概要: AppsFlyerをDV360と連携します。

 重要!

このセクションの手順を続行する前に、必ず連携ガイドに従ってください。

GMP入札マネージャー (DV360)

システムはSRN(サーバー連携媒体)として機能します。そのため、DCM360のように計測リンクを使用しません。インストールとその他のコンバージョンを計測するには、 AppsFlyerはGMP S2S APIを使用します。

ただし、DV360(DBM)キャンペーンでAppsFlyerの計測リンクを使用し、クリック数やインプレッション数を計測することは可能です。詳細はDV360で計測リンクを使用するをご確認ください。

DV360で設定されたキャンペーンに関しては、AppsFlyerは主にCM360のPlacement IDをGoogleから受信します。
対応するDVのクリエイティブIDを見つけるには、CM360のPlacement IDとDVのクリエイティブIDを含むカスタムレポートをGoogleから作成してください。

DV360におけるコンバージョン計測

DV360でコンバージョンを計測するには、各コンバージョンタイプごとにFloodlightパラメーターを作成する必要があります。

  • インストール
  • リターゲティング
  • アプリ内イベント

Floodlightsを設定すると、DV360はAppsFlyerと連携するために必要なパラメータを提供します。

DV360トークンパラメーター

4番目のパラメータ、token、が必須となります。このパラメータを取得するためには「third-party mobile in-app conversion recording」を広告主(Floodlight側の設定)にて有効化する必要があります。

  1. キャンペーンの Resources >> Floodlight へ移動してください。
  2. Basic Detailsタブにある Integrations >> Third-Party App Attributionセクションへ移動し、In-app attribution recording(アプリ内アトリビューションの記録)を有効にしてください。
  3. 「New Token」をクリックしてトークンを作成し、名前を入力します。
  4. 保存をクリックしてください。

Bid Managerは新しいトークンのための値を生成します。

この記事は役に立ちましたか?