オーガニック検索の計測とキーワードデータ

概要:オーガニック検索の計測データの詳細や、キーワードデータを取得して、どの検索フレーズが最も人気があるかを把握し、オーガニックコンバージョンを最適化しましょう。

オーガニック検索の計測

オーガニック検索の計測を使用して、Web上のオーガニック検索をした後にアプリと再度エンゲージメントを実行した既存ユーザーを計測しましょう。

計測を設定する方法

  1. アプリの Android および iOS アプリ開発者に、アプリに関連付けられたドメインを提供してください。Android の場合、これは既存ユーザーに対してアプリを開くように構成された Android アプリリンクを持つドメインを意味します。また、iOSの場合、これはユニバーサルリンクのドメインが既存ユーザー向けにアプリを開くように構成されていることを意味します。
  2. 開発者に、メディアソース(pid)パラメーターにどの値を使用すべきかを伝えてください。例:search_engine
  3. 開発担当者にAndroidアプリリンクおよびiOSユニバーサルリンクの手順に従うよう指示してください。
    オーガニック検索から発生したインストールは、ステップ2で選択したメディアソースの値に紐づいて表示されます。例:search_engine

ヒント!地域別の検索エンジンの使用状況の内訳を参照してください。

キーワードに関するデータ

オーガニック検索はアプリの重要なトラフィックソースです。オーガニックユーザーは、獲得コストが発生せず、通常最もエンゲージメントの高いコホートの一つです。

アプリページをいくつか最適化することで、新規オーガニックインストール数を増やすことができます。オーガニック検索を最適化するには、アプリのオーガニック検索キーワードに関するデータを取得する必要があります。

iOSキーワード

Apple Search Adsを利用している場合は、Apple Search Adsに紐づく非オーガニックユーザーの詳細なキーワードデータを取得できます。iOSでは、オーガニックキーワードデータは利用できません。

Androidキーワード

Googleは、次のユーザーに関するオーガニックキーワードデータ(リファラーURL上)を共有しています。

  • Androidデバイスを使用するユーザー
  • Chromeブラウザを使用するユーザー
  • Google.com を訪問し検索を実行するユーザー
  • Google検索結果ページからアプリをインストールするユーザー
  • アプリを起動

SDKは、Google Playへのリンクの一部に含まれている場合、&utm_term パラメーターからGoogleから提供されたキーワードを抽出します。可能な場合、値は次のAppsFlyerのローデータ項目に含まれます:http_referrergp_broadcast_referrerkeywords

オーガニック経由のAndroidユーザーでこれらの条件を満たし、オーガニックキーワードデータを取得できるのは、全体の1%以下と考えてください。

その他のシナリオでは、Googleはオーガニックキーワードデータを共有しません。例えば、ユーザーがGoogle Playで検索した場合はオーガニックキーワードは取得できません。

 

この制限は、Googleによって設けられたもので、アトリビューションベンダーを含む、全ての外部プラットフォームに適用されます。

キーワードデータの使用

オーガニックキーワードデータは、次の場所から取得できま。

  • オーガニックローデータレポート
    データエクスポートページから、使用されたオーガニックキーワードの内訳を確認できます。
  • 詳細レポート
    ピボットリテンションコホートレポートにて、キーワード別にグループ化します。
    キーワードに基づいて、オーガニックユーザーの質を比較できます。
  • Push APIメッセージ

オーガニックキーワードデータのテスト

  1. 許可リストに登録済みのAndroidデバイスを使用してください。
  2. Chromeブラウザを開き、Google.comを開きます。
  3. 強力なキーワードを使用してアプリを検索します。
    以下の例では、「hotels tonight」を使用しています。

    organic_keywords_search.jpg

  4. インストールをクリックしてGoogle Play Storeにリダイレクトします。
  5. アプリをインストールしてアプリを起動します。

    Hotels_Tonight_3.png

  6. 上記で説明したAppsFlyerプラットフォームでキーワードを検索します。