Data Clean Room — 概要

プレミアム機能

privacy_cloud_logo.png

概要: AppsFlyerのユーザーレベルのアトリビューションデータと照合することでユーザーレベルのデータを充実させ、集計レポートを作成し、結合されたデータの価値を活用するインサイトを取得します。

関連記事:クラウドストレージとデータファイルのセットアップ | 取り込みソースの管理 | レポートの管理

はじめに

モバイルマーケティングエコシステムは、その歴史を通じて、ユーザーレベルのデータを利用して洞察を得て、広告キャンペーンを最適化してきました。

  1. メディアソースは、ユーザーレベルのデータをアトリビューション測定プロバイダー(AppsFlyerなど)に提供し、プロバイダーはそれを使用してアトリビューションを提供し、広告主に共有してきました。
  2. 広告主は、このユーザーレベルのデータを独自のユーザーレベルのデータ(BIやCRMシステムのデータなど)と照合し、必要に応じて分析およびグループ化して、キャンペーンの最適化に必要な集計ベースのデータを取得しました。

ユーザープライバシー時代の到来により、メディアソースからのユーザーレベルのデータへのアクセスは大幅に制限されています。

  1. メディアソースは、アトリビューション計測プロバイダー(AppsFlyerなど)にユーザーレベルのデータを提供し、プロバイダーはそれを使用してアトリビューションを提供します。 ただし、このユーザーレベルのデータを広告主に渡すことは制限されています。
  2. これにより、広告主様はこれまでのようにユーザーレベルのアトリビューションデータを自社のユーザーレベルのデータと照合することができなくなり必要なインサイトを得ることができなくなります。

これはまさに、AppsFlyerデータクリーンルーム(DCR)が介入して治癒できる「データの盲点」です。

仕組み

DCRは、ユーザーレベルのアトリビューションデータを広告主に渡して、広告主がユーザーレベルのデータと照合できるようにする代わりに、ユーザーレベルのアトリビューションデータを広告主のユーザーレベルのデータと照合する仕事を引き受け、基本的にこの責任をAppsFlyerに移します。次に、DCRはこのデータを分析してグループ化し、集約された形式で広告主に渡すことで、広告主はユーザーのプライバシーを維持しながら必要な集計インサイトを取得できます。

DCRでどのようにデータ取得できますか?

DCRは現在、次の2種類のデータを使用しています。

  • カスタムソースデータ:DCRで使用するためにクラウドストレージにアップロードされたユーザーレベルのデータ。このデータは、広告主の内部システム(BIやCRM システムなど)から取得されます。
  • アトリビューションデータ:アトリビューションのためにメディアソースからAppsFlyerに提供されたユーザーレベルのデータ

DCRはデータに対して何をしますか?

DCRは、標準的なデータベースの原則に従って動作します。つまり、異なるテーブル(または ソース)のデータを単一のデータセットに一致させます。この単一のデータセットは、結合されたデータを使用するレポートを作成するために使用されます。

  • 異なるソースからのデータを照合し、それらを 1つのセットに結合するには、各ソースが別のソースと共通した 一意のアプリユーザーを識別する項目("識別子")を少なくとも 1つ共有する必要があります。
  • 識別子を使用してユーザーレベルのデータとユーザーレベルのアトリビューションデータを照合することで、DCRは結合されたユーザーレベルのデータセットを作成します。
  • 次に、ユーザープライバシーを維持しながら分析情報を提供するために、DCRはこのデータを処理して、定義した特性("ディメンション")に従ってグループ化された集計レポートを作成します。

DCR関連の用語

次に、DCR に関してよく使用される用語をいくつか説明します。

  • コネクタ: DCRデータが保存されている広告主所有のAWSまたはGCSバケット。
    コネクタには、DCRに注入するソースデータ用のフォルダーや、抽出するレポートの接続先を含めることができます。DCRに出入りするデータには、単一のコネクタまたは複数のコネクタを使用できます。
  • ソース:
    • 広告主のソース: DCRに取り込まれるファーストパーティデータファイル。AppsFlyerのアトリビューションデータとの突合と拡充を目的としています。ソースファイルの新しいバージョンは、6時間ごとに処理のためにアップロードできます。AppsFlyer DCR プラットフォームでソースを設定するときは、その構造ロケーションを設定してください -
      • ソース構造:ソース内のデータ項目のリストと、レポートでの使用方法(識別子、ディメンション、指標)についてそれぞれに割り当てるカテゴリ。
      • ソースのロケーション:AppsFlyerがソースファイルを更新するたびに取得するクラウドサービスフォルダー。このフォルダはバケット("コネクタ")内に存在します。
    • アトリビューションデータ: AppsFlyerアカウントのユーザーレベルのアトリビューションデータ。DCRでの広告主データの突合と拡充に使用します。
  • レポート: 処理後にDCRから出力されるデータファイル。
    レポートは、関連するソースファイルの新しいバージョンがアップロードされるたびに作成されます。AppsFlyer DCRプラットフォームでレポートを設定するときは、その 構造接続先を設定してください。
    • レポートの構造: レポートの作成に使用する広告主のソースとアトリビューションデータ、それらを結合する識別子、含める指標、レポートをグループ化するディメンションの指定。
    • レポートの接続先: AppsFlyerがレポートが処理されるたびに送信するクラウドサービスフォルダー。このフォルダはバケット("コネクタ")内に存在します。

DCRの操作(設定手順)

AppsFlyerのData Clean Room (DCR) は、アップロードするデータの種類、抽出するレポート、処理のタイミングと頻度において非常に高い柔軟性を提供しています。このため、これには比較的重要な計画とセットアップのプロセスが含まれます 組織内の複数のユーザーのコラボレーションが必要な可能性があります。

次の手順に従って、組織のニーズを満たすように DCRを設定してください:

  1. DCRから抽出したいレポートを検討してください。これらのレポートは、AppsFlyerのアトリビューションデータを広告主のソースと充実させた結果です。これらのレポートを作成するために DCRにアップロードする必要があるファーストパーティデータソースを決定します。
  2. これらのソースとレポートをサポートするための基本的なクラウドストレージ構造を作成してください。
  3. データを抽出し、ソースデータファイルを生成するクエリを定義し、ソースデータファイルのプロトタイプを作成します。
  4. データを抽出し、ソースサブフォルダーを作成し、ソースファイルと _SUCCESSファイル を定期的にアップロードする自動化処理を開発します。
  5. AppsFlyer DCRプラットフォームで ソースを設定してください。
  6. AppsFlyer DCRプラットフォームで レポート を設定してください。
  7. DCRによって抽出されたレポートをクラウドストレージに取り込む自動化処理を開発してください。