概要:PBA ローデータレポートは Data Loker から利用できます。

PBA ローデータレポート

PBA ローデータレポートを使用して、ユーザージャーニーとアクションを分析します。  

レポートの説明

PBA ローデータレポートの項目
ローデータ
レポート項目
説明

Web タッチポイント

  • Webサイトへの訪問(タッチポイント)。
  • Webトラフィックキャンペーンでユーザーへの露出とエンゲージメントを測定します。
  • タッチポイントデータを使用して、何がユーザーをWebサイトに導くのかを明らかにします。

Webイベント

  • サブスクリプションや購入など、Web訪問者によって実行されるアクションが含まれます。
  • イベントは過去30日に発生した直前の非ダイレクトWeb訪問(タッチポイント)に紐づきます。
  • イベントに紐づくアトリビューションパラメータは、メディアソース、メディアチャネル、キャンペーン等を含みます。
  • これらのパラメータを使用してマーケティングの最適化に活用します。
  • メディアソース毎のユーザー行動を分析します。
  • アトリビューション項目には以下が含まれます:pid, utm_source, utm_medium, utm_campaign, utm_term, utm_content, utm_id, http_referrer
  • これらの項目の値は、PBA メディアソース計測ルールを使用して、成果が紐づいたタッチポイントから決定されます。
  • この目的は、イベントを特定のページビューではなく、特定のタッチポイント(Web 訪問)と紐づけることです。
  • これを使用してどのメディアとキャンペーンがユーザーをもたらし、ユーザーがどんなアクションを実行したかを明確にできます。

Web-to-app

  • Web-to-app レポートは、ユーザーをアプリのインストールに導いた Web タッチポイントを含みます。
  • インストールに至る経路の Web メディアソースの位置づけ(ラストタッチまたはアシスト)を確認します。
  • インストールを促進する可能性が最も高い Web メディアソースの組み合わせを分析します。
  • 例:
    • WebメディアソースAとモバイルメディアソースBが、ユーザー経路に表示されることがよくあります。
    • 仮定:この組み合わせはインストールを促進する可能性があります。

コンバージョンパス

  • コンバージョンに至るまでに接触したタッチポイントを含み、各タッチポイントに関する情報が含まれています。
  • コンバージョンは一意のコンバージョンIDで識別されます。これを使用して、同じコンバージョンに紐づくタッチポイントを認識します。
  • 管理画面では、連続して発生した同一のタッチポイントが一つのステップに集約されます。ローデータでは、各タッチポイントが記録されます。これにより、最も粒度の高い分析が可能になります。

ローデータレポートの項目

WebタッチポイントとWebイベント

Webタッチポイントは、オーガニックタッチポイントを含みます:

  • オーガニックタッチポイントを追加すると、レポートサイズが大幅に増加します。
  • 大きなファイルに対応できるデータの取り込みプロセスになっているかご確認ください。

WebタッチポイントとWebイベントレポートのサンプル

mceclip1.png

レポートに実際に含まれる列(項目)は、Data Lockerで設定します。

WebタッチポイントとWebイベントレポートの項目リスト

  • ローデータ項目は、モバイルアプリユーザーの計測リンクとアプリインストールイベントで発生したデータから部分的に入力されます。
  • 次の表に示すように、一部の項目は特に PBA に関連するものです。
  • PBAに関するデータを取得するために Data Locker で選択する必要がある項目は、次の表に示しています。
項目 説明 PBA Webイベント PBA Webタッチポイント
attributed_touch_type

コンバージョンにつながる広告やリンクへのユーザークリック(クリック計測)。

この値は、常に「click」です。

 
attributed_touch_time

ユーザーが広告をクリックしてからWebサイトにたどり着くまでの時間。

成果が起因するタッチポイント(訪問)の時間 成果が起因するタッチポイント(訪問)の時間
install_time

アプリインストール時刻は、PBAにてWebユーザーがモバイルアプリユーザーと紐づけられている場合に利用できます。

 
event_time イベントとして記録されたアクションをユーザーが実行した時間    
event_source イベントのソース Web SDK または Web S2S
web_event_type  

標準イベント(カートに追加など)

コンバージョンイベント(購入など)

常に visit
media_source 成果が起因するタッチポイントのメディアソース名 Webサイト訪問の成果が起因するメディアソース
campaign ユーザーをもたらしたキャンペーンの名前 成果が起因するタッチポイントのキャンペーン(Webサイト訪問)
media_type

メディアソースのタイプ:Paid, Owned, Earned

成果が起因するタッチポイントのメディアタイプ
media_channel

ユーザーの成果が起因するメディアチャネル

  • Direct(ダイレクト)
  • Organic search(オーガニック検索)
  • Social media(ソーシャルメディア)
  • Email(メール)
  • Ad(広告)
  • Referral(紹介)
  • Other(その他)
成果が起因するタッチポイントのチャネル
event_name

SDKパラメータ:eventName

イベント名 N/A 
af_sub1 SDKパラメータ:eventLabel イベントのカスタムデータラベル N/A
af_sub2 SDKパラメータ:eventCategory イベントのグループ化タイプ N/A 
event_value SDKパラメータ:eventValue 渡されたパラメータの文字列 N/A
event_revenue SDKパラメータ:eventRevenue イベントに紐づく収益 N/A 
event_revenue
_currency
SDKパラメータ:eventCurrency

イベント固有の通貨での収益

N/A
event_revenue
_usd
SDKパラメータ:eventRevenueUsd USD以外の通貨でレポートされた場合、収益はUSDに換算されます N/A
pid

成果が起因するタッチポイント(Webサイト訪問)の URL pidパラメータの値。

utm_source 成果が起因するタッチポイント(Webサイト訪問)のURL utm_sourceパラメータ値。詳細はこちら
utm_medium 成果が起因するタッチポイント(Webサイト訪問)のURL utm_mediumパラメータ値。詳細はこちら
utm_campaign 成果が起因するタッチポイント(Webサイト訪問)のURL utm_campaignパラメータ値。詳細はこちら
utm_term 成果が起因するタッチポイント(Webサイト訪問)のURL utm_term(キーワード)パラメータ値。詳細はこちら
utm_content 成果が起因するタッチポイント(Webサイト訪問)のURL utm_contentパラメータ値。詳細はこちら
http_referrer  

イベントの成果が紐づいたWeb訪問のリファラ。

 

Web訪問に繋がったリファラ。
original_url イベントの成果が紐づくWeb訪問中にブラウザに表示されたURL。
region IPに基づく:地理的解像度  
country_code IPに基づく:地理的解像度  
State IPに基づく:地理的解像度  
city IPに基づく:地理的解像度  
postal_code IPに基づく:地理的解像度  
dma IPに基づく:地理的解像度  
device_category ユーザーエージェントに基づく:デスクトップ/タブレット/
スマートフォン等
 
platform ユーザーエージェントに基づく:Android, iOS, Windows, Macなど  
af_web_id Web SDKによって、Webサイトを訪問したすべてのユーザーに一意のIDを持つcookieが割り当てられます。  
customer_user_id 内部システムで使用される顧客識別子。ユーザーを直接識別すべきではありません。  
appsflyer_id AppsFlyerは、インストールごとに一意の識別子を生成します。

生成されるモバイルID:

常にユーザーの最後のインストールに生成されます。

(コンバージョンを実施した)ユーザーがモバイルインストールと一致する場合。

 

idfa

すべてのiOSデバイスに紐づく広告目的で使用される一意の識別子。

生成されるモバイルID:

常にユーザーの最後のインストールに生成されます。

(コンバージョンを実施した)ユーザーがモバイルインストールと一致する場合。

 

idfv 特定のベンダーのiOSアプリレベルでの識別子。

生成されるモバイルID:

常にユーザーの最後のインストールに生成されます。

(コンバージョンを実施した)ユーザーがモバイルインストールと一致する場合。

 

android_id Androidの端末ID    
advertising_id Google Play Servicesにより発行される広告目的で使用される一意の識別子。    
amazon_aid Amazon Fire TVの広告ID    
imei すべてのモバイルデバイスに紐づく一意の識別子。    
app_id

ブランドバンドルに含まれるアプリのアプリID。

例:

Android: com.company.app

iOS: id123456789

   
PBAにおけるアトリビューション項目

 

項目 api_name 値例 説明
Web ID af_web_id   Web SDKによりWebサイトを訪問したユーザーに割り当てられる cookie。
Web Event Type web_event_type conversion_event 2つのイベントタイプ:標準イベントとコンバージョンイベント
Media Type  media_type 支払済

タッチポイントやイベントに紐づくメディアタイプ

例:

Paid = CPCキャンペーン

Owned = Eメール、SMSキャンペーン

Earned = オーガニック、検索トラフィック

Media Channel media_channel Social media(ソーシャルメディア)

タッチポイントやイベントに紐づくチャネル

例:

Direct = ユーザーがWebサイトを直接訪問します。

Organic search = ユーザーがGoogle、Bing、Yahooなどの検索結果から訪れます。

Social media = ユーザーがFacebook や Twitterなどのソーシャルメディアから訪れます。

Email = ユーザーがEメールキャンペーンから訪れます。

Ad = ユーザーが広告をクリックして訪れます。

Referral = 上記カテゴリ以外のユーザー経路がReferralとなります。

Other = メディアチャネルを判別できません。

UTM Source utm_source Google パラメータ「utm_source」を使用してURL上で指定されたメディアソース。
UTM Medium utm_medium Email(メール) パラメータ「utm_medium」を使用してURL上で指定されたキャンペーンのミディアム。
UTM Term utm_term sale パラメータ「utm_term」を使用して指定されたキーワード。
UTM Content utm_content purchase_now パラメータ「utm_content」を使用して指定されたキャンペーンまたは広告に固有のコンテンツ。
UTM Campaign utm_campaign summer_sale パラメータ「utm_campaign」を使用して指定されたキャンペーン名または ID。
UTM ID utm_id abc 成果が起因するタッチポイントのURL UTM IDの値。
Event URL event_url -

 

タッチポイント:訪問に紐づくURLページ。

イベント:イベントに紐づくURLページ。

PBA 固有の項目

Web-to-app 

Data Lockerでは、項目を選択する必要はありません。

レポートの構成は次のとおりです。

  • レポート項目は次のとおりグループ化されます。
    • イベント:インストールコンバージョンイベント。
    • タッチポイント:インストールコンバージョンの前に接触したタッチポイント。
    • インストールコンバージョンは1つ以上のタッチポイントで構成されます。各タッチポイントは、ローデータに記録されます。install_id は、インストールに紐づくタッチポイントを一緒にグループ化します。

Web-to-appレポートのサンプル:

項目グループ カラム名 説明
イベント bundle_name ブランドバンドルページで設定されたブランドバンドル名
イベント bundle_id ブランドバンドルID
イベント app_id

アプリID

イベント install_id ユーザー経路上のタッチポイントをグループ化した一意のインストールID。計算方法は、bundle_id+appsflyer_id+install_time です。
イベント appsflyer_id ユーザーがアプリをインストールした際にモバイルデバイスに割り当てられるAppsFlyer ID。
イベント install_time インストール時間
イベント install_name

インストール、または再インストール(再インストールの原因に関係なく、アプリをインストール済のユーザーが一度アプリを削除し、再度インストールすること)。

イベント install_type

インストールタイプ:organic_install, custom_link_install, smart_banner_install, non-organic_install

イベント final_data

True または Fales:Trueの場合、行は最終値です。

例:

1月1日にインストールが行われます。

その後7日間は、このインストールに関連付けられているレポート行には、final_data 列の下に false という値が含まれます。

1月8日に、コンバージョンが確定しこの値は true に変わります。1月9日以降のレポートにはこのインストールが含まれません。

イベント mobile_media_source インストール前の最後に接触があったモバイルメディアソース
イベント mobile_campaign インストール前の最後に接触があったキャンペーン
イベント mobile_device_category

使用されたデバイスタイプ:スマートフォン、タブレット

タッチポイント touchpoint_contirubtion
  • ラスト(インストールの直前、または唯一のWebメディアソース)
  • アシスト(インストール前のラストタッチポイントではないもの)

この項目により path_touch_type が廃止されました。

イベント mobile_platform

デバイスのオペレーティングシステム:Android、iOS

イベント mobile_country デバイスIPアドレスに基づくインストールが発生した国
タッチポイント web_timestamp

Webタッチポイントが発生した時刻

タッチポイント web_media_source Webメディアソースのタッチポイント
タッチポイント web_campaign Webキャンペーンのタッチポイント
タッチポイント web_media_type

メディアソースタイプ

タッチポイント web_media_channel

メディアチャネル

タッチポイント web_device_category

このタッチポイントの値:Desktop, other, smartphone, tv, tablet

タッチポイント web_platform

タッチポイントで使用されたデバイスのオペレーティングシステム:Android, iOS, Windows, macOS, Chrome-os, Linux

タッチポイント web_country タッチポイントの国
タッチポイント web_pid WebタッチポイントのUTM値
タッチポイント web_utm_source

WebタッチポイントのUTM値

タッチポイント web_utm_medium

WebタッチポイントのUTM値

タッチポイント web_utm_campaign

WebタッチポイントのUTM値

タッチポイント web_utm_content

WebタッチポイントのUTM値

タッチポイント web_utm_term

タッチポイントのUTM Term(キーワード)パラメータ

タッチポイント web_referrer

インストール成果が紐づいた Web 訪問のHTTPリファラ。

タッチポイント web_googleads_campaign_id

Google Ads連携により提供されるキャンペーンID(2020年8月6日から利用可能)

タッチポイント web_googleads_campaign_name

Google Ads連携により提供されるキャンペーン名(2020年8月6日から利用可能)

タッチポイント web_utm_id

WebタッチポイントのUTM値

イベント customer_user_id Web SDKによって設定されたカスタマーユーザーID
タッチポイント idfa

アプリをインストールしたデバイスのID

タッチポイント idfv アプリをインストールしたデバイスのID
タッチポイント android_id アプリをインストールしたデバイスのID
タッチポイント advertising_id アプリをインストールしたデバイスのID
タッチポイント amazon_fire_id アプリをインストールしたデバイスのID
タッチポイント imei アプリをインストールしたデバイスのID

コンバージョンパス

  • Data Lockerでは、項目を選択する必要はありません。レポートは常にこれらの項目を含みます。

レポートのレコード構造

  • 項目は次のようにグループ化されます。
    • イベント:コンバージョンイベントと関連情報。
    • タッチポイント:コンバージョンに至るまでのタッチポイントの詳細。
  • コンバージョンは1つ以上のタッチポイントで構成されます。ファイルでは、各タッチポイントが一つの記録として確認できます。

コンバージョンパスのサンプルレポート

コンバージョンパスのサンプル

コンバージョンパスの項目
項目グループ カラム名 説明
イベント conversion_id ユーザー経路上のタッチポイントをグループ化した一意のインストールID。計算方法:bundle_id+appsflyer_id+conversion_time
イベント bundle_name
ブランドバンドルページで設定されたブランドバンドル名
イベント bundle_id ブランドバンドルID
イベント final_data

True または Fales:Trueの場合、行は最終値です。

例:

1月1日にインストールが行われます。

その後7日間は、このインストールに関連付けられているレポート行には、final_data 列に false という値が記録されます。

1月8日に、コンバージョンが確定しこの値は true に変わります。1月9日以降のレポートにはこのインストールが含まれません。

イベント conversion_type mobile_conversion, web_converson, install
イベント app_id アプリID
イベント appsflyer_id
ユーザーがアプリをインストールした際にモバイル端末に割り当てられたID
イベント conversion_time -
イベント conversion_name Web SDKまたはWeb S2Sによって送信されるか、モバイル端末 / モバイルS2Sによって送信されたアプリ内イベント名。
イベント conversion_media_source アトリビュートされたメディアソース
イベント conversion_campaign 成果が起因するキャンペーン
イベント conversion_media_type
成果が起因するメディアタイプ:Paid, owned, earned
イベント conversion_media_channel
成果が起因するメディアチャネル:Direct, organic search, social media, email, ad, referral
イベント conversion_device_category デバイスカテゴリ:Phone, tablet, desktop
イベント conversion_platform プラットフォーム:例)MacOs, windows
イベント conversion_country ユーザーロケーション
イベント conversion_url
Webコンバージョン:コンバージョンが発生したページ。
モバイル:Null
タッチポイント touchpoint_time タッチポイントが発生した時刻
タッチポイント touchpoint_type Web訪問、モバイルクリック、モバイルインプレッション
タッチポイント touchpoint_media_source -
タッチポイント touchpoint_campaign -
タッチポイント touchpoint_media_type 有料、オウンド、獲得
タッチポイント touchpoint_media_channel
ディレクト、オーガニック検索、ソーシャルメディア、メール、広告、紹介
タッチポイント touchpoint_device_category スマートフォン、タブレット
タッチポイント touchpoint_platform Android、iOS
タッチポイント touchpoint_country 国コード
タッチポイント touchpoint_utm_source WebタッチポイントのUTM値
タッチポイント touchpoint_utm_medium WebタッチポイントのUTM値
タッチポイント touchpoint_utm_campaign WebタッチポイントのUTM値
タッチポイント touchpoint_utm_content WebタッチポイントのUTM値
タッチポイント touchpoint_utm_term WebタッチポイントのUTM値
タッチポイント touchpoint_utm_id WebタッチポイントのUTM値
タッチポイント touchpoint_referrer このタッチポイントでユーザーをWebサイトに導いたURL。モバイルタッチポイントの場合、この値は null になります。
タッチポイント web_googleads_campaign_id

Google Ads連携により提供されるキャンペーンID。(2020年8月6日から利用可能)

タッチポイント web_googleads_campaign_name

Google Ads連携により提供されるキャンペーン名。(2020年8月6日から利用可能)

イベント customer_user_id イベントに紐づく顧客ユーザーID
イベント idfa コンバージョンで使用されたデバイスID
イベント idfv コンバージョンで使用されたデバイスID
イベント android_id コンバージョンで使用されたデバイスID
イベント advertising_id コンバージョンで使用されたデバイスID
イベント amazon_fire_id コンバージョンで使用されたデバイスID
イベント imei コンバージョンで使用されたデバイスID

手順

Data LockerでPBAレポートを設定する

  • PBAレポートは、Data Lockerのフォルダ「h=23」にその日に発生したイベントが一日一回記録されます。
  • データを遡及的に記録することはできません。
  • Data Lockerのデータ保持期間は30日間です。

AppsFlyerAdmin_us-en.png PBAレポートを有効にするには、アカウント管理者が Data Locker を設定する必要があります

  1. [インテグレーション] > [Data locker] に移動します。
  2. レポート内のピープル ベースド アトリビューションのセクションを全て選択してください。 
  3. Save Configuration(設定を保存)をクリックします。

Data Lockerに項目を追加する

次の手順では、Data LockerにPBA項目を追加します。これにより、Data Lockerで利用可能な全てのレポートにこの項目が追加されます。項目を追加しても、データ取り込みプロセスに支障が生じないことをご確認の上、この変更を実行してください。

Data Locker レポートに必要な項目を追加する方法:

  1. ナビゲーションメニューにて、[連携] > [Data locker] へ移動します。
  2. [Fields] にて、レポートに追加する項目を選択します。ドロップダウン、またはリスト内の検索フィールドを使用します。レポートの構成と項目にて推奨される項目を参照してください。
  3. Save Configuration(設定を保存)をクリックします

レポートをダウンロードするには、「 Data Locker レポートへのアクセス 」を参照してください。

Data locker PBAローデータレポートは、フォルダ「h=23」で使用できます。

Example: t=web_touch_points/dt=2019-07-19/h=23

PBAとモバイルデータの組み合わせ

このデータは、ユーザーがモバイルアプリとWebサイトの両方とエンゲージメントを持つ可能性が高いことを示しています。

モバイルとWebサイトデータを組み合わせます。

解決策

  • カスタマーユーザーID(CUID)を使用してレポートを結合する
    • モバイルと Webの両方で同じCUIDを使用し、CUIDをキーとしてレポートを統合します。
    • 次に CUIDの項目を使用してレポートを結合します。
  • PBAクロスプラットフォームでのユーザー識別
    • PBAでは、Webとモバイルユーザーが同一人物であることを特定できます。
    • その場合、PBAのWebレポートには、モバイル広告ID(Android advertising ID、iOS IDFA、OAID、または Amazon advertising ID)が含まれます。
    • 次に モバイル広告IDに基づいてモバイルとWebレポートを結合します。

PBAとモバイルの使用例

モバイルとWebデータを組み合わせて、プラットフォームやデバイス全体のユーザーのアクティビティを可視化します。データを結合することで、次のことができるようになります。

  • ブランドのデジタルプロパティ全体のユーザージャーニーをたどります。
  • 各プラットフォームでのユーザー行動を分析できます。
  • どのプラットフォームがより高いエンゲージメントを示すかを分析します。
  • どのプラットフォームがより高いコンバージョンを促しているのかを確認できます。
  • ユーザーをWebからモバイルに切り替える施策を測定します。

応用のための留意点 - Data Lockerファイルのダウンロードと統合

PBAローデータはData Lockerで利用できます。特定のレポートでは、データはレポートタイプ「h=23」フォルダに格納され、複数の圧縮ファイルで構成されます。

この手順を使用して、次の操作を行います。

  • Cyber-Duck、またはS3ファイルをコピーするための他のツールを使用して、Data Lockerからファイルをコピーします。 
  • Q を使用して1つのCSVファイルに複数のファイルを結合します。

Data LockerからPBAデータをコピーする

始める前に

Cyber Duck を使用してデータをコピーする方法:

  1. Cyber Duckを開きます。
    利用できるデータタイプの一覧が表示されます。

    Duck_us-en.jpg

  2. PBAレポートタイプをダブルクリックし、web_events、web_to_app、または web_touch_points のいずれかを選択します。
    使用可能なレポート日付のリストが表示されます。
  3. 指定の日付を右クリックします。
  4. [Download to a specific location and complete the location](指定の場所にダウンロードし場所を完了する)を選択します。
    ファイルがダウンロードされます。
  5. 上記ステップを繰り返して、他のレポートタイプからデータをコピーします。各レポートタイプと日付は、コンピュータ上の別のディレクトリに保存する必要があります。

統合されたCSVファイルを作成する:

開始する前に:

コンピュータに Q をインストールします。

Q を使用してデータをCVSファイルに統合する方法

  1. コマンドライン/ターミナルを使用して、データがあるディレクトリに移動します。
  2. 次のコマンドを使用して、圧縮ファイルを pbadata.csv という名前の一つのファイルに結合します。
    注:記号「~」は、コンピュータ上でQコマンドが置かれているパス/ホームフォルダを示しています。コマンドを呼び出すには、完全なパスを使用する必要があります。
    ~q "SELECT * from part*.gz" -d , -H -z -O >pbadata.csv
  3. Excel または他のツールを使用してファイルを開きます。
この記事は役に立ちましたか?