情報通信アプリの推奨イベント

概要:この記事で提案されている通信・テレコミュニケーション向けのイベントを記録して、ユーザージャーニー全体を通してユーザーの質を計測しましょう

telecommunications_icon.png 情報通信

通信アプリを使用すると、携帯電話プランやデータプランなどを購入および管理できます。通信アプリで計測が推奨される一般的なアプリ内イベントには、購入、料金チャージ、サブスクリプションなどが含まれます。

このイベントを計測することで、次のことを決定することができます。

  • 最も人気のあるゲートウェイプランはどれか
  • ユーザーが購入できる手頃な製品やパッケージはどれか
  • どのプランが長期契約に最もつながりやすいか

アプリ内イベント計測の詳細については、リッチアプリ内イベントガイドを参照してください。

Flowchart_for_recommended_events_telecommunication_app_user_journey

規定イベントで推奨される構造

次のセクションでは、通信・テレコミュニケーションアプリで一般的なイベント構造のリストを示しています。各構造には、既定のイベント名と推奨されるイベントパラメーターが含まれています。アプリ内イベントには、ビジネスニーズを満たすどんなイベントパラメーターを含めることができます。

ログイン (af_login)

目的

登録ユーザーのリテンションを理解しましょう

トリガー

ユーザーが正常にログインするたびに

イベントパラメータ

パラメーターなしで送信できます

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity

AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.LOGIN, null);

登録完了 (af_complete_registration)

目的

アプリをインストールし、サインアップを完了したユーザーがどれだけいるか、またユーザーが好むサインアップ方法を確認しましょう

トリガー

ユーザーがサインアップ手順を完了したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_registration_method サインアップ方法のタイプ Email、Facebook

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REGISTRATION_METHOD, "Facebook");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.COMPLETE_REGISTRATION, eventValue);

コンテンツ表示 (af_content_view)

目的

特定の製品の表示率を決定し、

  • 商品の閲覧と販売を関連付けます
  • 商品の閲覧に基づいて、どのカテゴリが最も人気があるかを理解できます
  • 購入者の通貨と閲覧している商品との相関性を確認します

トリガー

ユーザーが特定の製品詳細ページを閲覧したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_price 商品価格 200
af_content_id プロダクトID 102
af_content_type プロダクトカテゴリ インターネットパッケージ
af_currency 製品詳細ページの通貨 THB, USD

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.PRICE, 200);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_ID, "102";
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "Internet packages");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CURRENCY, "USD");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.CONTENT_VIEW, eventValue);

リスト表示 (af_list_view)

目的

どのリスト(例えば、最新商品、関連商品、おすすめ商品など)が一番閲覧されているかを記録しましょう。

トリガー

ユーザーが特定のリストを閲覧したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_content_type リストのタイプ 関連商品、おすすめ商品、新商品
af_content_list カテゴリのコンテンツIDのリスト 001, 092

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<String, Object>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "related products");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_LIST, new String[] {"001", "092"});
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "af_list_view", eventValue);

購入 (af_purchase)

目的

通信アプリの多くでは、ユーザーが追加データプランなどを購入することができます。このイベントを計測することで、次のことが可能になります。

  • アドネットワークと広告代理店間のユーザーのLTV(顧客生涯価値)とキャンペーンのROIを判断します。
  • どのようなオファーがユーザーに最も人気があるのかを特定します。
  • キャンペーンのターゲティングを最適化するために、購入されたアイテムとキャンペーンを相互参照します。

トリガー

購入が正常に完了しユーザーに「ありがとうございました」が表示されたとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_revenue 購入による収益の予測 2000
af_currency Currency code THB
af_content_type 購入されたパッケージ名 5G
af_order_id 注文ID 9277
payment_method_type 決済方法の種類 credit card, local payment

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REVENUE, 2000);
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CURRENCY, "THB");
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.CONTENT_TYPE, "5G");
eventValue.put("AFInAppEventParameterName.ORDER_ID", "9277");
eventValue.put("payment_method_type", "credit_card");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(),AFInAppEventType.PURCHASE, eventValue);

チャージ/トップアップ成功 (af_top_up_success)

目的

料金チャージは、パッケージやアプリ内で提供されているその他のサービスを購入するために使用されます。このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、ユーザーがアカウントに入金する金額を知り、チャージ金額を使用して、予算内でカスタマイズされたキャンペーンをターゲットにすることができます。

トリガー

ユーザーがチャージを完了したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_revenue チャージ金額 2000
top_up_id チャージのID 397
payment_method_type 決済方法の種類 credit card, local payment

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put(AFInAppEventParameterName.REVENUE, 2000); eventValue.put("TOP_UP_ID", "397"); eventValue.put("PAYMENT_METHOD_TYPE", "credit_card");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), AFInAppEventType.AF_TOP_UP_SUCCESS, eventValue);

チャージ/トップアップ失敗 (af_top_up_unsuccessful)

目的

このイベントを記録し、他のデータと比較することでユーザーについて詳しく理解しましょう。例えば、チャージしようとしたが失敗したユーザー数を知ることができます。

トリガー

ユーザーがチャージしようとしたが、アクションが失敗したとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
error_reason チャージ失敗の理由 exceeded_daily_limit

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
              eventValue.put("error_reason", "exceeded_daily_limit");
              AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "af_top_up_unsuccessful", eventValue);

サブスクリプション完了 (af_subscription_complete)

目的

このイベントを計測することで、次のことが可能になります。

  • どのキャンペーンがユーザーのサブスクリプションに結び付いたかを確認できます。
  • サブスクライブしたユーザーの数を、サブスクリプションを停止したユーザー数と比較します。
  • サブスクリプションから発生した収益を計測し、キャンペーンやメディアソースに関連付けます。

トリガー

  • ユーザーが正常にサブスクリプションを完了したとき
  • サブスクリプションが更新された日時

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
af_subscription_type サブスクリプションの種類 Monthly 30 GB
af_revenue サブスクリプションの金額 555

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("af_subscription_type", "Monthly 30 GB"); 
eventValue.put("af_revenue", "555"); 
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "af_subscription_complete", eventValue);

カスタムイベントで推奨される構造

次のセクションでは、カスタムイべント名と推奨されるイベントパラメーターのイベント構造リストを示しています。アプリ内イベントには、ビジネスニーズを満たすどんなイベントパラメーターを含めることができます。

パッケージの選択 (select_package)

目的

ユーザーがパッケージの購入を決めたが、まだ決済をしていないことを記録しましょう。このデータを活用して、例えば、ユーザーをリターゲティングしてその他のサービスを宣伝することができます。

トリガー

ユーザーがパッケージを選択したがまだ決済を完了していないとき

イベントパラメータ

名称 説明 値の例:
price サブスクリプションの価格 50000
af_content_type ユーザーが選択したコンテンツの内容 Data 5 GB

コードの例

Android iOS - Objective C iOS - Swift Unity
Map<String, Object> eventValue = new HashMap<>();
eventValue.put("price", "50000");
eventValue.put("af_content_type ", "Data 5 GB ");
AppsFlyerLib.getInstance().logEvent(getApplicationContext(), "select_package", eventValue); 
この記事は役に立ちましたか?