Google Play自動インストールを使用したプリロードの計測

概要: キャンペーンに Google Play自動インストール (PAI) を使用して、Android端末にプリロードされたアプリをアトリビューションします。

注:この計測方法は、APKによる計測方法とは異なります。

プリロードキャンペーンとは何ですか?

プリロードキャンペーンでは、オリジナルのデバイスメーカー (OEM) と携帯電話会社 (「プリロードパートナー」) が、ユーザーの手元に端末が届く前に、端末内にアプリをプリロードします。これは、工場出荷時にOEMによって行われたり、デバイスの初回起動時にプロバイダーが行うこともできます。

プリインストールキャンペーンは、広告主がオンラインキャンペーンを実施することなく、潜在的に多くのオーディエンスにリーチすることができます。

AppsFlyer では、次のプリロードキャンペーンタイプの計測をサポートしています。

  • OEMが工場でインストールした専用のAPKに依存するAPKプリインストール計測
  • この記事で説明しているGoogle Play自動インストール(PAI)

PAI プリロードアトリビューションのフロー

新しいデバイスが初めてアクティベートされると、プリインストールパートナーが設定したルールに従って、クラウドから設定済みのアプリが自動的にインストールされます。

ユーザーがプリインストールされたアプリを初めて起動したとき、AppsFlyer SDKはGoogle PlayのリファラーAPIに問い合わせます。AppsFlyerは取得したデータに基づいて成果計測を決定します。

プリインストールパートナーに紐づくインストールは、以下のように計測されます。

  • Media_source = パートナーID
  • Match_type = preload_pai
  • Campaign_name = <preloadpartner ID> によるキャンペーンのプリロード

代理店アカウントからは、クライアントに対してプリロードキャンペーンを有効にすることはできません。

 注記

2022年5月24日以降:

  • PAIプリロードキャンペーンの Match_type はローデータレポートで preload_pai と表示されます。
  • AppsFlyer は、プリロードを推進した広告ネットワークと、アプリの最初の起動に貢献した広告ネットワークをダッシュボードに表示します。
    詳しくは、プリロードキャンペーンの記事をご覧ください。

PAI-attribution-flow_en-us.png

PAI プリロードアトリビューションに関するその他の仕様

計測は次の要素で決定します。

  • プリロード計測は、管理画面左メニュー > 連携済みパートナー > プリロードパートナー画面 > 連携タブでオンになっている場合に有効です。
  • 連携タブで設定されているプリインストール計測ルックバック期間内にアプリ起動が実行された場合
  • プリロードは、プリロードルックバック期間を考慮した後、他のアトリビューション計測よりも優先されます。

PAI プリロードアトリビューションの有効化設定

特定のパートナーのPAIによるプリインストールアプリ計測を有効にする方法:

  1. 設定 > 連携済みパートナーから該当するパートナーの画面を開きます。
  2. プリロードアトリビューションをオンにします。
  3. 必要な プリロードルックバック期間を定義します。(設定期間範囲:1 ~ 180日)
  4. 連携を保存 をクリックします。

プリロードパートナーのポストバック

AppsFlyerとの連携の一環として、プリインストールパートナーはAppsFlyerから送信されるポストバックの内容とエンドポイントの情報を定義する必要があります。

マクロをポストバックに含めることで、ポストバック時に関連する実際のユーザーデータに自動的に置き換えられます。サポートされているマクロについては以下の表を参照してください。

  • データソース:データの取得元がどこかを示しています:
    • SDK=アプリに実装されているAppsFlyerSDK、もしくはServer-to-ServerのAPI
    • AF=AppsFlyer側で処理した情報
プリロードパートナーのポストバックマクロ
ポストバックマクロ名 データソース 説明
app_name SDK 広告主が設定したアプリ名
country_code AppsFlyer ISO 3166 (alpha-2) を使用した国コード:US, CN など
install_time SDK インストールのタイムスタンプ
language SDK 端末OSによって設定され、端末から取得した言語設定(+地域情報)
app_id SDK AppsFlyerで使用される一意のアプリ識別子
app_version SDK 開発者によってアプリのコードに設定された、アプリのバージョン
device_type SDK 端末の商用モデル名
例: SM-GM284、iPhone7など
os_version SDK デバイスのOSバージョン

プリロードポストバックの例

http://YourCompanyDomain.com?pid=(preinstall_partner)&app_name=(app-name)&app_id=(app-id)&install_time=(install-unix-ts)

パートナーのプリロード

AppsFlyerのGoogle PAI計測でサポートされているプレインストールパートナーは以下のとおりです。

  • Xiaomi (xiaomipai_int
  • Transsion (shalltrypai_int
  • Oppo (oppopaipreinstall_int
  • Vivo(vivootapreload_int)
  • TCL (tclpai_int
  • Motorola (motorola_int
  • MITV (mitvpai_int)
  • ZTE (ztepai_int)
  • Lenovotab (lenovotabpai4p_int)
この記事は役に立ちましたか?