Data Clean Room—アトリビューションデータレポートの作成

概要: アトリビューションデータレポートを作成して、インストール / リターゲティングイベントのユーザーレベルのデータとシステムのデータを突合します。

アトリビューションデータレポートの作成

アトリビューションデータレポートを作成するには、以下のタブに記載されている手順に従います。

手記: これらの手順は、読みやすくするために各タブに分かれています。レポートを作成するには、すべての手順を完了する必要があります。

準備手順

  1. Data Clean Roomレポートタブに移動します。
  2. + 新しいレポート ボタンをクリックします。
  3. ソースデータの種類として アトリビューションデータ を選択し、画面の右下隅にある 次へ をクリックします。
  4. レポートの名前を入力してください。
    • これには、DCRプラットフォームでレポートを識別するのに役立つ任意の名前を指定できます。
    • 重要:レポート名がアカウント内の他のすべてのレポートと異なることを確認してください。そうでない場合はレポートを保存できません。
    • レポート名の要件:
      • 長さ:2-80文字
      • 利用可能な有効文字:
        • 半角アルファベット - A-Z, a-z
        • 数字 (0-9) - 名前の最初の文字にすることはできません
        • ハイフン (-) - 名前の最初の文字にすることはできません
      • 無効な文字:
        • スペース
        • その他すべての記号または特殊文字

ソースの選択

レポートに使用するデータを指定します。

計測データソース

  • アプリ: AppsFlyerアカウント内のアプリを1つ以上選択します。
  • アトリビューションタイプ: レポートに使用するアトリビューションデータのタイプを 1つ以上選択します。
    インストール

    インストールは、ユーザーがアプリをダウンロード、インストール、起動したときに記録されます。

    再インストール

    再インストールは、ユーザーがアプリをインストールし、リアトリビューション期間中にアプリをアンインストールして再インストールしたときに記録されます。

    • 注意: リアトリビューション期間は、[設定] > [アプリ設定] 画面で設定します。
    リエンゲージメント

    リエンゲージメントは、特定のアプリの非アクティブなユーザーがアプリのリターゲティングキャンペーンに接触し、その後アプリを起動したときに記録されます。

    リアトリビューション リアトリビューションは、特定のアプリの元ユーザー(アンインストールしたユーザー)がアプリのリターゲティングキャンペーンに接触し、その後再インストールしたときに記録されます。
    オーガニックインストール

    オーガニックインストールは、特定のメディアソースに紐付けられていないインストールです。

    • 手記: レポートにオーガニックインストールを含めると、スキャンされる行の数が大幅に増加する可能性があります。
  • 時間枠: DCRでカスタムソースイベントに一致するアトリビューションイベントを検索する過去データの日数を選択します(1〜180日)。

カスタムソース

レポート構造を定義するときに、設定した任意のカスタムソースからのデータを使用することを選択できます。少なくとも 1つのカスタムソースを選択する必要があります。

レポートソースを選択

ソース間でデータを突合するには、レポートで使用される各カスタムソースに、アトリビューションデータのキー識別子にマッピングされた識別子が含まれている必要があります。

キー識別子とは何ですか?

これらのアトリビューションデータ識別子のいずれかにキー識別子としてマッピングできます:

  • AppsFlyer ID (af_id):インストール時にAppsFlyerによって採番される一意のアプリ識別子
    • このIDは、AppsFlyerによって記録されたすべてのイベントに表示されます。
    • アプリを削除して再インストールすると、新しいAppsFlyer IDが採番されます。
  • カスタマーユーザー ID (CUID):通常、ユーザー登録時にアプリの所有者によって生成および採番される一意のユーザー識別子。
    • CUIDを使用してデータをマッピングするには、SDKまたはサーバー間 API (S2S) を介して CUIDをAppsFlyerに送信するようにアプリが構成されている必要があります。

 重要!

すべてのメディアソースにおいてCUIDを使用した照合が許可されているわけではありません。AppsFlyer IDを使用することを強くお勧めします。

マッピングスキーム(ダイレクト / インダイレクト)

レポートで複数のカスタムソースを使用している場合、アトリビューションデータキー識別子に直接マッピングする必要があるのはそのうちの 1つだけです。その他のカスタムソースは、次の例に示すように 直接的または間接的にマッピングできます。

 

dcr_mapping_identifiers_attribution_data.png

上記のシナリオでは、次のようになります:

  • カスタムソース #1 識別子 AF は、アトリビューションデータデータキー識別子 af_id に直接マッピングされます。
  • カスタムソース #2 は間接的にマッピングされます: user_code -> AF --> af_id
  • カスタムソース #3 は間接的に(より長いチェーンを介して)マッピングされます。
    user_id - > user_code - > AF - > af_id
  • カスタムソース #4 識別子 ID は、アトリビューションデータのキー識別子 af_idに直接マッピングされます。
    • 代わりに間接的に(カスタムソース#3識別子user_idを介して)マッピングすることもできますが、どちらのオプションも正常に機能することに注意してください。

このマッピングスキームは、各カスタムソースがアトリビューションデータキー識別子 af_id に直接的または間接的にマッピングされるため、すべてのソース間でデータを照合するように機能します。

複数の一致するイベントの処理を決定

 注記

このレポートで選択したアトリビューションタイプに非オーガニックインストールやオーガニックインストールのみが含まれている場合、このセクションは関係ありません。ディメンションの選択にスキップしてください。

レポートで選択したアトリビューションタイプに再インストールリエンゲージメント、またはリアトリビューションが含まれている場合、選択した期間に同じキー識別子を持つ複数のイベントがアトリビューションデータに含まれる可能性があります。この場合、レポートに含める必要がある一致するイベントを DCRに指示する必要があります。

すべてのイベントの突合

最も包括的な突合方法では、一致するすべてのイベントをレポートに含めることができます。この結果を得るには、レポートのカスタムソースの 1 つにある識別子をアトリビューションデータ識別子 install_time にマッピングする必要があります。

  • install_time にマップされるソース内の識別子は、yyyy-MM-dd HH:mm:ss の形式である必要があります。
  • 手記: アトリビューションデータ識別子の名前はinstall_timeですが、再インストール、リエンゲージメント、またはリアトリビューションイベントを指す場合は、実際にはイベント時間を意味します。

1 つのイベントの照合

レポートで選択したアトリビューションタイプに再インストール、リエンゲージメント、リアトリビューションが含まれているが、識別子を install_time にマッピングしていない場合は、レポートで最後に一致したイベントまたは最初に一致したイベントのいずれかを選択する必要があります。

  • 最後のイベント: レポートに含まれるアトリビューションイベントは、特定のキー識別子に一致する期間内の最後のイベントです(時系列)。
  • 最初のイベント: レポートに含まれるアトリビューションイベントは、特定のキー識別子に一致する期間内の最初のイベントです(時系列)。

この選択は、レポートから取得する分析情報に最も関連があると考えられるイベントに基づいて行います。

ディメンションの選択

ユーザーレベルのデータはDCRによってレポートできないことを思い出してください。代わりに、選択したディメンションでデータを集計(またはグループ化)することで、必要な意思決定の分析情報を提供します。

ディメンションは通常、アプリユーザーを分類するための属性です(地域、インストール日、キャンペーンなど)。

レポートディメンションの選択

アトリビューションデータレポートのディメンションには、次のものが含まれます:

レポートに含めるディメンションを選択する:

  1. 左側の ソースからのディメンションリストで 1つ以上のディメンションを選択し、画面中央の追加ボタンを使用してレポートディメンションの一覧に追加します。
    • 検索バーを使用して、リスト内のディメンションを検索できます。
  2. ディメンションを削除するには、レポートディメンションリストからディメンションを選択し、削除ボタンを使用してソースからのディメンションリストに戻します。
  3. レポートに含める各ディメンションを追加するまで、このプロセスを繰り返します。

手記: デフォルトでは、すべてのレポートはアトリビューションデータディメンション media_source でグループ化されます。レポートでこのディメンションを使用しない場合は、レポートディメンションリストから削除できます。

[オプション] ディメンション表示名のカスタマイズ

デフォルトでは、ディメンション名はアトリビューションデータまたはカスタムソースで名前が付けられているとおりにレポートに表示されます。必要に応じて、レポートのディメンション名をカスタマイズできます。

ディメンションの表示名をカスタマイズする:

  1. レポートディメンションリストで、表示名を編集するディメンションの名前にカーソルを合わせます。
  2. ディメンションの右側に表示される編集ボタン edit_button.png をクリックします。
  3. 名前をレポートで使用するディメンション表示名に変更します(最大50文字)。
  4. OKをクリックして表示名を保存するか、X をクリックしてキャンセルします。

ディメンションでグループ化(再グループ化)する際のプライバシー保護:

データセットのサイズ、選択したディメンションの数、その他の要因によっては、レポートに、ユーザーが少なすぎてレポートを作成できないグループが 1つ以上存在する場合があります。データがこのように報告された場合、ユーザーレベルのデータの提供に対する制限に違反しています。

  • 重要:レポートを許可するために必要な最小ユーザー数は、メディアソースによって異なります。

ただし、DCRは、レポートからデータを完全に削除または非表示にする代わりに、 再グループ化メカニズム を使用して、ユーザーのプライバシーを維持しながら可能な限り詳細なデータを提供します。

 再グループ化の例

次のディメンションに従ってレポートを以下の順番通りに設定したとします:

  • アトリビューションデータディメンション:
    • media source
    • campaign
    • adset_name
    • ad_id
  • カスタムソースディメンション:
    • user_type

再グループ化する前に

データの初期分析後、DCRはデータが次のように分類されると判断します。

media
source
campaign adset
name
ad
id
user
type
rev
D0
rev
D7
count 出力可否
media_source UA_100 グリーン kjh867 buyer 1 4 120

media_source UA_101 グリーン jkj987 ultra 2 23 220

media_source UA_200 グリーン lkh12 beg 6 7 x

media_source UA_200 グリーン ilk945 beg 3 21 x

media_source UA_200 グリーン plm654 beg 8 17 x

現状では、最後の3行は、それぞれのユーザーが少なすぎるため、報告できません。(このメディアソースをレポート可能にするには、少なくとも y 人のユーザーが必要です。ここでは、x人しかいません。)

再グループ化ロジックに従って、DCRは最初に、最後にリストされたアトリビューションデータディメンション(この場合は ad_id)を "削除" します。次に、データを再度分析して、レポート可能な行を確認します。

再グループ化後

再グループ化ロジックを適用すると、レポートは次のように表示されます:

media
source
campaign adset
name
ad
id
user
type
rev
D0
rev
D7
count 出力可否
media_source UA_100 グリーン kjh867 buyer 1 4 120

media_source UA_101 グリーン jkj987 ultra 2 23 220

media_source UA_200 グリーン Restricted(制限有り) beg 17 45 y (x+x+x)

結果:

  • 最後の行は、それまで3行に分かれていたデータを統合したものです。これで、結合された行のユーザー数は y に等しくなり、レポートできるようになります。
  • 削除されたディメンションは、RESTRICTED(制限有り)としてサポートされます。
  • レポートできない行(ユーザー数 y 未満)がまだ存在する場合、DCR は反復的にデータを分析し続け、次のいずれかになるまで次々にディメンションを削除します:
    • すべての行をレポートできるようになる、もしくは
    • 排除するアトリビューションデータディメンションを使い果たす

注: デフォルトでは、DCRは アトリビューションデータディメンションにのみ再グループ化を適用します(カスタムソースディメンションには適用されません)。アトリビューションデータディメンジョンでグループ化されたデータのユーザーが y 人未満を含む行になった場合、その行のデータは RESTRICTED としてレポートされます。

  • カスタムソースディメンションにも再グループ化を適用するために使用できる高度なオプションについては、以下を参照してください。

[オプション] ディメンションの優先度の管理

デフォルトでは、アトリビューションデータディメンションは レポートディメンションリストに表示される順序とは逆の順序で削除されます。ただし、デフォルトの順序を変更したり、選択したカスタムソースディメンションに再グループ化を適用して、最も重要なディメンションを保持することができます。

ディメンションを削除する順序を変更する:

  1. ディメンション優先度の管理 ボタンをクリックします。
  2. ディメンションを選択し、リスト内の目的の位置にドラッグします(または、右側の矢印ボタンを使用して移動します)。
    • 優先度:最高 とラベル付けされたディメンション(リストの一番上)は、再グループ化が必要な場合に一番最後に削除されるディメンションであることを意味します。
  3. [オプション] カスタムソースディメンションに再グループ化を適用する:
    1. 詳細オプションを使用して再グループ化を絞り込む をクリックします。
    2. 再グループ化を適用するカスタムソースディメンションを選択します。
    3. 選択したディメンションが ディメンション優先度の管理 リストに追加されます。
      • デフォルトでは、これらのディメンションはリストの一番下に 再グループ化の優先度:最低 として追加されます。ただし、上記のようにアトリビューションデータディメンションと同様に並べ替えることができます。
  4. OK をクリックして変更を保存します。
    • メイン画面の レポートディメンションリストは元の順序のままですが、修正された順序は保存されています。
      (選択内容を確認または編集する場合は、ディメンション優先度の管理 ボタンをもう一度クリックします。)

メトリックの選択

指標は、アプリユーザーに関して収集した数値データ(収益、アプリ起動数、LTVなど)であり、指標として分類したソースからの任意の数値データ項目を使用できます。

レポートに含める指標を選択する:

  1. 左側の ソースからのメトリックリストで 1つ以上のメトリックを選択し、画面中央の追加ボタンを使用して、レポートメトリックの一覧に追加します。
    • 検索バーを使用して、リスト内のディメンションを検索できます。
  2. レポートメトリックリストのメトリックごとに、データを次のいずれかとしてレポートするかどうかを選択します:
    • 数値の合計、または
    • 個別の値の数
  3. メトリックを削除するには、レポートメトリックリストからメトリックを選択し、削除ボタンを使用して ソースからのメトリックリストに戻します。
  4. レポートに含める各ディメンションを追加するまで、このプロセスを繰り返します。

[オプション] メトリック表示名のカスタマイズ

デフォルトでは、ディメンション名はアトリビューションデータまたはカスタムソースで名前が付けられているとおりにレポートに表示されます。必要に応じて、レポートのディメンション名をカスタマイズできます。

メトリックの表示名をカスタマイズする:

  1. レポートメトリックリストで、表示名を編集するメトリックの名前にカーソルを合わせます。
  2. ディメンションの右側に表示される編集ボタン edit_button.png をクリックします。
  3. 名前をレポートで使用するディメンション表示名に変更します(最大50文字)。
  4. OKをクリックして表示名を保存するか、X をクリックしてキャンセルします。

[オプション] カウントする識別子を選択する

デフォルトでは、レポートの各行は、その行のデータにグループ化された個別のAppsFlyer IDの数を含む列が最後(一番右)で終わります。

ソースからの他の識別子の個別のカウントの列を追加する場合は、次のようにします:

  1. 左側の ソースの識別子リストで 1つ以上の識別子を選択し、画面中央の追加ボタンを使用して、それらを個別のカウント識別子の一覧に追加します。
    • 検索バーを使用して、リスト内の識別子を検索できます。
  2. 識別子を削除するには、個別のカウント識別子リストから識別子を選択し、削除ボタンを使用してソースからの識別子リストに戻します。
  3. レポートにカウントする各識別子を追加するまで、このプロセスを繰り返します。

レポートの接続先を設定してレポートを保存

DCRは AppsFlyer Data Lockerを使用して、選択したクラウドサービスにレポートを配信します。したがって、レポートの送信先を指定するには、Data Lockerの接続を選択または作成する必要があります。

  • 注意: DCRレポートの受信にData Lockerのプレミアムサブスクリプションは必要ありません。Data Lockerによるその他のAppsFlyerレポートの受信についての詳細は、CSMにお問い合わせいただくか、 hello@appsflyer.com にメールを送信してください。

レポートの接続先を設定してレポートを保存する:

  1. AppsFlyerアカウントで利用可能なデータロッカー接続のリストから選択します。
    • アカウントに接続が定義されていない場合:
      • ブラウザに新規タブが開きます(AppsFlyerのData Lockerページが表示されます)。
      • 新規接続 ダイアログが開きます。こちらの手順に従って作成してください。
    • 既存の接続があっても新規接続を使用したい場合は、dcr_new_connection_data_locker_button.pngボタンをクリックします。
      • ブラウザに新規タブが開きます(AppsFlyerのData Lockerページが表示されます)。
      • 新規接続 ダイアログが開きます。こちらの手順に従って作成してください。
    • 接続の作成後、ブラウザのDCRタブに戻り、Data Locker接続一覧から新しく作成した接続を選択します。
  2. 保存をクリックしてレポートを保存します。
  3. 新しいレポートがData Clean Roomレポートタブに表示されます。

レポートはいつ実行されますか?

レポートを作成して保存すると、使用するすべてのカスタムソースの新しいバージョンが検出されるたびにレポートが実行されます。

  • データウェアハウス(BigQuery および Snowflake)のソースの場合、DCR は、ソースの表のv列に新しい値が検出すると、ソースの新しいバージョンが作成されたことを認識します。
    • 重要:レポートを完全なものにするには、列の値が変更されるたびに、ソースの表に完全なデータを入力するようにしてください。
  • クラウドストレージバケット(Amazon S3 および GCS)のソースの場合、DCR は、ソースファイルの新しいバージョンが付随する _SUCCESS ファイルとともにアップロードされたことを検出すると、ソースの新しいバージョンが作成されたことを認識します。

AppsFlyerは、現在の日付と2日前のソースの新しいバージョンを継続的にスキャンします。

参考

利用可能なアトリビューションデータディメンション

カスタムソースのディメンションに加えて、次のアトリビューションデータディメンションを使用してレポートをグループ化できます。

  • media_sourceデフォルトでレポートディメンションとして含まれています
  • ad
  • ad_id
  • ad_type
  • adset_id
  • adset_name
  • app_id
  • app_version
  • attributed_touch_time
  • attributed_touch_type
  • brand
  • campaign
  • campaign_id
  • channel
  • city
  • contributor_1_campaign¹
  • contributor_1_match_type
  • contributor_1_media_source¹
  • contributor_1_partner¹
  • contributor_1_touch_time¹
  • contributor_1_touch_type¹
  • contributor_2_campaign¹
  • contributor_2_match_type¹
  • contributor_2_media_source¹
  • contributor_2_partner¹
  • contributor_2_touch_time¹
  • contributor_2_touch_type¹
  • contributor_3_campaign¹
  • contributor_3_match_type¹
  • contributor_3_media_source¹
  • contributor_3_partner¹
  • contributor_3_touch_time¹
  • contributor_3_touch_type¹
  • conversion_type
  • country
  • device_type
  • dma
  • event_time
  • geo_region
  • install_time
  • Keywords
  • match_type
  • model
  • original_url
  • partner
  • platform
  • site_id

¹ リエンゲージメントおよびリアトリビューションの場合、レポートのこれらのフィールドは空白です。