通知設定

概要:AppsFlyerのアカウント通知を一箇所で管理しましょう。

アカウントで特定のイベントが発生したときに、AppsFlyerからのメール通知を受け取ることを選択できます。通知設定でこれらの通知にオプトインするかオプトアウトするかを設定してください。

 ライブアラート機能との違いは何ですか?

ライブアラート機能では、アプリのKPI(例えば、特定のメディアソースに紐づくインストール数の減少率など)をトリガーとしたカスタム通知を作成します。

通知設定では、アカウント内のイベント(例えば、パートナー設定の変更や Push APIの障害など)をトリガーとした既定のアラートの受信を選択します。

通知設定へのアクセス

通知設定にアクセスする方法:

  1. ヘッダーバー右上に表示されているユーザーメニュー(メールアドレスのドロップダウン)を開いてください。
  2. 通知設定を選択してください。

通知の設定

通知の受信を許可するには、利用可能な通知のリストからその通知をオンにしてください。受信を停止するには、オフにしてください。

どのような通知を受け取ることができますか?

特定の通知をオプトインするためには、以下が必要です。

  • お客様ののAppsFlyerアカウントで利用できる機能のみ - 特定の通知が貴社アカウントで利用できない場合、オン/オフのトグルは表示されません。
    • 例えば、アカウントでAppsFlyerのPush API機能をサブスクライブしていない場合、この機能に関連する通知をオン/オフするトグルは表示されません。
  • その機能にアクセスするユーザー権限があること - アクセス権限がない機能に関する通知の場合は、オン/オフを切り替えるスイッチが無効になります。
    • 例えば、連携パートナーを追加/編集する権限がない場合、連携パートナーの設定に関連する通知をオン/オフするスイッチが無効になります。

通知はいつ届きますか?

特定の通知の受信にオプトインした場合、その通知に紐づくトリガーイベントが発生した際にメールを受信します。ただし、そのユーザーがアクセス権限を持つアプリやメディアソースに適用される場合にのみ、この通知を受信します。

 

次のシナリオを想定したとします。

  • 会社のAppsFlyerアカウントには3つのアプリが登録されています:アプリA、アプリB、アプリC。
  • 各アプリは2つのメディアソース(連携パートナー)でアクティブな連携があります:Google Ads、TikTok.
  • あなたのAppsFlyerユーザーには、次の権限があります。
    • 連携パートナーを追加・編集する
    • アプリCのデータへのアクセス
    • Google Adsのデータへのアクセス
  • 連携パートナーの設定に変更があった場合に通知を受け取ることを選択しました。

結果:

  • アプリAとBに関する連携パートナーの設定変更があっても、通知は届きません
  • アプリCのTikTokの設定変更があっても通知は届きません
  • アプリCのGoogle広告の設定変更があった際に通知が届きます

通知はどこに届きますか?

通知は、ユーザーのAppsFlyerアカウントに紐づくメールアドレスにメールで送信されます。

利用できる通知

次の表は、利用可能な通知とそのトリガーとなるイベントの一覧です。

通知 トリガーイベント
連携済みパートナー設定の変更
  • 新しい連携パートナーが有効になった
  • 既存の連携パートナーが非アクティブになった
  • 既存の連携パートナーの設定が変更された
Push APIの失敗

12時間以内にアプリのPush APIメッセージの5%以上が失敗

オーディエンス連携の失敗

オーディエンスのパートナー連携が失敗したため確認が必要

この記事は役に立ちましたか?