨される構造

次のセクションでは、カスタムビエント名と推奨されるイベントパラメーターのイベント構造リストを示しています。アプリ内イベントには、ビジネスニーズを満たすどんなイベントパラメーターを含めることができます。

初回購入 (first_purchase)

目的

購入イベントと同じです。さらに、このイベントは次のことを判断するのに役立ちます。

  • 新規購入者が、購入にどれくらいの時間がかかるかを確認できます。
  • どのフライトが初回購入時に購入されやすいかを知ることができます。
  • 初回購入の平均的な価格と収益を把握できます。

トリガー 

ユーザーが最初の購入を完了したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_revenue 購入からの収益 1205.99
af_price 全体の購入金額の合計 4000
af_content_id 商品ID 121, 262
af_content_type 商品カテゴリ flight
af_currency 通貨 AUD
af_quantity カート内の商品の数 1
af_order_id 購入後に生成されるオーダーID X123ABC
af_receipt_id

CRITEOとGoogle AdWordsのリターゲティング連携に必要なオーダーID

X123ABC

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.PRICE, 4000);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_ID, "221");
// for multiple product categories, set the param value as: new String {"221", "124"}
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "flight");
// for multiple product categories set the param value as: new String {"flight", "meal"}
eventValue.put(AFInAppEventParameteName.CURRENCY, "USD");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.QUANTITY, 2);
// for multiple product categories, set the param value as: new int {1}
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.RECEIPT_ID, "X123ABC");
eventValue.put("af_order_id", "X123ABC");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "first_purchase", eventValue);
この記事は役に立ちましたか?