オーディエンス—従来のインポート手順(V1.0)

概要:既定のオーディエンスセグメントを自社システム(BIやCRMなど)からAppsFlyerのオーディエンスにインポートするための、従来(V1.0)のオーディエンスのインポート手順を説明しています。オーディエンスのインポートを最大限にフレキシブルに活用するには、オーディエンスのインポート機能V2.0を使用することを推奨しています。

従来(V1.0)のインポート手順

オーディエンスをインポートするには、CSVファイルをアップロードする方法と、APIを使用する方法があります。

CSVファイルのインポート

前提条件

次の形式とスキーマを使用してCSVファイルを用意します。

  • 1カラムのみ
  • ヘッダー行は設定しない
  • 空白行は含めないでください
  • 各行には一つの広告IDのみを含めてください
  • 最大行数:1000万。
  • エクセルで作成した場合は、CSV(カンマ区切り)(*。csv)ファイルで保存してください。次の図のように、ファイルタイプを選択します。

    CSV.jpg

CSVファイルの例:legacy_import_example_advertising_ID.csv

オーディエンスCSVファイルをアップロードする方法

  1. インテグレーション > オーディエンスを開きます。
    オーディエンス画面が表示されます。

  2. オーディエンスを追加をクリックします。
    オーディエンス画面が開きます。[作成] タブが表示されます。

  3. 一意のオーディエンス名を入力してください。

  4. オーディエンスのプラットフォームを選択してください:Android / iOS

  5. オーディエンスをインポートするを選択してください。
  6. 新しいオーディエンスの場合:
    • オーディエンス名を入力してください。
    • 保存 をクリックしてください。
  7. CSVをアップロードをクリックしてください。
  8. インポートされたオーディエンスの操作を選択します。
    • 新しいデバイスを追加:デバイスIDリストを既存のオーディエンスに追加します。
    • 既存のすべてのデバイスを上書き:オーディエンス全体をアップロードされたリストに入れ替えます。
    • 既存のデバイスリストから除外する:オーディエンスからアップロードするデバイスを除外します。
  9. アップロードするCSVファイルを選択してください。
  10. アップロード をクリックしてください。
    正常にアップロードされましたという確認メッセージが表示されるのを待ってください。
  11. オーディエンスを保存して続行をクリックします。
  12. 連携するパートナーを選択してください。
  13. 必要に応じて、パートナーに連携の手順に従ってください。
  14. 閉じるをクリックしてください。
    リストはすぐには利用できません。リストが処理される頻度は毎日です。
メッセージ 原因 対処法
Uploaded successfully(正常にアップロードされました)    
Seems like your device list is empty.Add some device IDs to it and try again(デバイスリストが空です。デバイスIDを追加してから再度実行してください) CSVファイルが空です。

CSVに少なくとも1つのデバイスIDが必要です。

We couldn’t understand one or more of your device IDs(デバイスIDの識別ができません)
  • CSVフォマットが正しくありません
  • アップロードしたファイルがCSV形式ではありません。
  • CSVファイルは、有効なCSVエディター以外のプログラムによって編集および保存されました(例、Microsoft Excel)
  • デバイスIDの形式に誤りがあります。
  • CSVが必ず決まってるフォマットにしてください。
  • CSVには1つのカラムのみを含み、各行につき1つのデバイス IDが入力されている必要があります。CSVにヘッダーを含めないでください。
  • 全てのデバイスIDが正しいGUID形式であることを確認してください。
  • エクセルを使用する場合は、次に示すようにCSVファイルで保存します。 
  • CSV.jpg
We just had a temporary connection problem and couldn’t upload your file. You can try again now(接続に一時的な問題が発生したため、ファイルをアップロードできませんでした。今すぐ再試行してください) ネットワークエラーの可能性があります。 CSVファイルをもう一度アップロードしてください
アップロードの確認メッセージ

オーディエンスインポートAPIの使用

オーディエンスのインポートAPIは、オーディエンスからデバイスを追加または削除するために使用されます。APIは、次の例で示すような構造をしています。次の手順を使用して、APIリクエストURLとAPIリクエストBodyを生成してください。

APIリクエストURL

https://hq1.appsflyer.com/audiences-import-api/{action}?api_token={api_token}
パラメーター 説明 必須
{action}
  • デバイスの追加:add
  • デバイスの削除:remove
 はい
{api_token}

アカウント専用のAPI トークン

はい

APIリクエストBody

{
"import_key": "{mport_key}",
"platform": "{plaform}",
"devices": [
"{device}",
"{device2}",
"{devicen}"
]
}
パラメーター 説明 必須
{import_key} オーディエンスを識別するユニークなキー。注:追加と削除の両方のエンドポイントで同じ import_key を使用してください。  はい
{platform}

Android または iOS

はい
{device}
  • ユニークなデバイスID
  • 1回の呼び出しにつき最大10,000デバイスまで。
はい

 始める前に

  • AppsFlyerでオーディエンス作成が完了したことを確認します。

APIリクエストURLを準備する方法:

  1. インテグレーション > オーディエンスを開きます。
    オーディエンス画面が表示されます。

  2. オーディエンスを追加をクリックします。
    オーディエンス画面が開きます。作成タブが表示されます。

  3. 一意のオーディエンス名を入力してください。

  4. オーディエンスのプラットフォームを選択してください:Android / iOS

  5. オーディエンスをインポートするを選択してください。
  6. APIをクリックしてください。
  7. APIアクション を選択してください。
    • デバイスの追加:既存のオーディエンスにデバイス広告IDを追加します。
    • デバイスの削除:既存のオーディエンスからリスト内のデバイス広告IDを削除します。
      :APIアクションを選択すると、参照されるエンドポイントパスが変更されます。オーディエンスを保存した後は保持されません。オーディエンスにデバイスを追加または削除する場合、必要なパスを使用してアクションを指定できます。
  8. APIリクエストURLをコピー:APIトークンはすでにURLに含まれています。
  9. APIリクエスト本文をコピーしてください。
  10. オーディエンスを保存して続行をクリックしてください。
  11. オプションオーディエンスをパートナーに連携してください。
  12. デバイスIDを含むAPIを用意し、上記の例で示すようにAPIをAppsFlyerにポストしてください。

デバイスを追加するリクエストのサンプル

HTTP POST 
https://hq1.appsflyer.com/audience-import-api?api_token=
Accept: application/json
Content-Type: application/json
body: {
     "import_key": "EKFH2UMC5PPCU8J7M5QQCBPKIH89E6NCOB7XQFWMC",
     "platform": "android", 
     "devices": [
      "a23416b8-a21a-4051-a62f-5d3cb85e16ed",
      "09a14a6b-cce8-44f3-8f77-62eff8b5aa4f",
      "289da41f-0473-4977-89ae-8fc92234a921"
     ]
}
コード メッセージ 説明

200

The request was successful(リクエストは成功しました)

オーディエンスが正常にインポートされました。

オーディエンスサイズのカウンターを更新するには、アクションメニューに表示される今すぐ計算を使用してください。

400 Seems like your device list is empty.Add some device IDs to it and try again(デバイスリストが空です。デバイスIDを追加してから再度実行してください)

リクエスト本文に空のデバイスリストが含まれています。

リクエストにつき最低1つのデバイスIDを提供する必要があります。

400 Cannot process more than 10,000 devices per request (x devices counted in this request)(一つのリクエストにつき10,000以上のデバイスを処理できません(このリクエストにはx個のデバイスがふくまれています)) リクエストBodyに、1万件以上のデバイスIDリストが含まれています。
400 We couldn’t understand one or more of your device IDs(デバイスIDの識別ができません) 一部のデバイスIDは有効なIDFA / GAIDではありません。
400 Invalid audience platform, this audience is already configured for Android/IOS. (オーディエンスプラットフォームが無効です。このオーディエンスはすでにAndroid / IOS用に設定されています)To use a different platform, please create a new audience in the UI(別のプラットフォームを使用するには、UIにて新しいオーディエンスを作成してください) リクエスト本体で指定されたプラットフォームとオーディエンス作成のプラットフォームが一致していません。
403 Forbidden(禁止されています) インポートキーが間違っているか、見つかりません。
500 Could not parse request(リクエストを解析できませんでした)

リクエスト本文のフォーマットが無効です。

上記のリクエストサンプルを参照してください。

APIに関する制限事項

  • 1つのリクエストにつき、1つのオーディエンスにのみデバイスを追加できます。
  • 1つのリクエストにつき、1つのオーディエンスからのみデバイスを削除できます。
  • バッチリクエスト(複数オーディエンス)はサポートされていません
  • 1つのリクエストにつき、最大1万件のデバイスIDを送信できます。
この記事は役に立ちましたか?