Googleアナリティクスの連携—データの確認

概要:AppsFlyerデータがどのようにGoogleアナリティクスで表示されるかを説明しています。

 関連記事

AppsFlyerでGoogleアナリティクスを活用するための全体像を把握するためには、以下の記事を参照してください。

AppsFlyerのデータをGoogleアナリティクスレポートで確認する

AppsFlyerはインストールとアプリ内イベントをイベントとしてGAに送信します。AppsFlyerが送信したデータをGAのイベントページにて確認できます。

GAダッシュボードにて:

  1. 左側のサイドメニューにて [Behavior] をクリックします。
  2. [Events] をクリックします。
  3. [Overview] をクリックします。

ga-events-af.png

上のスクリーンショットは、AppsFlyerがGAに送信するイベントカテゴリを示しています。イベントには、次の3種類があります。

  • Organic:オーガニック経由でインストールしたユーザーのインストール、セッション、アプリ内イベント
  • Regular:ユーザーのインストールがメディアソースの成果に紐づくインストール、セッション、アプリ内イベント
  • Re-Attribution:ユーザーのインストールがメディアソースとリターゲティングキャンペーンに紐づくインストール、セッション、アプリ内イベント

現在、リエンゲージメント経由のアプリ起動とイベントはレポートされますが、リエンゲージメントのカテゴリーには含まれません。リエンゲージメント後のアプリ起動とイベントは、リエンゲージメント前のイントールタイプに従って、Googleアナリティクスにレポートされます。

例えば、ユーザーが広告と接触してアプリをインストールします。非オーガニックインストールがGoogleアナリティクスにレポートされます。しばらくすると、ユーザーはリエンゲージメント広告と接触し、アプリ内イベントをいくつか実行します。アプリ起動と次のイベントは通常(非オーガニック)のインストールカテゴリーにレポートされます。つまり、これらのイベントは regular-in-app のカテゴリーに表示されます。

インストールデータの表示

  1. オーバービューページにて、[regular-install] をクリックします。
  2. 次の画面で、[セカンダリディメンション] をクリックします。
  3. 表示したいディメンション名を入力します(例:campaign、source / medium)

    secondary-dimension-campaign.png

  4. セカンダリディメンションを選択します。

表には各インストールのキャンペーン名が表示されます。

secondary-dimension-campaign-data.png

アプリ内イベントデータの表示

  1. オーバービューページにて、[regular-in-app-event] をクリックします。
  2. イベントをクリックします

    af_purchase.png

  3. 次の画面で、[セカンダリディメンション] をクリックします。
  4. 表示したいディメンション名を入力します(例:campaign、source / medium)

    event_source.png

  5. セカンダリディメンションを選択します。

表には、各アプリ内ベントのキャンペーン名(選択したセカンダリディメンション)が表示されます。

secondary-dimension-source-data.png

セッションデータの表示

ユーザーがアプリを起動すると、AppsFlyerはイベントをGAに送信します。送信されるイベントは、af_app_opened です。このイベントはAppsFlyerのセッションに当たります。

 重要!

AppsFlyerとGoogleアナリティクスでは、セッションの定義とカウント方法がそれぞれ異なります。詳細は、こちらを参照してください。

GAでは、セッションデータを2か所に表示します。

  1. Audienceのオーバービューページ:

    af_ga_sessions.png

     注記

    ここでのデータは、Googleのセッションの定義に準拠しています。

  2. イベントの概要ページにて:
    • GAダッシュボードにて、左側サイドメニューの [Behavior] をクリックします。
    • [Events] をクリックします。
    • [Overview] をクリックします。
    • [regular-in-app-event] または [organic-in-app-event] をクリックします。
    • af_app_opened をクリックしてください

      af_app_opened.png

     注記

    ここでのデータは、AppsFlyerのセッションの定義に準拠しています。

この記事は役に立ちましたか?