GMP DV360/CM (DoubleClick)- 代理店連携

概要: 代理店アカウントからGMPとAppsFlyerの連携を行います。

代理店の設定

GoogleとAppsFlyerの高度な連携の一環として、AppsFlyerではGoogle GMPへの複数のコールをサポートしています。これにより、代理店は代理店固有のGMP連携パラメータを使用して、広告主に代わって同じアプリの広告運用ができます。

新しい代理店設定をGoogle GMPに追加する

代理店のアカウントでGMPを設定するには、代理店のアカウントからクライアントのアプリ管理画面へ入り、 連携ガイド に従って設定を完了してください。

  • CM360(DCM360)の場合:AppsFlyerがインストールを代理店の成果に紐づけるためには、AppsFlyerは代理店名を知る必要があります。代理店名は、af_prtパラメーター、またはURLの一部としてリファラを介してAppsFlyerに渡す必要があります。
  • DV360(DBM)の場合:代理店独自のFloodlights(src、cat、type、token)を設定する必要があります。そのためには、広告主は自身のアカウントでDV360を有効化する必要があります。広告主は連携のみを有効にしてください。広告主がFloodlightパラメーターを設定する必要はありません。

    double_click_agency.png

リターゲティングとリエンゲージメントのサポート

リターゲティングとリエンゲージメントの計測を有効にするには、広告主がアカウントでGMPを有効にしたときにリターゲティングを有効にする必要があります。広告主はリターゲティングを有効にする設定のみを実行してください。広告主がFloodlightパラメーターを設定する必要はありません。

double_click_retargeting_agency.png

アプリ内イベントマッピング

代理店は、広告主アカウントがイベントマッピングを設定している場合でも、代理店独自のアプリ内イベントマッピングをGMPで設定できます。詳細はこちらを参照してください。

1つのアプリに対してGMPで運用できる代理店はいくつですか?

AppsFlyerでは、1つのアプリに対して最大10個の異なる設定(つまり広告主の設定と9つの各代理店の設定)をサポートしています。

最大の設定数に達した場合、新しい設定を追加する前に既存の設定を削除する必要があります。

代理店の設定と広告主の設定

代理店と広告主は、GMPを使用して同じアプリのプロモーションが可能です。

代理店とは別にキャンペーンを設定する場合次にご注意ください。

別のfloodlightパラメータ

Floodlightパラメータは代理店と広告主の間で共有しないでください。広告主と代理店が同じFloodlightパラメーターを使用してGMP連携を設定した場合、広告主の管理画面には何もデータが表示されません

各アカウントが異なるFloodlightパラメータを使用することが重要です。

この記事は役に立ちましたか?