AppsFlyer Android SDKリリースノート

概要:Android SDK V4.x.以降のリリースノートです。

Android SDK V6 リリースノート

デベロッパー向けAndroid SDK実装ガイド

Android SDK V6 リリースノート
バージョン リリース日 備考
6.1.0 2020-11-09
6.0.1 2020-10-28
  • 不具合の修正とメンテナンス
6.0.0 2020-10-14
  • SDKの機能やAPIに大きな変更があり、サポートが終了したものやメソッド名の変更も含まれています。詳細はこちら

Android V6.0.0リリースノート

メソッドが削除/廃止または名前が変更されました

メソッドが削除/廃止されました

次のメソッドが SDK から削除されました:

  • sendDeepLinkData

  • trackAppLaunch

  • setPluginDeepLinkData

  • setConsumeAFDeepLinks

  • setHostName

メソッドの名前が変更されました

API名(V6より前) 現在のAPI名(V6以降)

stopTracking

stop

setCustomerIdAndTrack

setCustomerIdAndLogSession

startTracking

start

trackLocation

logLocation

reportTrackSession

logSession

trackEvent

logEvent

setDeviceTrackingDisabled

anonymizeUser

validateAndTrackInAppPurchase

validateAndLogInAppPurchase

isStopTracking

isStopped

trackAndOpenStore

logAndOpenStore

trackCrossPromoteImpression

logCrossPromoteImpression

trackInvite

logInvite

名前が変更されたインターフェイス

インターフェイス名 (V6 より前) 現在のインタフェース名 (V6 以降)

AppsFlyerTrackingRequestListener

AppsFlyerRequestListener

Android SDK V5 リリースノート

Android SDK V5 リリースノート
バージョン リリース日 備考

5.4.4

2020.10.01
  • ESPからの複数のリダイレクトを処理するためのSDKのサポートが追加されました
  • 不具合の修正とメンテナンス

5.4.3

2020-07-30
  • 拡張されたログおよびデバッグ機能
  • 不具合の修正とメンテナンス
  • GoogleインストールリファラーV2のサポート

5.4.1

2020-07-30
  • 広告主が、連携済みパートナー/ネットワークとのデータの共有を制御できるようになりました詳細はこちら
  • 不具合の修正とメンテナンス

5.4.0

2020-06-03
  • OAIDの自動収集を完全にサポート
  • マルチリファラーのサポート:SDKはHuaweiとGoogleのリファラーを収集することができます
  • SDKパフォーマンスの向上
  • 不具合の修正とメンテナンス

5.3.0

2020-04-27 
  • onAppOpenAttribution メソッドを使用して、最新のダイレクトディープリンク変換データにいつでもアクセスできます
  • クロスプロモーションのインプレッションに使用できる追加パラメータ
  • 不具合の修正:Windows での a と b のファイル名に関する問題を修正
  • ユーザーが特定のアクティビティにディープリンクされていても、アトリビューションデータを取得するための sendDeepLinkData メソッドは廃止され、startTracking() メソッドが推奨されています
5.2.0 2020-03-10  
  • 任意のアクティビティで SDK の初期化を許可
  • 拡張されたセキュリティ、ログおよびデバッグ機能
  • 不具合の修正とメンテナンス
5.1.2 2020-02-19
  • 不具合の修正とメンテナンス
5.1.1 2020-01-23   
  • 不具合の修正とメンテナンス
5.1.0 2020-01-06    
  • GoogleのターゲットAPIレベルの要件に従って、Android 9(APIレベル28)にターゲット設定
  • Protect360クライアント向けに不正防止保護機能の改善
  • OAIDを収集するためのオプションモジュール(中国国内向け)- XiaomiとHuawei(https://github.com/AppsFlyerSDK/appsflyer-oaid 参照)。
  • 不具合の修正:ESP用の setOneLinkCustomDomainSet を使用時のクラッシュを修正
5.0.2 2019-12-23    
  • 不具合の修正とメンテナンス
5.0.1 2019-12-12   
  • 不具合の修正とメンテナンス
5.0.0 2019-11-12
  • 不具合の修正とメンテナンス
  • SDKの機能やAPIに大きな変更があり、サポートが終了したものやメソッド名の変更も含まれています。詳細はこちら

Android V5.0.0 リリースノート

SDKレスポンスタイムの向上

SDK V5.0.0 以降、オーガニックインストールのGCDレスポンスタイムが改善されました。

削除または改名されたメソッド

メソッド名の変更

インストールコンバージョンデータメソッドの名前が Android と iOS で同じになりました。これは、次の処理を行うメソッドに影響します。

  • インストールコンバージョンデータ
  • データが利用できない場合はエラーになります
SDK V5より前のAndroid名 SDK V5より前のiOS名 標準化された名前
onInstallConversionDataLoaded onConversionDataReceived onConversionDataSuccess
onInstallConversionFailure onConversionDataRequestFailure onConversionDataFail
コンバージョンデータメソッド名の変更

削除されたメソッド

以下のメソッドは、以前のSDK バージョンでは廃止されました。今後はSDKから削除されます。

Android

  • setGCMProjectID (String projectNumber)
  • setGCMProjectNumber (String projectNumber)
  • setGCMProjectNumber (Context context, String projectNumber)
  • enableUninstallTracking (String senderId)
  • setAppUserId (String id)
  • setUserEmail (String email)
  • setCollectFingerPrint (boolean isCollect) 
  • getAttributionId (ContentResolver contentResolver)
  • FirebaseInstanceIdListener class (instance of FirebaseInstanceIdService)

 iOS

  • loadConversionDataWithDelegate: (id<AppsFlyerTrackerDelegate>)delegate
  • setHost:(NSString *)host 

コンバージョンデータ取得の形式変更

このバージョンでは、インストールまたはアプリ起動のたびに、SDKはメディアソースやキャンペーン名などのコンバージョンデータ (GCD) を含むマップオブジェクトを返します。以前のSDKバージョンでは、GCDは値を持つパラメータのみを返しました。

このバージョン以降、値を持たないパラメータも含めて、すべてのパラメータが返されます。値を持たないパラメータには、null と値が返されます。

 

次のURLをクリックしたあとにインストールします。

https://app.appsflyer.com/com.sample.app?pid=super_media_source&c=awesome_campaign
&campaign_id=1234&af_sub1=promo

レスポンスは次の通りです。

SDK V5より前のGCDレスポンス SDK V5以降のGCDレスポンス

 {
    "install_time": "2019-11-11 15:00:59.828",
    "media_source": "super_media_source",
    "orig_cost": "0.0",
    "advertising_id": "215d8172-c61e-4d0c-9eb2-aa4d0971ed8c",
    "af_status": "Non-organic",
    "is_first_launch": "true",
    "af_sub1": "promo",
    "af_click_lookback": "7d",
    "cost_cents_USD": "0",
    "iscache": "true",
    "click_time": "2019-11-11 15:00:35.102",
    "campaign": "awesome_campaign",
    "campaign_id": "1234",
}
    

GCDは、データに関係なく同じ構造を返します。パラメータが空の場合、GCDには null 値が含まれます。これにより、開発者は特定のパラメータの有無にかかわらず、GCD処理ロジックを調整しなくてもGCDを処理しやすくなります。詳細については、コンバージョンデータのシナリオに関するガイドを参照してください。

Android SDK V4 リリースノート

V4.8.5-V.11.0

V4.11.0 - 2019年10月22日

  • 次のデバッグ機能向上のためのログ改善:
    • ESP
    • ブランドリンクの解決
    • onInstallConversionData と onAppOpenAttribution
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.10.3 - 2019年9月15日

  • 不具合の修正とメンテナンス
  • Open Advertiser ID (OAID) のサポート

V4.10.2 - 2019年7月14日

  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.10.1 - 2019年7月1日

  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.10.0 - 2019年5月14日

  • ProGuard を使用する開発者向けのSDKの改善
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.9.0 - 2019年3月17日

  • 別のユニバーサルリンクでラップされたOneLinkを解決するためのsetResolveDeepLinkURLs API
  • 以前のペイロードの破棄されたプッシュ通知記録に同じpidが含まれ、メモリに残っていた場合に、プッシュ通知の記録を修正しました。
  • タイプミスを修正 af_county から af_country
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.20 - 2019年2月13日

  • 携帯電話プロバイダーのゼロレーティング機能の向上
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.19 - 2018年12月26日

  • メソッド waitForCustomerUserId() generateLinkを中断する問題を修正しました
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.18 - 2018年11月11日

  • トランポリンアクティビティによるディープリンクの問題を修正
  • バックグラウンドとフォアグラウンド間を移動するときのリエンゲージメント精度を向上しました
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.17 - 2018年11月2日

  • ProGuardとのコンフリクトに関して、アプリ起動データが失われる可能性がある問題を修正しました。この問題はSDKバージョン4.8.16のみに影響します。

V4.8.16 - 2018年10月31日

  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.15 - 2018年8月27日

  • 追加SDKイベント:Subscribe, Start Trial, Ad Click, Ad View
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.14 - 2018年7月31日

  • AF_STORE 値を動的に設定するための、setOutOfStore および getOutOfStore APIが追加されました
  • AppsFlyerサーバーが正常にトラッキングリンクエストを受信したことを確認するためのonTrackingRequestFailureonTrackingRequestSuccess APIを追加しました

V4.8.13 - 2018年6月20日

  • setImeiData API で明示的に渡されたときに IMEI が欠落していたエッジケースの不具合を修正
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.12 - 2018年5月27日

  • Robolectricを使用するJUnitテスト使用時のアプリのクラッシュを修正
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.12 - 2018年5月2日

  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.10 - 2018年4月26日

  • setPreinstallAttribution APIを追加
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.9 - 2018年4月2日

  • GooglePlayServicesがデバイスに存在せず、そのデバイス上でGAIDを取得できない場合にのみ、IMEIを収集する
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.8 - 2018年3月11日

  • customerUserID が提供されるまで SDK の初期化を遅らせるための API を追加
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.7 - 2018年1月25日

  • isStopTracking API が全てのSDKアクティビティを停止するようになりました
  • af_content イベントパラメータ

V4.8.6 - 2017年12月5日

  • Android API18以下での不正な形式のJSONの修正

V4.8.5 - 2017年11月29日

  • 新しいGoogleリファラーAPIのサポート
  • コンテキストを受け取る新しいinitメソッド

V4.8.4まで(非推奨バージョン)

V4.8.4 -2017年11月14日

  • getConversionDataに、これが初回起動であるかどうかを示すフラグ is_first_launch を追加しました。このフラグを使用すると、開発者は起動時に返される getConversionData コールバック応答内で、アプリケーションの最初の起動を簡単に識別できます。is_first_launch の値は、"true"または "false"です。
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.8.3 - 2017年9月27日

  • getConversionDataでhttpリファラデータのサポートが追加されました

V4.8.2 - 2017年9月19日

  • 複数のアクティビティにディープリンクするアプリのsendDeepLinkData(thisに修正を追加しました

V4.8.2 - 2017年9月17日

  • SDK初期化前に呼び出されるアプリ内イベントに対する保護の強化

V4.8.0 - 2017年9月3日

  • ユーザー招待API
  • クロスプロモーションAPI
  • セッション間の時間をカスタマイズ
  • 携帯電話プロバイダーのゼロレーティング機能をサポート
  • 追加イベントパラメーター af_projected_revenue
  • 不具合の修正とメンテナンス
  • 追加のinitメソッドが導入されました ‐ AppsFlyerLib.getInstance().init(AF_DEV_KEY,conversionDataListener);

V4.7.4 - 2017年7月28日

  • 複数のScheduledExecutorServiceのシャットダウンの処理が改善されました

V4.7.3 - 2017年6月6日

  • mParticle インテグレーションの機能強化

V4.7.2 - 2017年5月22日

  • マイナーなメモリリークの問題を修正
  • アンインストール測定の精度の向上
  • アンインストールの測定に影響するProGaurd警告を修正
  • 不具合の修正とメンテナンス

V4.7.1 - 2017年2月22日

  • ProGuardによってトリガーされる警告を修正しました

V4.7.0 - 2017年2月13日

  • 追加イベントパラメーター
  • Firebase ベースのアンインストール測定のサポート
  • 不具合の修正とメンテナンス

Android SDKのチェックサム

AppsFlyerはmd5チェックサムを使用しています:

V6 チェックサム

Android SDK バージョン チェックサム
6.1.0 e8d6df04ac2642b2d7b16efb57f315e9
6.0.1 9ebeb6f4f49476667c07d0e8eb1aa2e8
6.0.0 cff3d453ea94e67182f5b1b023aeb1c1

V5 チェックサム

Android SDK バージョン チェックサム
5.4.4 13a04913cf61276238f54e5e2d73e88d
5.4.3 7b1caef46942c70edcd2e59cad69e439
5.4.1 e4eb21c0030f376857b53e2e30022fc8
5.4.0 8c0270f6c3e7e58b1db42be82cc341d8
5.3.0 d602dd28d9ee807855e5426d6a9b7ebf
5.2.0 64fe94447def6d99549d3274ce908f09
5.1.2 1a7dbb23aad32d697835f3ec29337ca9
5.1.1 dfea6a49e6ae57fc2c700f6dcd904bc1
5.1.0 89cc7e08a0430180e64f3cccf955768f
5.0.2 c113618ea379531cba6ce42bc4c79d72
5.0.1 db0502faa5b02102dd99ac6cec666d04
5.0.0 98f1f78ae5f63cb4f40ba838d3d1be22

V4 チェックサム

Android SDK バージョン チェックサム
4.10.3 855186d68912810fa47897262a9ba0a0
4.10.2 13ed5716d5a8583eeee527f01bd2a69d
4.10.1 ab3e49bb4640990267466b7852cd3de7
4.10.0 b5fb55ee76cd6a742d9bd25b910745a1
4.9.0 afa49524ddceda28ca1648946489a6b0
4.8.20 2f59d0f8db09b92f8261475a1d0807d0
4.8.19 baf8fa419f38de52cef6091de32aca86
4.8.18 3a0641720811a25542449f1927daf13e
4.8.17 3a0641720811a25542449f1927daf13e
4.8.16 501be427b0c2a831e148649131ce3fc0
4.8.15 7b6759a006d72d3a7c78ec80160c3502
4.8.14 bc4facd80958d0600b4d000104e524d9
4.8.13 bc4facd80958d0600b4d000104e524d9
4.8.12 171569002d93fb8d49787b363192973f
4.8.11 4419af159a42e4ee7a218ef8615e2abb
4.8.10 468ad04e4a2088ba7af9c45d42f4ed6d
4.8.9 9a923bbbf3f6c7cc19b900e49644da2c
4.8.8 6dee4814986061a0723cc9f844796e2e
4.8.7 ca13997ccb781a5935e91983b7be81ea
4.8.6 da117a3e9e05df7dd28297df762cfbfa
4.8.5 f8ea07b8a60d664541686ba7064730f5
4.8.4 b10f185c1094cf283b11339810a47c87
4.8.3 7f94ec175b948c5009bfbfe2fb25b2b0
4.8.2 3e34b55e13cd3f8d387b1a33c20105eb
4.8.1 6c2930d2997a7b2b6ab7b3ecf0e3135b
4.8.1 468ad04e4a2088ba7af9c45d42f4ed6d
4.8.1 4419af159a42e4ee7a218ef8615e2abb latest
4.8.0 32d67577ce59b2072475e509579baece
4.7.4 7e649e6a1cf8999ca39b05402946b3d6
4.7.3 e30c020f8ee5dd3af274fa94ef414a38
4.7.2 945aaaca554aa8b2f96219f25eed9777
4.7.1 862c349025e4725d4e5044a190c60337
4.7.0 b060ad140ffd0c8f2b3febb26122d173
この記事は役に立ちましたか?

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。