App Storeの審査に向けた準備

概要:iOS 14以降、ディベロッパーは、アプリ提出時に、プライバシー方針に関する情報をApp Storeに提供する必要があります。App Storeはこれらの情報を栄養ラベルのような形式で公開します。

弊社弁護士からのコメント: ここに記載されていることは、法的なアドバイスではありません。お客様の情報および便宜のために提供されています。Appleのポリシーがお客様にどのように適用されるかについては、法律家およびその他の専門家のアドバイザーと密接に連携して正確に判断してください

プライバシーに関する詳細情報とApp Store審査

  • プライバシーラベルを生成するには、アプリデベロッパーはApp Store Connectにアプリを提出する際に、次のセクションを含むいくつかの質問に回答する必要があります。
  • アプリデベロッパー:
    • AppsFlyerソフトウェアの実装と設定方法、収集するデータ、およびそのデータの使用方法に関して、完全な決定権を有しています。
    • 各々のAppsFlyerソフトウェアの実装方法と収集するデータポイントに基づいて、アンケートに対する回答が大きく異なる可能性があります。
  • Appleのポリシーに関するAppsFlyerの理解では、AppsFlyerはトラッキングを実施しません。そのため、アプリデベロッパーは自身の用途やパートナー連携の方針に基づいて、プライバシーに関する質問に回答する必要があります。
  • 収集されたデータをトラッキング目的に使用する場合は、ATTへの同意画面を実装する必要があります。
  • 次の表は、AppsFlyerソフトウェアのデフォルト実装を前提としています。アプリデベロッパーは、特定の実装方法や用途に合わせて内容を変更する責任があります。  

データタイプ

AppsFlyerのデータ収集

備考

Contact information/連絡先情報

  • 名称
  • メールアドレス(ハッシュ化を含む)
  • 電話番号(ハッシュ化を含む)
  • 住所
  • その他のユーザー連絡先情報 

いいえ

連絡先情報は収集すべきではありません。ただし、アプリでハッシュ化されたメールアドレスや電話番号を通信するよう設定している場合は、それに応じてApp Storeの質問に回答してください。

フィットネス

いいえ

収集しません

Financial info/財務情報

  • お支払い情報
  • クレジット情報
  • その他の財務情報

いいえ

収集しません

Location info/位置情報

  • 正確な位置
  • 大体の位置


備考を参照

  • 正確な位置:いいえ
  • 大体の位置:はい。IPアドレスが収集され大体の地理的位置にマッピングされます。

Sensitive info/機密情報

いいえ

収集しません

Contacts/連絡先

いいえ

収集しません

User content/ユーザーコンテンツ

  • メールまたはテキストメッセージ
  • 写真または動画
  • 音声データ

いいえ

収集しません

Browsing history/閲覧履歴

いいえ

収集しません

Search history/検索履歴

いいえ

収集しません

Identifiers/識別情報

  • ユーザーID
  • デバイスID (IDFA)

オプション

  • ユーザーID: アプリデベロッパーはユーザーID (CUID) を設定および送信できます。
  • デバイスID: 広告ID (IDFA) はアクセス可能な場合にのみ収集されます。

購入

  • 購入履歴

オプション

アプリデベロッパーは特定のアプリ購入イベントを計測するように設定できます。

Usage data/データ使用状況

  • 製品インタラクション
  • 広告データ
  • その他の使用状況データ 

  • はい
  • オプション
  • いいえ
  • 製品インタラクション: アプリ起動や、アプリデベロッパーによって設定されたその他のユーザーインタラクションが計測されます。
  • 広告データ: アプリデベロッパーがAppsFlyer広告収益モジュールを使用する場合に受信されます。

Diagnostics data/診断データ

  • クラッシュデータ
  • パフォーマンスデータ
  • その他の診断データ

 

  • いいえ 
  • はい
  • いいえ

起動時間および/またはバッテリー残量は不正検知のために受信されることがあります。

その他のデータ


  • その他のデータタイプ
  • IDFV

はい

  • 技術デバイス情報(例:OS、デバイスタイプ、言語、画面サイズなど)または、ネットワーク情報(例:IPアドレス、HTTPユーザーエージェント)はAppsFlyerによって受信されます。
  • AppsFlyerは各アプリインストールに対してAF IDというインストールIDを割り当てます。
  • IDFVは収集されます。
収集されるデータタイプ [2021年4月21日更新]

データの使用目的

以下の表で示すように、Appleでは、アプリデベロッパーが選択しなければならない使用目的の一覧が用意されています。各データタイプに対して、特定の用途に関する適切な使用目的を特定する必要があります。

データの目的

AppsFlyerからのデータの使用方法に基づく選択

Third-party advertising /サードパーティ広告

サードパーティの広告をアプリ内で表示するために、データタイプをサードパーティと共有する場合に選択します。

Developer’s advertising or marketing /開発者の広告またはマーケティング

アプリ内でファーストパーティ広告を表示する場合(自社広告を表示するためにサードパーティと共有する場合を含む)または、その他のマーケティング目的で使用する場合に選択します。

アナリティクス

はい 

Product personalization / 製品のパーソナライズ

製品のパーソナライゼーションにデータを使用する場合に選択します。

App functionality / アプリの機能

はい

Other purposes / その他の目的

記以外の記載されていない目的のためにデータを使用する場合に選択します。

IDに紐づくデータ

AppsFlyerを介して収集されるデータタイプは、大抵の場合、デバイスID(利用可能な場合)などの識別子、もしくは実装されている場合は、顧客が発行したカスタマーIDなどに紐づいています。

したがって、アプリデベロッパーは、データがIDに紐づいているかという質問に対して、Yesを選択し回答すべきです。

この記事は役に立ちましたか?