GameAnalyticsとAppsFlyerの連携

概要:AppsFlyerの連携パートナーであるGameAnalyticsは、ディベロッパーがプレイヤーの行動を理解し、エンゲージメントの向上、離脱の削減、そして収益化を最適化するためのパワフルな無料ツールです。ゲームの主要KPIを便利に一箇所で可視化し、14,000を超える同様のタイトルに対して、自社の指標がどこに位置するのかを確認できるゲーム内のベンチマークを提供します。

数分で設定が完了し、利用上限や隠れたプレミアム機能などはなく、無料で利用できます。タイトルに実装するまえにプラットフォームを体験したい方は、サインアップして事前に用意されているデモゲームのデータをご覧ください。

このプラットフォームは、インディーズから世界的に有名なゲームスタジオまで、世界中の4万人以上のゲームディベロッパーから信頼されており、2億台以上のデバイスで毎日50億以上のユニークなイベントを処理しています。GameAnalytics は広く連携されており、すべての主要なゲームエンジンとプラットフォーム用のSDKを備えています。今すぐ無料でサインアップしましょう:https://gameanalytics.com/

 重要!

一部のメディアソースは、第三者とのデータ共有を制限しています。AppsFlyerでは、これらのメディアソース経由で獲得したユーザーに関するユーザーレベルデータを第三者プラットフォームやサービスと共有できません。そのため、このようなメディアソースからのインストールはオーガニックとして送信されます。

第三者プラットフォームとのデータ共有を制限しているメディアソースの詳細とリストに関しては、こちらをクリックしてください。

GameAnalyticsの設定

アプリの管理画面に移動し、左メニューの 連携済みパートナーをクリックしてください。

Integrated_Partners_link.png

検索フィールドに「GameAnalytics」と入力し、ロゴをクリックしてGameAnalyticsの設定画面を開きます。

gameanalytics_integration.png

GameAnalyticsの設定画面では、設定タブのみを使用します。

連携済みパートナーの設定画面のヘッダーについての詳細は、こちらをクリックしてください。

連携タブ

連携タブは次のセクションに分かれています。

パートナーを有効にする

この画面を最初に開く際には、次のパートナーを有効にするをオンにして、連携タブのパラメータ設定を有効にします。このパートナーと連携を続ける限り、トグルをオンにしておく必要があります。
パートナーの有効化についての詳細は、こちらをご覧ください。

一般的な設定

Game Key

GameAnalyticsは、ユニークなGame Kayを使用してAppsFlyerと接続します。まだお持ちでない場合は、連携作業を続けるためにこのIDをGameAnalyticsから取得してください。

Game_Analytics_msc_new_2.png

デフォルトのポストバック

AppsFlyerは、GameAnalyticsユーザーのインストールに対し自動ポストバックを送信できます。このセクションを用いて、これらのポストバックの送信について設定してください。

Swrve_msc_new_4.png

[Events attributed to any partner or organic(全ての非オーガニック及びオーガニックインストールに紐づくイベント)を選択し、アプリをダウンロードした全てのユーザーに関するポストバックをGameAnalyticsに送信するか、Offを選択してください。

アプリ内イベントの設定

このセクションでは、GameAnalyticsへポストバックするAppsFlyerのイベントをマッピングできます。

  1. Game Keyを再度入力してください。
  2. アプリ内イベントのポストバックのトグルをONにしてください。
  3. SDKに定義済みの全てのイベントに対して、ポストバック送信オプションを選択してください。
    - Only events attributed to this partner (このパートナー経由のインストール発生のイベントのみ):このパートナー経由のユーザーから発生したイベントのみ
    - Events attributed to any partner or organic (全てのパートナー経由の非オーガニックインストール、およびオーガニックインストールのイベント):すべてのユーザーベースからパートナーに送信できるようにする場合
  4. イベントを追加をクリックして、SDKイベントをリストに追加してください。
  5. 次のパラメータを設定してください:
パラメータ名 説明
SDK Event Name アプリと連携済みのSDKから、またはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名。
ヒント - アプリ内イベント名がリストに表示されない場合、デバイス上で非オーガニックインストールによってアプリ内イベントが発生しているかを確認してください。
Partner Event Identifier GameAnalytics側で定義された各イベントのユニーク名またはID。
対応するイベントIDをGameAnalyticsから取得し、テキストフィールドに設定してください。
Send Revenue チェックなしの場合 - AppsFlyerはリッチアプリ内イベントのすべてのパラメータをパートナーに送りますが、af_revenueパラメータに含まれるrevenueパラメーターは送信しません。
チェックありの場合 - AppsFlyerはrevenue値(イベントに存在する場合)を含む全てのパラメータをパートナーに送ります。

保存 をクリックしてください。

設定が保存されたら、全ての非オーガニックインストールに対してAppsFlyerは次のデータをGameAnalyticsに送信し始めます。

  • game_key
  • Media Source
  • キャンペーン名

計測リンクタブ

GameAnalyticsで計測リンクは使用できません。
 

コストタブ

このパートナーとの連携では、コストデータはサポートされていません。

広告収益タブ

このパートナーとの連携では、広告収益はサポートされていません。

権限タブ

GameAnalyticsで権限タブは利用できません。

この記事は役に立ちましたか?