ポストバックの基本仕様:アドネットワーク向け

概要: AppsFlyerと連携しているアドネットワークは、このページの内容に従ってポストバックの構成を定義してください。 

アドネットワーク向けのポストバックの基本仕様 

計測リンクは、アドネットワークがAppsFlyeへ広告接触データを送信するために使用されるのに対し、ポストバックは、AppsFlyerがアドネットワークへデータを送信するために使用されます。インストールやアプリ内イベントといったユーザーのコンバージョンが発生した後に、ポストバックによってその詳細データをアドネットワークに送信します。受け取ったポストバックデータを利用して、広告主のために実施しているキャンペーンの最適化を行いましょう。 

ポストバックでは、IP アドレス、キャリア情報、国、クリック時間、インストール時間など、さまざまな端末レベルの情報を提供しています。インストール以降のアプリ内イベントのポストバックでは、収益の詳細やその他のイベントに関する情報も適宜共有可能です。 

必要なポストバックのフォーマットを、メール経由で定義する必要があります。ポストバックのフォーマットは、コンバージョンの種別毎に異なります。 

ポストバックは、コンバージョンの種別によって以下のように定義されます: 

  • インストール
  • リエンゲージメント
  • リアトリビューション
  • アプリ内イベント

広告主がProtect360を利用している場合、必要なポストバックを設定すれば、不正なコンバージョンやそれに関連するアプリ内イベントのポストバックも取得できるようになります。 

ポストバックのフォーマットを設定するには: 

  1. ポストバックの種別毎に、ポストバックのフォーマットを準備してください。 
  2. フォーマットをメールでAppsFlyerへ送信してください。 

Installのポストバックを1つ送信

インストールポストバックのテンプレート例: 

http://your_domain.com/postback?clickid={clickid}&affiliate_id={af_siteid}
&advertising_id={gaid}&country={county_code}&AppName={app_name}


http://your_domain.com/postback? は、AppsFlyerのポストバックの送信先となるアドネットワーク側のエンドポイントURLです。

ポストバックテンプレートは、計測リンクテンプレートと反対の性質を持っています。'='の記号の後のマクロは、AppsFlyerが値を入力するために必要なAppsFlyer側のパラメータです。'='の記号の前にあるプレースホルダは、アドネットワーク側のサーバーで識別する必要があるパラメータです。これらのパラメータは、マクロに対応している限り、必要なものは何でも呼び出すことができます。

パラメーター 説明
&clickid={clickid} クリック計測時にアドネットワークからAppsFlyerへ送ったものはポストバック時に送り返すことができます。Click IDはどのクリック(広告接触)が最終的にインストールやその後のアプリ内イベントへ転換したかを判別するために必要になります。
&gaid={advertising_id} コンバージョンが発生した端末の広告IDがです。
&affiliate_id={af_siteid} アフィリエイト/パブリッシャー(配信面)IDです。
&country={county-code} コンバージョンが発生した国の情報は、ポストバック時に送信できる追加データの一例です。
&AppName={app_name} アプリ名

コンバージョンに関して送信できるデータのマクロは他にも豊富に用意しています。ポストバックマクロの完全なリストはこちらを参照してください。

アプリ内イベントのポストバック

アプリ内イベントポストバックのテンプレートは以下のような形です。

http://your_domain.com/postback?clickid={clickid}&af_siteid={affiliate_id}
&advertising_id={gaid}&event={mapped-iae}

このテンプレートでは、以下のパラメータを追加で使用します。

パラメーター 説明
event={mapped-iae} アドネットワーク側のプラットフォーム内での、対応するイベントの名称/IDです。

リエンゲージメントのポストバック

※このセクションは、リターゲティングキャンペーンを実施するアドネットワークのみに関係します。

リエンゲージメント:アプリをインストールした既存ユーザーが、リターゲティング広告によってアプリを再起動したときに計測

リエンゲージメントユーザーに対して受信するポストバックを指定します。

次の中から選択できます:

  • リエンゲージメントのフラグが含まれているインストールポストバック
  • リエンゲージメントのフラグが含まれているアプリ内イベントポストバック
  • カスタムポストバック

計測リンクの構造や関連するパラメータなど、リターゲティング(リアトリビューションとリエンゲージメント)計測の詳細については、こちらのページを参照してください。

 注意

リアトリビューションやリエンゲージメントを1つのフラグによってポストバックすることが可能です。