コスト連携の方法:アドネットワーク向け

概要: アドネットワークが利用可能な、コスト連携の方法 / 選択肢について説明しています。

AppsFlyer / 広告主とのコスト情報の共有

広告主は、AppsFlyerをROI / 請求 / マーケティング予算配分に関する決定のための情報源として使用しています。アドネットワークの情報をより可視化する上で、AppsFlyerとのコスト情報の共有は必要不可欠です。 コストデータを持たないアドネットワークのデータは、AppsFlyerの管理画面上でも最下部に表示される仕様になっています。

アドネットワークは、以下のいずれかの方法を使用することでAppsFlyerとのコスト共有が可能です。

  • InCost API: AppsFlyerへPushAPIでデータを通知 
  • Partner API: AppsFlyerがPullAPIでパートナーからデータを取得 
  • Ad Spend Ingestion: コストデータファイルをAppsFlyerへアップロード / 送信
  • クリックURLでのコスト共有: 計測URLがクリックされる毎にコストを記録

コスト連携バッジ

CostBadge.jpg

  • AppsFlyerの連携済みパートナーのページにコスト連携バッジが表示され、InCostもしくはパートナーAPIを使用していることがひと目でわかります。 
  • このバッジは、そのパートナーがコスト計測に対応パートナーであることを証明します。
  • 社内分析とユーザー調査の結果、広告主は常に新しい広告媒体を探していることがわかっています。また、広告主はROIに注目しながらマーケティングパフォーマンスを分析したいと考えているため、コストバッジが付与されることで注目される可能性も高くなるでしょう。

アドネットワークが利用可能な、コスト連携の選択肢

オプション コストバッジの
付与資格
特徴
InCost API

アドネットワークが、InCostのレポート設定をする時期/タイミングについて全ての管理権を所有します。 

InCostには以下の特徴があります。

  • 全てのコストモデルをサポート
  • 高い正確性 / 信頼性
  • 完全自動化
  • アドネットワークが以下をコントロール:
    • データアップロードのスキーム
    • データの更新頻度
  • AppsFlyerの管理画面上で、広告主からアドネットワークに対してコストデータをアップロードできる権限を付与する必要あり。

制限事項: 

代理店アカウントはサポート対象外。

Cost API
  • 全てのコストモデルをサポート
  • 高い正確性
  • AppsFlyer上でアドネットワークがコストデータをある程度管理
  • 代理店アカウントのコストもサポート対象
  • 広告主がAppsFlyerの管理画面上で、必要なIDなどの設定を実施。
  • データ更新頻度:1日6回 / 4時間ごと

制限事項:

連携作業は、AppsFlyer側の開発の優先順位に依存します。

広告費インポート

(ファイルアップロード)

いいえ
  • アドネットワークでの作業について:
    • 自動化できる開発リソースがない場合、データを手動でアップロード
    • データをアップロードするタイミングは任意
    • AppsFlyer上でアドネットワークがコストデータをある程度管理
    • 連携はアプリ毎。AppsFlyerの管理画面上で、広告主からアドネットワークに対してコストデータをアップロードできる権限を付与する必要あり。
    • 計測情報の紐付けは、キャンペーン名を基に実施。(キャンペーンIDはサポート外)

制限事項: 

  • 代理店アカウントはサポート対象外。
  • メール経由でのアップロード自動化は、失敗のリスクあり。

Cost by click

(計測URLへのパラメータ追加)

いいえ
  • CPIキャンペーン向けのクイックソリューション
  • ほぼリアルタイム
  • クリックURLによるコスト共有は、広告主がSKAdNetworkを利用していた場合、より正確性に欠ける可能性があります。

制限事項:

  • CPI課金限定
  • 誤ったデータがリンク上で送信された場合、後から変更することはできません。
  • クリックURLによって記録されたコストは、SKAdNetworkのオーバービューには反映されません。
アドネットワークが利用可能なコスト連携の選択肢
この記事は役に立ちましたか?