Googleアナリティクスの連携—設定

概要:AppsFlyerからGoogleアナリティクス(GA)に豊かなモバイル計測データを送信できます。この機能はiOSとAndroidでご利用いただけます。

 重要!

一部のメディアソースは、第三者とのデータ共有を制限しています。AppsFlyerでは、これらのメディアソース経由で獲得したユーザーに関するユーザーレベルデータを第三者プラットフォームやサービスと共有できません。このようなメディアソースからのインストールはオーガニックとして送信されます。

第三者プラットフォームとのデータ共有を制限しているメディアソースの詳細とリストに関しては、こちらをクリックしてください。

なお、AppsFlyerはGoogle Analytics 4 (GA4)との連携には現状対応しておりませんのでご注意ください。

 関連記事

AppsFlyerでGoogleアナリティクスを活用するための全体像を把握するためには、以下の記事を参照してください。

連携するには、以下の2つの方法があります。

UTMに関する注意事項

AppsFlyerでは、計測リンクにUTMパラメーターを手動で追加することを推奨しておりません。

これは、AppsFlyerがユーザーを直接Google Playに送る場合にのみサポートされています。SRNとサーバー経由のクリックを使用して動作するアドネットワークでは、サポートされていません。例えば、SRN経由、またはS2S経由でクリックデータをAppsFlyerへ送信しつつユーザーをGoogle Playに送信するアドネットワーク経由のユーザーに関して、AppsFlyerはこれらのインストールをGoogleアナリティクスに送信できません。

また、UTMでは、AppsFlyerがGoogleアナリティクスに送信できるのは、インストールのみで、アプリ内イベントデータは送信できません。

Googleアナリティクスへのデータ送信

各新規インストールとアプリ内イベントに対して、次の計測データとともにAppsFlyerからGAにポストバックが送信されます。

AppsFlyer項目 Googleアナリティクスのディメンション
メディアソース名(計測リンク上のpidパラメーター) Source (utm_source)
キャンペーン名(計測リンク上のcパラメーター) Campaign (utm_campaign)
Googleサーチキーワード Keyword (utm_term)
国コード(GEO) 国 ISO コード
App ID(計測リンク上のパッケージ名) App ID
アプリ名(計測リンク上のパッケージ名) App Name
App Version App Version
CID(Androidの広告ID、iOSのIDFA) Client Id - Googleアナリティクスのオーディエンスダッシュボード上に表示される
タイプ Event Category
Event Name Event Action / Event Label

AppsFlyerはオーガニックインストールとイベントデータもGAに送信します。オーガニックデータには、紐づくSource情報がありません。

Googleアナリティクスの設定

アプリの管理画面に移動し、左メニューの [Integrated Partners](連携済みパートナー)をクリックします。

検索フィールドに「Google Analytics」と入力し、ロゴをクリックしてGoogleアナリティクスの設定画面を開きます。

Googleアナリティクスの設定画面では、設定タブのみを使用します。

連携済みパートナーの設定画面のヘッダーについての詳細は、こちらをクリックしてください。

連携タブ

一般的な設定

アカウントID

Googleアナリティクスは、一意のアカウントIDを使用してAppsFlyerと接続します。まだお持ちでない場合は、連携作業を続けるためにこのIDをGoogleアナリティクスから取得してください。

Google_Analytics_msc_new_2.png

アカウントIDの取得

Googleアナリティクスの管理者画面から、Tracking IDをコピーします。

mceclip3.png

このTracking IDを Account_ID の項目に貼り付けます。

GAにモバイルインストールデータのみを送信したい場合は、Save をクリックして終了します。

AppsFlyerとGoogleアナリティクスのSDK

アプリにAppsFlyerとGA SDKの両方が実装されている場合、2つのSDK間で一致するClient ID (CID) パラメーター値を設定する必要があります。GAのSDKは初期化の時点で一意のCIDを作成しますが、AppsFlyerでCIDとして送信するこの値は一意のデバイスID(AndroidのGAID、iOSのIDFA)です。この値が一致しないと、GAプラットフォーム上の値は複製されてしまいます。

重複データを防ぐためには、以下の手順を実行してください:

  • GA SDK内で、新規ユーザーのCIDの値を一意のデバイスID (GAID または IDFA) に設定します。
  • CustomerUserIDの送信をオフに切り替えます (下記参照)。

send_customer_user_id_analytics_off.png

アプリにAppsFlyerのSDKのみが実装されている場合は、コードを変更する必要はありません。

デフォルトのポストバック

AppsFlyerは、ユーザーインストールが発生すると、Googleアナリティクスに自動ポストバックを送信します。このセクションを用いて、これらのポストバックの送信について設定してください。

オーガニックを含む全てのメディアソースに紐づくイベント を選択して、アプリをインストールした全てのユーザーに対してポストバックを送信する設定をします。

アプリ内イベントの設定

アカウントID を再度入力し、アプリ内イベントのポストバックを有効にします。

アプリ内イベントのポストバック

アプリ内イベントポストバック のトグルをオンにして、GAへのアプリ内イベントポストバックの送信を有効にします。

GAに送信したいイベントを選択します。

 重要!

過去に実行されたイベントのみを選択できます。送信したいイベントがリスト上にない場合は、そのイベントが最低でも一回実行されていることを確認してください。

計測リンクタブ

Googleアナリティクスで計測リンクは利用できません。
 

コストタブ

Googleアナリティクスとの連携でコストデータはサポートされておりません。

広告収益タブ

Googleアナリティクスとの連携で広告収益データはサポートされておりません。

権限タブ

Googleアナリティクスで権限タブは利用できません。

この記事は役に立ちましたか?