Twitter広告連携設定ガイド

概要: Twitter広告アカウントをAppsFlyerと連携して、Twitter広告キャンペーンのアトリビューションデータを表示します。

 関連記事

AppsFlyerでTwitter Adsを活用するための全体像を把握するためには、以下の記事を参照してください。

Twitter AdsアカウントをAppsFlyerに接続

 動画
 読む

始める前に:

Twitter広告アカウントに 支払い方法が追加されていることを確認します。そうでないと、AppsFlyerでパートナー連携をアクティベートできません。

  1. Ads.twitter.comから、Twitter広告アカウントにログインしてください。

    [広告] ページに自動的に表示されない場合は、左上の [広告] ボタンをクリックします。

  2. Simple (NEW) または Advanced キャンペーンのいずれかを選択するように求められたら、Advaned を選択します。
  3. キャンペーンの目的で、アプリインストールまたはアプリエンゲージメントを選択し、次へをクリックします。

    twitter-campaign-objective.png

     

  4. アプリを選択し、モバイル測定パートナーリンクをクリックします。

  5. コンバージョントラッキング画面で、Go to AppsFlyerをクリックします。

    twitter-mmp-selection.png

  6. Twitter AdsからAppsFlyerのウェブサイトに移動することを知らせるメッセージが表示されます。Go to AppsFlyerをクリックしてAppsFlyer管理画面にログインします。

    twitter-go-to-appsflyer.png

  7. 設定連携済みパートナー へ進みます。

  8. Twitterを検索して選択します。以下の画面が表示されます:

    twitter_accpet_tos.png

  9. モバイルアプリのコンバージョントラッキング(MACT)に関するTwitterの利用規約に同意し、連携を保存をクリックします。

    twitter_accpet_tos_save.png

  10. パートナーを有効にするをオンにし、Twitterでログインするをクリックしてください。
  11. Authorize app をクリックし、AppsFlyerがアカウントを使用することを承認してください。

  12. パートナー連携の有効化をもう一度オンにして、連携タブの設定を表示し、アトリビューションを有効にします。
  13. Twitter広告アカウントを選択して有効化し、保存して閉じるをクリックします。

    twitter_account_name.png

  14. Twitter広告アカウントがAppsFlyerに接続されました!

Twitter広告アトリビューションの設定

連携済みパートナーの設定画面のヘッダーについての詳細は、こちらをクリックしてください。

連携タブ

連携タブは以下のセクションに分かれています。
設定を有効にするために、初回設定時には一度パートナーを有効にする必要があります。

広告アカウントの接続

アトリビューションを有効にする広告アカウントを選択してください。

Twitter_msc_new_4.png

クリックスルー計測

スライダーを使用して、クリックからインストールまでの最大時間を設定してください。設定したルックバック期間内に発生したインストール(初回起動)のみが、Twitterに起因するものとみなされます。

この値は、1~23時間または1~30日間のいずれかに設定できます。Twitterに合わせて、クリックスルールックバック期間を14日に設定することをお勧めします。

Twitter_msc_new_6.png

ビュースルー計測ルックバック期間

スライダーを使用して、インプレッションからインストールまでの最大時間を設定できます。広告のインプレッション後、ほかに関連する広告がクリックされなかった場合、このルックバック期間内に発生したインストール(初回起動)のみがTwitterの成果に紐づきます。

この値は、1~23時間または1~7日間で設定できます。 Twitterに合わせ、ビュースルールックバック期間を1日に設定することをお勧めします。

Twitter_msc_new_7.png

リエンゲージメント設定

Twitterリターゲティングアトリビューションは、リエンゲージメントコンバージョンのみが含まれます。

リエンゲージメントアトリビューションのトグルを有効にして、Twitterのリエンゲージメントアトリビューションを開始します。

リエンゲージメント クリック スルー ルックバック期間

リエンゲージメント クリックスルー ルックバック期間を設定してください(広告がクリックされてからの最大期間。この期間内に、リターゲティングされたユーザーを広告に紐づけることができます)。値は、時間数(最大23時間)または日数(1~30日)を設定できます。

twitter-reengagement-activate.png

リエンゲージメントビュースルールックバック期間

リターゲティング広告のインプレッション計測を開始するには、リエンゲージメント ビュースルー アトリビューションの設定を有効にします。

リエンゲージメント ビュースルー ルックバック期間を設定します(広告が閲覧されてからの最大期間。この期間内に、リターゲティングされたユーザーを広告に紐づけることができます)。値は、時間数(最大23)または日数(1~7)を設定できます。

twitter-reengagement-view-through.png

リエンゲージメント期間

リエンゲージメント期間(ユーザーのアプリ内イベントがリターゲティング媒体の成果に紐づく期間)の長さを設定します。値は、日数(1~90)、時間数(最大23)またはlifetime(ライフタイム)を設定できます。

twitter-reengagement-window.png

アプリ内イベントのポストバック設定

このセクションでは、パートナーへポストバックするAppsFlyerのイベントをマッピングできます。

In-app_event_postbacks_en-us.png

アプリ内イベントのポストバックを設定する:

  1. パートナーIDを設定します(必要な場合)。
  2. アプリ内イベントポストバックを有効にします。
  3. 利用可能な場合は、イベントを自動的に送信するか、手動で送信するかを選択します。すべてのイベントをそのまま送信する方法についてご参照ください。
  4.  イベントを追加をクリックし、SDKまたはS2Sイベントをリストに追加してください。
  5. 必要なパラメーターを完了してください。
  6. [オプション] conditional-iae-postbacks-icon.png をクリックして、特定のアプリ内イベントをパートナーに送信するための条件を設定してください。
    参照:アプリ内イベントポストバックの条件設定
項目 説明
AppsFlyerイベント

アプリに実装されているSDKまたはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名。
ヒント:イベント名が表示されない場合は、以下を実行してください。

  • デバイス上で非オーガニックインストールによってアプリ内イベントが発生しているかを確認し、再度チェックしてください。
  • AppsFlyerイベントにイベントを入力し、カスタムイベントを作成をクリックしてください。カスタムイベントのマッピングについてご参照ください。
パートナー側のイベント名

パートナー側で定義されている各イベントの固有の名前またはID
オプションは以下の通りです:

  • テキスト項目:パートナーから該当するイベントIDを取得してください。
  • ドロップダウンボックス: 最適な事前定義された AppsFlyer イベントを選択します。
  • そのまま:イベント名のマッピングなしで、イベントをそのまま送信します。
送信ユーザーの流入元:

最適なイベントの送信オプションを選択します。

  • このパートナーのみ:このパートナーにイベントの成果が紐づく場合のみに、ポストバックを送信します。
  • オーガニックを含むすべてのメディアソース:他の媒体やオーガニックイベントに紐づくイベントのポストバックを送信します。
送信データ:
  • データなし(デフォルト): イベント値なしでイベント自体のみを送信します。
  • イベント値と収益:収益を含むアプリ内イベントに付随する全てのイベント値を送信します。
  • イベント値のみ :収益額を除く、すべてのパラメーターを送信します。

計測リンクタブ

Twitterはアトリビューションに計測リンクを使用しません。

 注意

Facebook, Apple Search Ads, Adwords, Twitterなどのすべてのセルふれポーティングネットワーク(SRN)では、外部アトリビューションリンクを使用しないため、このタブは機能しません。

コストタブ

AppsFlyerはコストの詳細をAPIで取得します。サポートされているディメンション、指標、および機能の詳細については、アドネットワークコスト連携に関する表を参照してください。:コストデータにはXpendのサブスクリプションが必要です。

コストAPIを有効にする方法

コストAPIのステータスを表示と一致するコストデータを引き出すことができた最後の時刻を、AppsFlyerがコスト(および広告収益)連携ステータス管理画面、または個別のアドネットワーク管理画面のいずれかで確認してください。

広告収益タブ

Twitterでは、広告収益の連携はサポートしておりません。広告収益データを取得するには、MoPubを連携してください。

権限タブ

権限タブでは、Twitterへの権限付与を設定できます。パートナーがアドネットワークの場合でも、代理店の場合でも、または両方の場合でもこちらのタブから権限付与の設定を行ってください。Twitterが連携設定が無効なっている場合でも権限タブは使用可能で、パートナーに対する権限付与ができます。

これらのトグルを使用して、アプリごとにアドネットワークへの権限付与を設定してください:

アドネットワークへの権限付与

  • パートナー連携の設定を許可する - パートナーに連携タブの設定(アプリ内イベントのポストバックを除く)を許可します。
  • アプリ内イベントのポストバック設定を許可する - 連携タブでアプリ内イベントのポストバックをマッピングする設定をパートナーに許可します。
  • リテンションレポートへのアクセスを許可 - パートナーのリテンションデータへのアクセスを許可します。
  • リテンションレポートへのアクセスを許可する  - このパートナー経由のロイヤルユーザーデータのみへアクセスを許可します。
  • アプリ内イベント集計データへのアクセスを許可する - このパートナー経由のアプリ内イベントデータのみへアクセスを許可します。
  • 収益集計データへのアクセス権限を許可する‐ このパートナーに紐づく収益データのみへアクセスを許可します。
  • Protect360管理画面へのアクセスを許可する - 広告主がProtect360機能を利用している場合、パートナーのProtect360データへアクセスを許可します。

詳細はアドネットワークへの権限付与をご覧ください。

Advanced Twitter Adsセットアップ動画

 動画