お知らせ:要対応 - Google Install Referrerを使ったFacebookのローデータ取得

新機能

インストールリファラを使用してGoogle Playストアに遷移する広告のFacebookキャンペーンローデータを取得できます。

変更点

Information_icon.png

2021年10月29日より、この日以降に発生したFacebook広告経由のユーザーのユーザーレベルのアトリビューションデータ(ローデータ)がすべて制限されます。FacebookはこれらのデータをAppsFlyerのようなMMPには引き続き提供しますが、広告主には提供しません。

ただし、Google Play Storeへ遷移する広告の場合、アプリに実装されている必要があるインストールリファラを介して、広告主が利用できるアトリビューション項目があります。リファラー経由で提供されたデータは、お客様が利用できるAppsFlyerのローデータレポートに反映され、AppsFlyerにとっては広告IDを持たないユーザー(LAT対応)の計測も可能にします。

リファラメカニズムを使用するには、AppsFlyer SDK V5.4以上が必要です。

注意!リファラのデータはAPIで提供されたデータよりも優先され、制限もありません。 

なお、リファラのデータはFacebookによって暗号化され、Facebook開発者アカウントで取得可能なキーを使うことで解読できるようになります。お客様は、[必要なアクション]の箇所に記載されている手順に従って、decryption keyをAppsFlyerへ提供する必要があります。 

リファラ経由で利用可能なキャンペーンの計測項目:

  • Ad ID
  • 広告名
  • Adset ID
  • Adset name
  • Campaign ID
  • Campaign name
  • アカウントID
  • Channel (この項目はまだ利用できません) 
  • Ad type (この項目はまだ利用できません)

注意:  

  • その他の項目は、リファラー経由では利用できません。
  • また、このソリューションはクリックスルーアトリビューションにのみ適用され、ビュースルーアトリビューションには適用されません。 

AppsFlyerはいつからこの変更を適用開始しますか?

  • 2021年10月29日:
    • Facebookのクリックスルーデータ(アトリビューションローデータ)に関する制限が導入されました。
    • 広告主は、AppsFlyerの管理画面上でリファラのdecryption keyを設定可能になります。
  • 2021年11月3日:
    • AppsFlyerは、リファラメカニズムによって提供されるデータを使用して、ローデータを入力しアトリビューションを行います。
利用可能なデータについて 
計測方法 計測データソース 広告主が利用可能なデータ  備考
ローデータ 集計データ  
クリックスルー リファラ
(Google PlayストアからダウンロードされたAndroidアプリのみが対象)
利用可能 利用可能
  • LATユーザーの計測データが利用可能です。
  • MMPデータとリファラデータが両方あった場合には、リファラデータが優先されます。
クリックスルー MMP API Restricted 利用可能  
ビュースルー MMP API Restricted 利用可能 リファラ機能はサポート対象外です。
2021年10月29日以降、Facebook経由で獲得したユーザーの利用可能なデータ

必要なアクション

Facebookからdecryption keyを入手するには:

【以下はFacebookから提供された情報に基づいています。】

  1. Facebookの開発者ポータルにログインしてください。
  2. 画面右上にある、My Appに移動してください。
  3. decryption keyを取得したいアプリを選択してください。
  4. ページ左側にある設定 (Settings) > 基本 (Basic) に移動してください。

    FBUIforKey.png

  5. Androidセクション までスクロールダウンすると、decryption keyのラベルが表示されます。インストールリファラのdecryption key は、Package Names フィールドの下にあります。注意:これは、Google Play Storeとパッケージネームを設定した場所と同じセクションにあります。

AppsFlyerでリファラメカニズムを有効にする方法:

  1. [必須] AppsFlyer SDK V5.4以上がアプリに実装されていること確認してください。以前のバージョンには頼らないでください。
  2. 次のいずれかを実行してください:
    1. [近日公開] APIを使用してdecryption keyを設定します。
    2. 画面上で decryption key を設定する方法:
      1. Appsflyerにて、設定 > 連携済みパートナーを開きます。
      2. Facebookを選択してください。

        FBunencrytion_key.png

    3. [連携]タブを開いて、Install Referrer Decryption Keyに取得したKeyを貼り付けてください。
    4. [連携を保存] をクリックします。

APIによるdecryption keyの更新

[準備中]

decryption keyを更新するAPIを用意する予定です。


この記事の上部にあるFollow をクリックしていただければ、利用可能になったタイミングでお知らせします。

今後のローデータの利用可否について 

  • 計測データをリファラの機能を介して取得出来た場合には、データに制限はかからず、ローデータレポートからデータを取得可能です。
  • 計測データがAPIで取得された場合には、Facebookがもたらしたユーザーのローデータは、restricted というメディアソース名で記録されます。
  • この変更は、2021年10月29日 08:00 UTCよりも前に計測されたユーザーのローデータには適用されません。

これまでと変わらない点

AppsFlyerは、引き続きFacebookからデバイスレベルのデータを受信します。つまり、当社のアトリビューションおよびレポート機能(マルチタッチアトリビューション、LTV、ROI、コホート、リテンションレポート、不正防止、Audiences、その他のサービス)には何も変更はありません。詳細は集計・分析レポートツールを参照してください。

注意:decryption keyをAppsFlyerに提供していただければ、広告IDを持たないユーザー(LAT ONの状態)の計測も可能になります。これにより計測精度が向上します。 

リファラの機能を使って計測されたユーザーの場合、[チャネル]の情報は現状利用できませんが、今後利用可能になる予定です。 

計測の変更点

GCDによるディファードディープリンクは、Google Install Referrerの機能を使用するAndroidアプリで利用可能になる予定ですが、iOSアプリでは利用できません。

よくある質問

  • インストールリファラの decryption keyは更新する必要がありますか?
    一度提出した decryption key は、更新する必要がありません。
  • いつローデーターレポートでユーザーレベルデータを確認できますか?
    ユーザーレベルデータは、有効なインストールリファラ decryption key が提出され、インストールがFacebook Adsに計測されるとロデータレポートに表示されます。
  • 2021年10月29日から2021年11月3日の間に発生したインストールについて、ユーザーレベルの計測データは利用できますか?
    申し訳ございませんが、このデータは利用できません。
この記事は役に立ちましたか?

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。