SKAdNetworkポストバックを直接AppsFlyerに送信するようにアプリを設定する

概要:iOS 15以降、ポストバックをアドネットワークだけでなく、AppsFlyerに直接送信できるようにアプリを設定してください。これにより、AppsFlyerはコンバージョン値(CV)を検証し、ポストバックの整合性を確認することができます。

関連記事:

なぜAppsFlyerにポストバックを送るのですか?

ポストバックには、広告主にとって重要な情報が含まれています。特に、コンバージョン値(CV)はユーザーの質を測定するために使用されます。ポストバックでは、CVは暗号化されず、ポストバック署名の一部にもなりません。そのため、アドネットワークがレポートするCVは検証できず、操作される可能性があります。

ポストバックのコピーをAppsFlyerに直接送信するようにアプリを設定することで、AppsFlyerが以下のことを行うことができ、CVの操作を防ぐことができます。

  • すべてのアドネットワークからのポストバックとコンバージョン値の検証
  • AppsFlyerに直接送信されたポストバックと、アドネットワーク経由で送信されたポストバックを比較することで、ポストバックの整合性を検証

注! AppsFlyerは、追加データ(キャンペーン名など)を含むアドネットワークのポストバックを受け取る必要があります。

ポストバックのコピーは、SKAdNetworkのレポートオプションから取得できます。

SKAdNetworkポストバックをAppsFlyerに送信するようにアプリを設定する

AppsFlyerのエンドポイントを登録する方法:

  1. XcodeのProjectナビゲーターにて、Info.plist を選択してください。

  2. プロパティエディタのキーの横にある追加ボタン (+) をクリックしてReturnキーを押します。

  3. キーネーム NSAdvertising Attribution Report Endpoint を入力してください。

  4. Type例のポップアップメニューからStringを選択してください。

  5. AppsFlyerのエンドポイントURLを次の形式で入力してください: "https://appsflyer-skadnetwork.com/"

よくある誤解

  聞いたことをすべて信じてはいけません!

次の記述は正しいですか、間違いですか?

TrueOrFalse.png

  • 広告主はポストバックを取得するためにアドネットワークに頼る必要がなくなります
    • 間違いです。
    • 広告主は、重要なデータをデコードするために引き続きアドネットワークを頼る必要があります。例えば、SKAdNetworkキャンペーンIDをキャンペーン名にマッピングすることができるのはアドネットワークだけです。
  • 追加のエンドポイントを設定するとすぐに、すべてのポストバックのコピーがそこに送られます。
    • 間違いです。
    • この追加エンドポイント機能は、iOS 15以上を搭載したデバイスでのみ利用可能です。以前のバージョンを使用しているデバイスからは、ポストバックコピーは送信されません。
この記事は役に立ちましたか?