SKAN推定値

概要:AppsFlyerは、SKAdNetworkの基本的なレポートでは提供できないデータを集約してモデル化しています。

概要

SKAdNetwork(SKAN)のレポートは、以下の理由で制限される場合があります:

  • SKANは、6ビットに制限されたコンバージョン値(CV)に依存しており、64の可能な値(0〜63)が取得できます。
  • Appleは、ユーザーのプライバシーを保護するために、実際のCVを差し控える(そしてデータを "null" として返す)ことがあります。
  • データは12〜72時間のアクティビティ期間内からのみ利用でき、完全なライフタイムバリュー(LTV)を把握することはできません。

SKAN推定データは、次の問題を解決します:

  • AppsFlyerは、機械学習、ベイズ統計、AppsFlyerがレポートするデータ、およびSKANデータを使用して、非表示のデータポイントをモデル化します。
  • 広告主様は、アプリとキャンペーンのLTVパフォーマンスに関する全体像を把握できます。

注:コンバージョン値のスキーマを変更した場合、モデル化されたデータが利用可能になるまでに 2日かかります。

推定データタイプと可用性

データタイプ 利用可能時間 備考
Nullコンバージョン値
  • オーバービュー:SSOTビュー
  • SKAN管理画面
  • SKAN集計パフォーマンスレポートAPI
  • SKANポストバック到着日での集計レポートAPI
 
収益LTV オーバービュー:SSOTビュー 収益LTV推定値は現在、初回起動後7日間に制限されています。
地域(国) オーバービュー:SSOTビュー  

Nullコンバージョン値

Appleはユーザーのプライバシーを守るために実際のCVを非公開にしているため、CVがNULL値であることがあります。AppsFlyerでは、NULL CVはインストールとしてカウントされます。
注意事項:

  • Null と 0 は意味が違います。
    • 0 - ゼロ:ユーザーはアプリをインストールしたが、アクティビティ期間中に計測可能なアクションを何も行わなかった。その結果、この指標は正確であり、モデル化されていません。
    • Null:ユーザーが何をしたのかわからない、AppleがCVを非公開にした。
  • Null CVはパフォーマンス指標を歪める可能性があります。歪みを克服し、アプリのパフォーマンスをより正確に測定するために、null コンバージョン値は 0 から 63 の間のコンバージョン値に推定化されます。
    • Nullの推定値では、過去14日間のうち最低 2日間のデータが必要です。

推定コンバージョン値:

  • コンバージョン値を含む SKANインストールの分布を使用して、null インストールを推定化します。データのモデル化に使用されるアルゴリズムは動的であり、いくつかの変数を考慮に入れます。これがどのように機能するのか、次の例を参照してください:
    • インストール:100件のうち、null CVが 60件、CV=1が 10件、CV=3が 5件、CV=5が 25件です。
    • つまり、コンバージョン値を持つ 40のインストールのうち、25%がCV=1、12.5%がCV=3、62.5%がCV=5 です。
    • 60件の nullインストールは同じモデル化された分布を取得します:
      15件は CV=1、7件は CV=3、38件は CV=5 を取得します。
  • SKANダッシュボードとAPIメトリックに含まれています。モデル化された推定値を含まない元の変更されていないメトリックは、これらのメトリックと一緒に使用でき、 実数と表示されます。
  • 次の粒度レベルのデータを使用します:アプリ、メディアソース、キャンペーン、広告セット
    これらの粒度で推定されたデータが使用できない場合は、値 N/A が表示されます。

コンバージョン値に基づいて利用可能な推定指標:

  • 収益
  • イベントの発生回数
  • eCPA
  • ARPU
  • ROI
  • ROAS

収益LTV

modeled_d7.png

SKANレポートは、Conversion Studioでの収益のSKAN計測期間とCV設定に基づいてのみ収益を提供できます。SKAN推定値は、インストール後最大7日(168時間)の収益をモデル化できます。

メリット:

SKANバージョン3以前では、モデル化されたデータはアクティビティ期間の時間枠を超えています。

SKANバージョン4以降の場合:

  • データ更新頻度: 収益LTVは、2回目のSKANポストバックが到着する前に利用可能になります (ポストバックの遅延は24〜144時間の間)。
  • さらに計測する: 2番目と 3番目のポストバックの '粗い値’ 構成を、イベントやリテンションなどの他の指標に使用しても、モデリングによって収益LTVデータを取得できます。
  • データ拡充: 2番目のポストバックを使用して収益を測定する場合、ポストバックからのデータを使用して、モデル化された収益LTVデータを改善し、ポストバックによって提供される 3つのレベルよりも詳細なレベルで収益データを提供します。

注意事項

  • 収益LTV指標は、SKAN Conversion Studioで収益が設定されているアプリに対して、アプリ内購入およびアプリ内広告収益から発生した収益が表示されます。
  • 収益LTVには、少なくとも14日間の収益データが必要です。
    つまり、2022年11月1日に [全体的な収益] を計測するよう設定した場合、モデル化されたデータを利用できる最初のインストール日は 2022年11月14日です。
    データはその 8日後(2022年11月22日)に利用可能になります。
  • 収益LTV(現在は7日間に制限されています)およびその他の派生する指標は、インストール後 8日目に SSOTダッシュボード(ウィジェット、チャート、表)で次のように確認できます:
    • 収益 D7
    • ARPU D7
    • 売上総利益 D7
    • ROI D7
    • ROAS D7

地域(国)

SKANポストバックには地域(国)ディメンションは含まれません。したがって、SKANポストバックのみを使用してSKANデータを地域別にグループ化することはできません。
ただし、AppsFlyerはSKANのインストール地域(国)をモデル化して、SKANデータの地域ディメンションとグループ化を提供することができます。

GEO推定値:

  • 他のAppsFlyerメソッドを介してアトリビューションされたキャンペーンインストールの地理的分布を考慮した機械学習ツールを使用します。
  • SSOTダッシュボードGEO(国)ディメンションを介して使用できます。
    注:GEOと アトリビューション方法の両方でデータをグループ化すると、AppsFlyer計測値とSKANだけで計測された数値の間で分割された各国のデータを確認できます。
    (SKANのNull CV値はモデル化されています=推定値を基に算出します。)

注意事項:

  • AppsFlyerのGEO推定値の精度は約90%です。地域(国)をモデル化できない場合、SKANインストールは [なし] の下にグループ化されます。[なし] は、地域(国)が不明であることを意味します。